べき論

f:id:juneberry-miyatomo:20201226220849j:plain

夫に「会わんなー」

と言われることがあります。

わが家でのあるあるは

洗い物に関しての「べき論」。

私はどっちでもいいのですが

息子が帰って来て

すぐに、お弁当箱やクラブの洗い物を出していないと

夫は嫌なんです。

怒りがわいてしまうようです。

洗い物に関しての家事分担は

特にないのですが

夫は気になって、やってしまうのですね。

なにか、夫なりの「べき論」があるんでしょうね。

それで、夫が

高校生のカバンを開けて夫が弁当やユニフォームを取り出す

私は、おかしいと思っています。

私の考えとしては

本人がある一定の時間までに出していなくて

洗えなかったら、自分で洗えばいいと思っています。

私は息子にも、そう伝えています。

それがイヤなら、自分で出すだろうし

そうでなかったら、自分で洗うだろうし。

文句言いながら、息子のカバンから、取り出すくらいなら

取り出さなければいいのに…

ルールを守る練習でもあるし、それが自己責任だと思っています。

でも、夫は見守りができないようです。

夫は、自分の感情が優先してしまうので、そうなってしまうのですが

私は毎日のように、文句を言いながら

夫が洗って完結している様子を見て

「ま、お互いそれでいいなら、いいか」

と思っています。

逆に、職場での「べき論」では

理想に対するギャップには

怒りがわいてしまいます。

私たちの年齢より、少し上の世代の人たちは

昔の世界を引きずっている人が多く

この10年だけでも、ずいぶん時代が変化して来ているのに

昔の考え方にしがみついてしまう

変わることに対して

抵抗やアレルギーがある人が多いです。

組織全体として見ていないのが、なかなかツライ。

そこでは昔の「べき論」と戦ってきました。

でも、私も50歳になると

上にいるのは、10歳上までの人だけになって

少なくなって

やりやすくはなってきましたが

次は、私たち自身がいつも

「自分が囚われているものは幻かもしれない」

という感覚を、常に持っていないと

いつの間にか

10年前の「べき論」にしがみついていた…

なんてことになりかねないので

そこは、一番、気をつけていこうと

思っているところです。

身体知性について知る NLP

f:id:juneberry-miyatomo:20201226224320j:plain

身体知性について何を優位に扱っているのかNLPではV 視覚優位、A 聴覚優位、K 触覚その他の感覚優位と分けられているそうです。

ネットで診断もできます。

私は、聴覚優位なんだと思いました。やってみて聴覚優位(51)でした。

ちなみにV 視覚(32)A 聴覚(51)K 触覚その他(24)でした。

心当たりって、ありますね。 

最近では、熟睡するための耳栓を使いますが

子育て中には 

子どもの声に、意味も無くイライラすることがあって 

つい、不機嫌になってしまうので

子どもに当たらないように 

いろいろ試行錯誤して 

聴覚過敏の人がつけるイヤーマフをつけていると 

落ち着きました。

音がトーンダウンする感じです。 

今で言う、ノイズキャンセリングですね。

あと、しんどいなと思う時には、それ自体に意味がないもの… 

歌詞のない音楽などが

うっすらとながれていると楽です。

でも、もっと溯ると 

中学生の頃からその傾向があったことに気付いて

テスト勉強は、まずは普通にしますが 

その頃(1982年頃)、カセットデッキでテープに 

自分でノート等を読み上げて、録音して聞き流していました。 

それが一番頭に入りやすかったんです。

その大元をさらに遡れば、私が考えたのではなく

小さい頃、父親が

今で言う「オーディオブック」のように 

自分で読んでいるビジネス本を

当時のテープレコーダで録音して、聴いていたのを見ていたことから

きています。

きっと父親も聴覚優位だったのだろう、と思います。

聴覚優位という言葉を、知らなくても

その人なりにいろいろ工夫して、生活していたんだと

今日は実感しました。

ネガティブがポジティブを引っ張って…

f:id:juneberry-miyatomo:20201226224559j:plain

私の原動力は 

不安な気持ちや、ネガティブな思いです。 

暗い…。(笑)

