言葉は魔法 息子もわたしも助けられて

f:id:juneberry-miyatomo:20201115082402j:plain

 

今日、思い出したことがありました。

子育てに行き詰まっていた、専業主婦の時代のことです。
私が育てられたように、息子を育てていたのですが
小さな息子に、毎日ダメ出しばかりしていました。

そういったモデルしか見てこなかったので
正し事として、毎日、厳しくしつけるといった感じです。

でも、何か自分の中でも違和感が湧いてきてもいた頃です。

住んでいる田舎町の公民館での子育てセミナーのようなものの中に
近くの大学の先生がら、毎年5回シリーズくらいで、学ぶ会がありました。

平成の大合併の前だったので、まだ〇〇市ではなく、〇〇郡〇〇町でした。

平日の午前中開催なので、10名ほどの主婦が参加しかなく
とても贅沢な、大学のゼミ授業のような雰囲気でのアットホームな勉強会でした。

教育大の先生のお話でしたので、子どもの成長について
様々な視点でのお話があったように思います。

残念ながら、ほとんどは覚えていませんが
ひとつ覚えているのは

「子どもさんへの、普段の褒め言葉を、書けるだけ書いてください」

と言われたこと。

その頃、子供は2、3歳だったと思います。
下の子は、まだ生まれてなかったような気がします。

私の褒め言葉は「すごい」1つしか出てこなかったんです。

そもそも、普段、褒めてない…。
だから、いくら考えても、出てこない。

「やるやん」「ナイス」「さすが」「できたね」「上手ね」「OK」…
周りのお母さんたちからは、たくさんの褒め言葉が書かれていて
初めて気づいたんです。

私、まったく褒めてこなかったって。

そのお話では、褒めてあげることが大切という、ごく当たり前のお話でしたので
私は家に帰って、褒めてみようと思いました。

でも、普通の方には、まったく想像できないかもしれないですが

今まで褒めていない私にとって(褒められてこなかった私にとって)
褒めるということへのハードルは、相当高くて

ひとこと「上手くできたね」みたいな言葉を口にすることすら難しく。

「でもせっかく教えてもらったから…」

という葛藤が一定時間あって

息子が何かしたときに

「やるやん、上手くできるやん」

と小さな声で言えたように思います。

すると、小さな息子はニコニコして、とても喜んで
それから、すすんでお手伝いをしてくれました。
嬉しくていっぱいという感じでした。

「こんなことでいいんや…」と思いました。

翌回の子育てセミナーでそれを報告すると
その先生が
「よっぽど、褒めてなかったんですね。」と驚かれ

「それでいいんですよ。」と言ってくれました。

自分が褒められてこなかったので
褒めることが良い、ということは知ってはいたけれど
日常でできなかったし、別にしなくてもいいかと思っていました。

褒めて調子に乗せたらいけない、と
私の親も思っていたので、私もそう思っていました。

今となっては、あの先生のお名前すらわからないですが
2年ほど参加させていただきましたが
その年を最後に宮崎の大学へ移られました。
とても良い学びをさせてもらいました。

思っていても口から言葉として出さないと全く伝わらない。
口から言葉を出すことで、状況が変わるということを
身をもって知ることができました。

その後、次男が生まれ育て方は
長男への育て方とは180度変わるのですが
それはそれで、私の中の葛藤が生まれました。
またそのお話ができる機会があれば。

ブログに、過去のエピソードを投稿することで
そのものごとが、成仏するというか、昇華するというか
自己満足ですが、少し気が楽になります。

みなさん、いつもありがとうございます。

コミュニケーションとして思いを言語化する

f:id:juneberry-miyatomo:20201114122647j:plain

言語力を鍛える方法 
歳をとってくると、伝えたいと思うことは頭の中にあるのですが
言葉が出てこないということが多くなった気がします。


「こういう言い回し、なんかあったはず…」

と思うことも多いです。

歳とともに

聞けば知っている言葉は、増えているけれど
実際に使える言葉は、歳とともに減ってきている
と感じることが多いです。

人とお話しする時に使う言葉は
だいたい同じような言い回しが多いので
コミュニケーションをとるのには支障はないけれど


急な事態が起こったときや
会議などで、想定外の方向へ話がズレているときで


その状況で、ピッタリの言葉をうまく見つけられない時に
とても自分の中で、もどかしさを感じることがあります。

そんな日には、仕事帰りの車の中で
「あの時に、こういう風に言えればもう少し伝わったかな」とか
「こういう視点で話せたらよかったかな」とか
いろいろ浮かんできて

一応、反省しますが
次へのストックとすることにしています。
(以前は、その反省で眠れなくなるほどでした)

