自分の記憶の仕方 思考の仕方

f:id:juneberry-miyatomo:20210502095038j:plainすごく時代を感じますが…

車に、ナビが付くまでは
遠出をする前には、だいたいの道のりを、自分で理解して
何となくは、大きな道を覚えていないと
道を間違えてしまうことがあるので
とても重要でした。

車のナビが付いて、初めての遠出をした時のことです。

京都から四国の四万十川まで、夜から運転したんですが
だいたい、自分がどこを通っているのかはわかるのですが
ちょっと山に入ったりして、道の方向がまったく逆になると
自分がどこを通って行ってるのか、向かっている方向と違って
イメージが、まったく持てなくなりました。

日本地図のような大きなものでは
京都から、四万十川っていう道のりは理解しているのですが
ナビの地図を、広域にしていけば「なるほど」と納得できるのですが
枝葉の道で、目的地に向かって
逆の方向へ進んでいくような時の、違和感。

いちいち感じていたら、疲れるので
途中からは、ナビの言う通りに
右や左へと運転して、最終的に辿り着きました。

たぶん、この時から遠出の運転で
目的地までの道のりに関する記憶を、持たなくなりました。

ナビなしで運転した道は、2回目だと覚えていますが
ナビを使って運転した道は、2回目でもほぼ覚えていない
とても新鮮な道です。

運転手付きの車って、楽そうだし憧れますし
「仕事を辞めたら、頭使わなくてよくなる〜」みたいな
夏休みが始まる的なイメージを持っていましたが
本当に記憶の無重力状態を作らないことって、必要ですよね。

あと記憶の仕方についていろいろな方法がありましたが
私は、概念図やフレームワークがあると
記憶に残りやすい、と自分では感じます。

だから、全体像が分かっていないことや
見通しが持てないことは、自分の中で落ちにくいし
本当に理解も進まないです。

逆に、全体像や概念図がわかると
なんかそれだけで(何かわかりませんが)できたように感じます。

今まで、概念図やフレーム、全体像がわからないと
結構な割合で、不安になっていたので
これは、これから私にとって有効に使えると思います。

すべての考え方を
全体像や概念図フレームワークから、入るようにすれば
きっと、私にあった無駄な不安は減るかと思っています。

今まで、やっていたことを言語化してもらえると
さらに、自分自身がよくわかって、自分でも扱いやすくなるので
嬉しいです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com  

具体と抽象を行ったり来たり

f:id:juneberry-miyatomo:20210501090256j:plainここ1年、具体と抽象を理解しました。

これは、結構大きな出来事でした。

そして、読書をするようになると
具体と抽象について書かれているものは、意外と多かったです。
みんな知ってたんだ…って感じでした。

思い起こすと
講演会などでの、分かりやすいお話は
だいたいが、具体と抽象を行ったり来たりしてくれていると言うこと。

今日の話よく分かった!と思える人のお話には
具体例がたくさん盛り込まれていたり、例え話が豊富です。
その具体例によって、とても印象深く残りますね。

私もマネしてみましたが、それほど簡単ではなかったです。
インプットだけで自分の中で分かった、と思っている時って
具体のイメージか、抽象的な軸の部分かどちらかのことが多くて
行ったり来たりしようと思うと、どちらかがスッと出てこない…

一方だけでなく、両方に行き来できないとダメだな、と感じました。

それと、具体例や例え話は
一つだけではなく、いくつかあげられていると言うところも
なかなか、スゴいなと思います。

やってみて、実感しましたが
具体例や、例え話をいくつかあげるって
そのことを抽象度を上げて理解できていないと、簡単でない。

分かっているんだけれど(分かっているつもりだけど)
ある一面からだけ、だったりするんですね。
そこで、自分って薄ぺらいな、なんて思えました。
そういう工程をたどって、記憶の定着があるのだと実感です。

だから、この「行ったり来たり」は本当に尊敬しています。かっこいいです。

学生の頃、個人経営の居酒屋を手伝った時に
言われたことを思い出しました。

「君は絶対に、見本を一回やってみてください、っていうなぁ」

自分では、まったく意識していなかったのですが

その店主のおじさんが
焼き鳥の肉のさし方とか、冷奴の上の鰹節の掛け方とか
なんでも、色々な場合分けについてまで、口で説明してくれるのですが

まだやったことない、見たことのないものの話って、分かりにくかったのと
なにより、言いやすい優しいおじさんだったので
確かに、見本をやってもらっていました。

具体的なものを見て、それから抽象的な話を聞くと
ずいぶん頭に、入りやすいです。
それは無意識で、昔から感じていたことのようです。

あと何日か前に、神話の話がありましたが
昔の人って、神話や例え話を使って
まだ、本が多くの人に届かなかった時代に
人としての生き方を上手く伝えた、記憶に落とし込んだものなんだな
とつくづく思います。