褒められると嬉しいけれど、また次が不安になる。 

でも褒められると嬉しいから 

褒められるように頑張る。 

ネガティブがポジティブを引っぱってくる 

感じです。 

回復思考が1位なので 

元に戻そうという力が強いということなので 

マイナスから始まって 

ゼロへ戻そう戻そうとしているのだろうと 

感じています。

大きな目で見ると 

私って、こんな感じで回っています。 

あと 

ポジティブな感情は発信しなくても 

自己完結できますが 

ネガティブな感情はいつか表出しないと 

次にすすめないような、気もしています。 

でも、ネガティブな表出は 

周りの人を重い気持ちにしてしまって 

聴く方は、パワーを奪われるということがを

よく知っているので 

基本的には、ネガティブなことは口にしないです。

それでも、どうしてもの愚痴を言いたい時には

「愚痴を言います」と宣言して 

同等の立場の人に言っています。 

もし、職場で若い人に言ったり 

家庭で子どもに言ったりすると 

そこから、その人たちが

別の不安を生んでしまうと困るので

言わないようにしています。 

幸運にも今は 

私の愚痴を聴いてくれる、奇特な人がいるので 

そんな話をしながら

自分で答えを見つけられることもあって 

ホントにありがたいと思っています。 

心の研究 文字にして考えぬく

f:id:juneberry-miyatomo:20201226224710j:plain

中高生の頃、日記をつけていました。

もっぱら、人に言えない感情をそこに書き出すノートでした。

家族に対する思いや進路についての思い

あまり共感してもらえる人がいなかったのと

周りの誰かに一から説明して、聴いてもらう気もなかったので

なにか心がざわついた時に、書いていました。

今思えば、大人しい子のストレスの発散ですね。

思春期も手伝って

親のことが嫌で、仕方がなかったのですが

日記に書いて、自分の心を掘り進めていけばいくほど

「自分が親に認められたいと思っていること」

が分かってしまいました。

私はその事にビックリしてしまい、動揺して

でも高校生の私には

私の中に自分の嫌いな親に、認められたい気持ちがある

って言うことを認められなかったので

しばらく日記をやめてしまった覚えがあります。

今まで思ってたことから、180度変わるって

しかも、自分の心の奥で自分が思ってたなんて…

「ひどい親と可哀想な私」という

悲劇の主人公が心地良かったのに、そこに自分の承認欲求があった。

でも、それを知って、それからは親へのマイナスの思いは

少しずつ、フェイドアウトしていきました。

そんなことを知ってから

心の奥って不思議で、面白いと思って

それからは自分で自分の心を研究しています。

そんなに心の奥のことを優先順位高く考えていたのに

結婚後にも同じように

心の奥で、まったく逆の思いを

見つけてしまったことがありました。

私は40歳からフルタイムで働くことになったのですが

それまでは専業主婦だったので

家事はもちろん、私がすべてやっていました。

夫には何も不満もなく、

働きに出ることをOKしてくれたことを、とても感謝していました。

でも

実際に慣れてない共働き生活が、始まると

負担がすごく多くて

家族全員に迷惑がかかってしまって

申し訳なくて

しんどくて

どうしたらいいのか分からなくなっていた時に

考えぬいた、結果

私の中にある、夫への不満を見つけてしまいました。

「専業主婦から働かせてもらったんだから

不満なんて言ったらダメ」

と思っていたんです。

でも心の奥では

「なんで手伝ってくれないの」

「家事をもっと手伝って欲しい」

世間では、当たり前のことですが

自分では、気づいていなかったことでした。

ましてや、相手には言わなければ伝わらない。

それが分かって、本当によかった。

それからは何年かかけて、家事分担がやっと定着してきたかな。

それでも、まだ、言い合いになるのは家事のことばかりですが…

どちらも

気がつくのが自分自身なので、気づいた時の衝撃はとても大きかったです。

気づいた時、心の蓋を閉めて

なかったことにしようかと言う思いが湧いてきましたが

怖いけど、受け止めてよかったです。

だから今があります。

私のライフワーク

f:id:juneberry-miyatomo:20201226224911j:plain

私は自分自身で感受性の強い方だと思っていますが

その感情について

「他の人は感じないのに、私はどうしてそう思うのだろう」

という疑問がわいていて

自分の感情ををずーっと、調べて研究してきていたんです。

研究と言っても

それに近い本があれば読んだり

ピンとくるものがあれば

セミナーやいろいろな学習会に行ってみたりしながら

少しずつカスって、だんだんと近づいていくくらいの研究です。

