心理学「一貫性の原理」

人は、自分がやり続けてきたことや、言い続けてきたこと、信じ続けてきたことをなかなか変えられません。

そして、それまで見せてきた自分と矛盾なく振る舞わなければいけないという根拠のない思い込みに、無意識に縛られています。この現象を心理学では「一貫性の原理」と言います。

一旦、「あの人は嫌いだ」と一度公言してしまうとたとえ、後から「案外いい奴だ」と見直しても、なかなか仲良くできないことがあります。

この背景には、人間自身が本当は一貫していないといけないという現実があるのです。だから「一貫しているべきだ」という認知が働いているのです。

気をつけていないと、人は自身の一貫性についてあまりに強く縛られているために思考を柔軟に巡らすことができないという罠にハマってしまうこともあります。

(参考)「人は、なぜ他人を許せないのか?」中野信子

一貫性の原理(いっかんせいのげんり)は、人間の持つ心理の一つである。

人には、自身の行動、発言、態度信念などを一貫したものとしてあらせたいという心理があり、これを「一貫性の原理」と呼ぶ。この心理の根底には、一貫性を保つことは社会生活において他者から高い評価を受けるという考え、複雑な要因の絡み合った社会生活での将来的な行動決定においてより簡易に行動を決定することができるなどの要因があるといわれる[1]

例えば買い続けている月刊誌が内容が面白くないと感じても、新刊が出るとつい買ってしまったり、好きな歌手のCDだからという理由だけで買ってしまうという行動などである。また一旦観だした映画はたとえ途中で面白くないと感じた場合でも、最後まで見てしまうなどなどが例として挙げられる[1]

「自らが何らかの物事にかかわりを持っている」場合と「他人に注目されている」場合には特に一貫性の原理が働きやすい。前者では人から手伝いを頼まれ引き受けると2度目以降も断りにくくなるといった例、後者では禁煙を実行する際に一人でするよりは家族や友人、同じ目的を持つサークルなどの中で宣言して行う場合のほうが成功しやすいなどがあげられる[1]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

選択理論での「責任」とは

選択理論の中で使われる「責任」とは、世間で一般的に用いられる「責任」とは意味が異なっています。

責任とは、他人の欲求充足の邪魔をしないで、自分の欲求を充足すること。(ウイリアム・グラッサー)

または

責任とは、他人の欲求充足の邪魔をしないだけではなく、他人の欲求充足のお手伝いをしながら、自分の欲求を充足させることである。(柿谷正期)

まずは、自分がコントロールできるものと、コントロールできないものとを理解し、区別します。

自分がコントロールできることと、自分が影響を与えられるもの、自分にはどうにもできないものの区別ができていると、自分の人生を効果的にコントロールすることに向かっていくことができる、とされています。

そして、コントロールできていることは、自分の欲求を調和させて満たしていることを意味しています。

「致命的な7つの習慣」と「身につけたい7つの習慣」

「致命的な7つの習慣」とは、ウィリアム・グラッサー博士の主張する、人間関係を破壊する7つの習慣のことです。

致命的な7つの習慣

❶ 批判する

❷ 責める

❸ 文句を言う

❹ ガミガミ言う

❺ 脅す

❻ 罰する

❼ 褒美で釣る

これらは、人を外からコントロールしようとする「外的コントロール」が行動面に表れたものと言えます。

そして、責めたり、批判したり…は、自分に対しても用いません。

また、これとは逆に「身につけたい7つの習慣」も、以下のように提唱されています。

身につけたい7つの習慣

① 支援する

② 励ます

③ 傾聴する

④ 受容する

⑤ 信頼する

⑥ 尊敬する

⑦ 違いを交渉する

この「身につけたい7つの習慣」は、選択理論を行動面で表わしているとも言えます。

日常生活の中で、「致命的な7つの習慣」を避け、「身につけたい7つの習慣」を行動として積み上げていくことと、選択理論を実際的に深められるようになります。

選択理論

選択理論によると、私たちの行動はすべて選択したものです。

人間の大脳皮質には「基本的欲求」という遺伝子の指示が与えられています。これが人間の行動を動機づけ、身体的、心理的に生存できるようにしています。

選択理論心理学によると、人間もコントロール・システムであって、人間のすべての行動は、内側にある強力な力(欲求)によって動機づけられています。

これはこれまでの外的コントロール心理学とまったく異なる考え方です。

大切な人間関係を維持できないことが、ほとんどすべての問題(精神的、薬物依存、暴力、虐待…)の原因である。

ウイリアム・グラッサー博士は

「人の行いとは、良くも悪くも、効果があってもなくても、つらくても楽しくても、狂っていてもいなくても、病気でもそうでなくても、酔っ払っていてもしらふでも、すべて内側の強力な欲求を満たす行いである。」『テイクチャージ』(アチーブメント出版)

と言っています。

リアリティセラピー

リアリティセラピーとは

リアリティセラピーは1965年以来、ウィリアム・グラッサー博士によって提唱されているカウンセリングの手法のこと。現在のリアリティセラピーは選択理論を基盤にしている。

「大切な人との不満足な人間関係、あるいは満足な人間関係の欠如は、人間の抱えるすべての問題の原因である」

これはリアリティセラピーの説明の初めの部分にあった一文。私はとても共感した。

人間関係で問題があるという時にその多くの場合その人は

その人にとって大切な人

たとえば… 母、子、夫などの

大切な人との不満足な関係や、満足な関係に至っていないことが、その人の抱えるすべての問題の原因になっている、と実際に感じられる。大切な人との良くない人間関係は、さまざまなトラブルに発展していく…

はじめの部分を読んで、私はすでに心を掴まれてしまった。

リアリティセラピーの目標

人々の人間関係の回復を援助すること。

これは、カウンセラーとクライエントとの間で、まずその人間関係が作られる。

そして、クライエントはカウンセラーとの関係をひとつのモデル(見本)として体験し、カウンセラーは、関係の断然を経験しているクライエントに、大切な人間関係の回復の手助けをしていくことになる。

リアリティーセラピーの原則

1.人は自分自身の行動に対して責任がある。社会や遺伝や、過去のせいではない。

2.人は変わることができる。またより効果的な人生を送ることができる。

3.人は一つの目的をもって行動する。すなわち、彫刻家が素材を掘るように、自分の環境を操作して、自分の欲している心のイメージ写真に近づけようとする。