私は中国の古典の、易経というものを
ちょっとかじっているのですが(占いではないです)
人の生き方や、人のあり方を例え話で教えてくれます。

それが、紀元前から来てると思うと
抽象と具体って、人にとって本当に普遍的な考え方だな、と
だから、記憶に残るんだな、と思いました。


抽象度が高くて分かりにくい内容、

例えば、資格試験の内容や、日常生活の中では、〇〇のやり方みたいなものは、ググってみたり、YouTube見るととても具体的で「なるほど〜」と思えて理解が進みます。


逆に、抽象度を高めることは…読書からかな。

書籍に、今までのいくつかの経験裏付けるような記述があると「まったく違う事柄のようだけど、同じ事だったんだ…」と思えて、ストンと落ちることがありますね。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

出力する前に、自分の中でだいぶ整理されてる

f:id:juneberry-miyatomo:20210430233623j:plain投稿を始めると 

入ってきた内容を、自分がどんな風に使っていたかとか
今までの経験などが結びついて
また全く違う方へ、思考が広がったりし始めました。
インプットしたことが頭の中で完結して、わかるということ、と
自分の中で一周回って、出力することって
大きな違いがあると感じています。

だから細々でもいいので、続けたい
という気持ちが強くなっています。

あと、人の名前はちょっと苦手です。
だから、覚えるまでは
名前を、あまり呼ばなかったりもしていました。
名前を間違えられるとショックだし…と思うと
自然に覚えるまでは、名前なしで話しかけることがあります。
ある程度、覚えてくると、自信をもってお名前で呼びます。

数字に関しても苦手意識あります。
日常、ほぼ、頭の中でも使わないですね…。おまかせです。
そりゃ、どんどんと苦手になりますね。

そう思うと、テスト自体はそれほど好きではないですが

自分の達成度が見える化できるので、アウトプットの場があることはどこか安心感があったように感じます。

 
仕事では、私だけでなく、周りにも勉強会や研修会等を自分で開くことをすすめています。規模の大小や内容のレベルは問わないですが、自分が誰かに対して説明できるっていうことは、自分の中にしっかりと根付いているということだと思っているので。どんな簡単なことでも、説明してもらえれば、新採にとっては役に立つと思っています。 


出力する時に、自分なりに大切にしていることは、伝え切るということです。

基本的には、相手に伝えたいことを、シンプルに伝え切る、その中に具体的内容も盛り込まないとイメージがわかなかったりもありますが、それも含めて、シンプルにするです。そうしていることは、だいたい自分の記憶にも定着しています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

なんのために

f:id:juneberry-miyatomo:20210429104513j:plain

良い睡眠が記憶を爆上げすると言うのは
高校生の頃に、実感したことがあります。

高校の頃はテスト前日
範囲を覚えていない、と言うことが
まま、あったのですが…

テスト勉強をする時に
徹夜しても覚えられない、という感覚がどこかであって
(これをどこで知ったのかが、自分でも気になりますが)

4時ごろまで勉強して、7時半まで寝て
あと、確認でもう一度やってテストを受けると
結構、覚えていました。
若かったからか、その3時間の睡眠でも
すごく、睡眠が役立っていたように覚えています。
睡眠で記憶の定着が、実感できていたように思います。

今は、そう言うわけにはいきませんし
そんな一夜漬けの勉強は、必要ないですが

本当に、定着させたい記憶の方が多いです。

それと、高校は家の近くで歩いて登校してたので
8時をだいぶ過ぎてから、家を出ていたんんです。(楽だったな…)

あと、今は睡眠時間が短い日が続いていますが
今年になったくらいから
スマートウォッチの、睡眠スコアの点数が取りやすくなった感じがありました。
甘くなったのかな…と思って
周りにも聞いたのですが
そうかな、と言う感じで

「スコアが上がったんじゃない?」と言われて

ま、そう言えば
短い睡眠時間を良質にするための工夫したし、
と素直にその言葉をいただきました。

工夫は、大したことはないですが
腰痛防止も含めて

スマホは寝室に持ち込まない
・耳栓をする
・寝る前にちょっとヨガ
・背中のマッサージ
・足もみ
・真っ暗にする…

いいと言われることがあれば、どんどん取り入れていると
寝る前のルーティンも、いつの間にかいろいろ増えて
それはそれで、毎日5分10分、時間はかかりますが
確かに、睡眠に集中できる環境ができているように感じます。