マインドフルネス

タッピングなどを使ってできるEFT,TFT

内観もしました。

もっと何かあるかも。

こうやってっ見ると、カスっていそうなものを

片っ端からやっていくのが好きみたいですね。

感情を言語化するということを、どなたかから教わったか

本を読んだ気がします。

私のライフワークです。

「小さい頃から、外部に感情を表現してこなかった」

実家は、祖父母同居のハイコンテクスト文化の強い家で

私は長女だったので、小さい頃から大人の中で

空気を読むことを求められました。

共有できる仕組みが、まったくなかったんですね。

過剰適応で、身体にいろいろ出ていましたが

両親はあまり気にしていなかったし

そういう時代でもなかったですね。

その頃のことを思い返すと

「小さいのによくがんばったね」と言ってあげたくなります、言ってあげます!

大人になってから

感情を出して共感してもらえることが

とても心地よくて、楽になりました。

だから、職場でも同じタイプの人がいるとわかるので

声をかけてしまいます。

直接的には言いませんが

「人に話すと、すごく楽よ」と伝えてあげたいですね。

でも、これは自己満足です。

マインドフルネスも、やりましたね。

少しできるようになったかなって感じです。

なかなか呼吸に意識を向けるっていうのが難しくて

はじめは、呼吸の仕方が分からなくなったり

瞑想どころじゃなかったりでしたが

やったりやらなかったりで

3、4年経つと、瞑想できる確率が上がってました。

入っていると、30分や1時間があっという間で

その後が気持ちいいです。

でも、なかなか習慣づいていないです。

そういえば… ちょっと私の黒歴史

去年の今頃

自然の中で瞑想するような

っていうマインドフルネスの会にネットで参加申し込みして

やる気満々で、行ったんですが

なんと、私の凡ミスで、時間を間違えていて

その方々(たぶん)が帰られるところに会ってしまって(顔は知らないので)

驚きのあまり声もかけられず

そのまま近くで買い物して帰りました。

「初参加で、ドタキャンした人となってるだろうな…」と思うと

それから、ちょっと遠のいていました。

ふと、思い出しました。

去年の秋頃は何度目かのブームが来てたんです。

季節もいいしまた、行ってみようかな。

塞翁が馬

f:id:juneberry-miyatomo:20201226214924j:plain

大好きな言葉です。

私自身が、そういう経験をたくさんしてきたように思います。

だから

「昔の人は、上手いこと言うなぁ」と

当たり前ながら、いつも感心してしまいます。

一般的に外から見ると、失敗に見えることも

自分にとって後から考えてみると

プラスのことになっていることを

何回か経験してきたら

人から見たら、失敗かもしれないけれど

自分ではあまり、失敗と感じなくなりましたし

さらに、おまけで

そこから繋がることって、意外と多くて

あの出来事があったから、今の〇〇と繋がっていて

それで、今の私があるっていうような

偶然の繋がり、ホントに多いです。

最近では、プライベートでも仕事においても

逆境が来た時に

「これはこの後、どう結末へ繋がっていくんだろう?」

とハッピーエンドへ向かうここからの展開を

テレビドラマを見るように

ちょっとワクワクして、楽しんでしまいます。

何度か

「やばい…」 と思う逆境を

経験してしまうと

それぞれの中身は違ったものでも、心が慣れてくるようです。

ただ、その時、周りの真剣な人たちの前では、それは決して口に出しては言えません。

そうして

こうやって、さらに歳をとっていくと

沖縄の「なんくるないさ

っていう感じになるのかなとも思って

それも、ちょっと憧れています。

リビングより  〜クーラーをめぐって〜

f:id:juneberry-miyatomo:20201226215416j:plain

ここ数日、少しずつ涼しくなってきているな、と感じていますが、

ウチの夫は仕事から帰ってくると

「クーラーつけた方がいいんと違う?」

と言います。

私と息子たちは、普通に過ごせるのですが

夫は暑いと感じるようです。

別にそれはいいんですが、いつも

「湿度が〇%だから」 とか

「もう○℃だから」 とか

何かのせいにするその言葉に、なぜか私には引っかかります。

大したことではないんです。

ホントに大したことではないんですが

私の中の正解は

「暑いからクーラーつけるわ」 なんです。

自分の気持ちを言えばいいのに… と思います。

ちょっとニュアンスが違って伝わってしまう。

伝えたいことは、言葉にしないと伝わらないって

本当にそうだと思います。

でも、もしかしたら

「私と息子たちが、いや、私が、自分の気持ちを言えないようにしてしまっているのでは… 」(怖)