話の流れで書きますと
先週、普通のホテルに1日泊まりました。

互助会の補助があったので

ツインに1人だったので、広くて設備もいいし
コスパも良いのですが

「家の方がいいな…」と思っていました。
なんか、熟睡できるような。
夫が「ホテル良かった?」と聞くので
「微妙…」と答えました。

その時、思いついたのは

シャンプーとドライヤーが違うから
髪の毛がバシバシで、翌日1日中ずっと気持ち悪かったこと。
あとは、部屋の乾燥。

先々週のホテルでも、ドライヤーと乾燥は気になりました。

私はそれほど、シャンプーやドライヤーを気にしたことはなかったですし
こだわりもないと、思い込んでいましたが

それだけではなく
自分に合うものが、いつの間にか揃った自宅は
私仕様に、カスタマイズされていて
とても過ごしやすい空間になっていることを、実感しました。

で、そのあと夫から

「泊まるのなら、車やから、シャンプーとか、ドライヤーや
なんなら、背中のマッサージクッションとか
とにかく全部持っていったら?」

と言われて、寝場所としてだけでなくて
次の日も気持ちよく、快適に過ごしたいなら
その通りだな、という話になりました。

またGW明けからも、たぶん利用しますが
どこまでも、突き詰めていきたいです。

側から見たら
「仕事にそこまでするの?」って感じに見えるかもしれないですが
実は、そうじゃないんですね。

仕事のため、ではなくて
毎日の、少ないプライベートの時間をどう使うか、充実させるのか
と言うところからの、行動なんですが。

これは、普通はなかなか伝わりにくいので
あまり言いません。
めっちゃ、仕事人間に見えてるかも知れないけど
それは、いいです。

とにかく「なんのためにやってるか」
だと思っています。

随分、記憶の話から外れましたが
自分の身体をメンテナンスしながら
毎日、快適に過ごせるようにしていれば
記憶へ回せる余裕が出てくるかと、思ってやっていきます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

記憶っておもしろい

毎日、私の投稿内容は、だいたいが、ふと思い出したことです。

小さな頃の記憶や、若い頃の記憶なんかが
サポメの中のキーワードから、引っ張り出される感じですね。
そういう記憶は、本当に勝手に出てくる感じですよね。

電子書籍の耳読でも、2回目聞くと「あ~」と
記憶がよみがえることは、よくありますが

私は、2回目聞くと
その時に見ていた、見えていた景色が
ふっと浮かぶことがあります。
不思議だな、と感じています。

だいたい通勤時に、いろいろ聞いているので
その景色は、ある交差点の信号だったり
道にある看板だったり、のことが多いんですが
なぜ、その景色なのか・・・と不思議に思います。

景色に意味がなかったとしても
その部分の内容も、すごく心に残っている内容の部分でもなく
小説でも、その他のビジネス本でも
あまり意味のある部分ではないのですが
その部分になると、映像が出てきます。
もう、インプットされてしまったんでしょうね。

私の中で
そのフレーズの、どの部分かに反応しているのかも知れないですが

そういう自分の不思議を
私はとても、おもしろく感じてしまいます。
そもそも、同じ本を何度も聞いているのも、変わっていますが…

ちょっと違いますが
衝撃的なことがあった時に、見えていた風景とか
床の木目とか、カーテンとか。

それ自体には、あまり意味があるとは思えないようなものも
意外と、一緒に記憶に残っていることってあります。
そういうモノを感じると
ひとの記憶ってすごいな、と思います。

あと、80歳近くなる母を見ていると
エピソード記憶って、都合よく書き換えられてるやん
と思います。

いいことか、どうかはわからないですが
自分にとって、とてもいい感じの人生になっていて
それって、私はある意味うらやましく感じます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

小さな頃の記憶

f:id:juneberry-miyatomo:20210426215708j:plain私は、子供の頃、バレエやピアノなどを習っていましたが 

そういう子供の頃の習い事って、手続き記憶なんですね。 
 
だから、楽譜は読めなくても 
今でも手が覚えていて、勝手に弾けたり 
雰囲気で身体が動いたり 
人の記憶ってすごいな、と。 
 
あと、老化と記憶力との関係がないとのことは 
ビックリですが 
 
日常的には、なかなか覚えにくくなっている感はあるので 
若い頃に、幅広くたくさんの情報をインプットしておくことは 
とても有効だと感じます。 
 
なんとなく覚えている程度でも、知っている程度でも 
そういった下地があると 
物ごとを考える時に、役立つように思います。 
 
すごい偏見かもしれませんが 
中学受験をして、進学校へ通っていた人は、 
やはり知識量が多いと、成人してからも感じます。 
(ちなみに私は中学受験していないです) 
私の周りにいる人が、たまたまそうかもしれないですが。 
 
私の中では、小さい頃の記憶って 
成人しても役立っていると感じています。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

<img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=2309920&p_id=170&pc_id=1