と思ったら、少し反省する気持ちも出てきました。

そんなことはないはずですが(笑)

それか、ずっと小さい頃から言ってこなかったのか

よくわかりませんが、言葉を正確に使う習慣って、とても大切だと思っています。

正確に伝えているつもりでも、状況と微妙に違う言葉って

積み重なると信用問題にもなりますし

トラブルになる可能性もあると思います。

ま、ウチの夫はそんなことをよそに、あっけらかんと過ごしているので

どうやって仕事してるんだろう? と不思議な気持ちになりますが

まだ、リビングで「今日は雨が降ったから…」とか、

クーラーをつける必要性を、息子に語っています。

今日はわが家の、リビングよりクーラーをめぐる

ひとコマをお伝えしてみました。

DXを前に 「DXの根底の信頼や利他の精神」 

f:id:juneberry-miyatomo:20201226225012j:plain

DX デジタルトランスフォーメーション

難しく考え過ぎているのかも知れませんが 

まだボヤッとして、ピンとこないですが 

一定理解できるように 

とりあえず、いろいろ考えてみました。

DXと信頼や利他、文字だけを見ると 

機械的なものと人間的なもので 

両極端なように感じました。 

機械的にリサーチをしてというイメージが強かったですが 

その根底には、信頼と利他。 

主観ですが、(すいません、本当に主観です) 

少し前の時代、バブルの頃と少し後には 

信頼とか利他とか、そういったことが少しかっこ悪いというか 

「そんなことでは、社会でやっていけないよ・・・」 

みたいな感じが、私の周りにはありましたので 

「大人になるってこういうことか」という感じを持った覚えがあります。 

すごく嫌な感じを持っていました。 

私は、社会が進んでいくということは 

そういう方向へいくことだとも、思い込んでいたので 

最近のビジネス本で、成功者の方々が 

「社会貢献や自分が役立つことが大切だ」という話を

しきりにされていることにも 

驚いていたのですが

信頼や利他の精神が根底にないと進まないということです。

これから、 

DXの浸透していって

利他の精神がさらに広がっていけば、と思っています。 

大きな企業がDXをとおして 

利他の精神を根底においてくれていると 

DXからフィードバックを受けた人たちとも 

信頼関係ができてくるだろうし 

amazonGoogleに大きな信頼と安心感があるように 

そんな企業が増えてほしいと思いました。 

「刷り込み」 

私が大学を卒業した頃は 

卒業アルバムの後ろにも 

住所、氏名、電話番号が載っていて 

先輩方に連絡を取ることができました。 

在学時でも、幼稚園から小学校、大学まで 

毎年、そういったものも・・・ 

(氏名、住所、電話番号、両親の名前などが載っていたもの) 

 名簿です。

名簿が毎年配られていて 

何の不思議も感じていませんでしたね。 

平成の途中から 

個人情報保護法」出てきて 

急に個人情報保護と言うようになり 

そして過度に 

個人情報という言葉が出るだけでも 

恐ろしく思っている人が多いです。 

先日、職場で 

マイナポイントの話をしている若者がいましたが 

周りで聞いていた2,3人の40代くらいの女性が 

「そんなん怖いわ」 

「ウチもやめとく・・・」と 

そういった金融機関の紐付けに対する

批判的な話に進んでいて 

気の毒に・・・と思いながらも 

横で聞いていました。 

情報フリーだった日本に 

15年ほど前に「個人情報に注意!」と 

突然、入ってきたので 

それが強烈に刷り込まれているように思いました。 

慣れだとは思いますが、 

きちんとした使い方での個人情報の提供には 

問題が無いということが、浸透すればイイなと思いました。