文章は、何度も見直して表現を考えることができますが

その場で返答することは

コミュニケーションとしてとても高度で
思っていることを即座に、言語化して上手く伝えられる人を
とても尊敬しています。

言語力と私の中の理想

f:id:juneberry-miyatomo:20201113194620j:plain
誰かとお話をしているときや 

どこかで講演を聴いているときや、本を読んでいるときに
「こういう言い方をするんだ…」と
私が納得できる言い回しに、出会うことがあります。
だいたいが、その内容の本筋とはかけ離れた部分でのことです。

自分が表現したいことを、しっくりくる表現で伝えられるように
いつも言葉は探していますが
探しているときに、とあえずの言葉は見つかりますが
何日もしてからふとした場面で

「あの場面にぴったり」
と思える言葉が見つかることがあって

そういうときには
とりあえず、私は書きとめてはおくのですが
そのこと自体を、自分がすぐに忘れてしまい

訳のわからないメモになったり
どこに書いたのかを忘れてしまったりしています。

ここ最近では
「クリアに」という言葉が、私の中でヒットしました。
「きっちりと」とか「しっかりと」という言葉で伝えていた部分を
「クリアに」という言葉に言い換えた方がわかりやすい場面がある。
使える場面が思い浮かび 
「まさに、クリアに伝えることができる」と感じました。
ひとまずは、引き出しにストックされました。
(あとは、忘れなければいいだけです)

夏頃に、長倉顕太さんの「非言語を言語化せよ」という本を読んだのですが
今週のサポメと同様に、言語化されていないことを言語化するというところに
情報としての資産的価値があるというような内容がありました。

相手にクリアに伝えきれるように、自分の中の非言語を言語化して
そしてそれが自分の資産となっていくって、本当に私の理想です。

 

無意識を生き生きとさせたい

f:id:juneberry-miyatomo:20201112202056j:plain

「言葉は無意識が主役、意識は単なる翻訳者」ということ。

私が文章を書くときには
書きぶりなんかを気にしている自分がいるので
まだまだ無意識ではなく意識上のことです…。
書いている段階ですね。 
 
でも心の奥の、無意識を言語化したいと
いつも思っています。

脈絡がないですが
無意識って、自分のことなのに不思議なので大好きです。 
もっと無意識を生き生きとさせてあげないとと思います。

言葉の意味そのものへの許容力

f:id:juneberry-miyatomo:20201111195801j:plain
私は、父の本自体にはそれほど興味はありませんでしたが 

小学生のころ、風邪などで休んだ日には
家にある本を読んでいました。

実家は、プレゼントという風習がない家でしたので
いつの間にか、特に声をかけられることもなく
本棚に本が増えているという感じで
父親の趣味で、私たち兄弟用の本が買い足されていたように覚えています。
ただ、頭は良くないです。

当時、印象深いのは
「なぜなに国語1年生」「なぜなに算数2年生」、理科、社会、クイズ・・・といろいろあって
上の学年のモノも少しずつ加えられていくので
ちょっと上の学年のものを読みすすめていくことが
嬉しかったように覚えています。

小説はなかったのですが「星の王子さま」と「にんじん」があって
両方読みましたが
当時は、意味がまったくわかりませんでした。

父親が勝手にやっていたことの裏に、なにか思いがあるとしたら
父親エピソードをまた一つ、発見しました。

あと、仕事で相手にものごとを伝える時に
書いている言葉や言い回しが
何かしっくりといかないときには、類義語を調べます。 


類語辞典 https://thesaurus.weblio.jp

類語の中でしっくりくるモノがあれば、覚えておきますが
また忘れて、また調べたりしています。

私は、自分の中でのズレも気持ち悪いですが
相手と言葉の意味するモノが若干ズレているときにも
すごく気持ち悪さを感じます。

また、職場であるのですが、表の言葉は「○○さんのために…」で
裏の意味が「自分が楽だから…」というのも、気持ち悪くてダメです。
それなら「自分が楽だから」と言えばいいと思ってしまいます。

こういったことは、どっちでもいいと言う人もいるので
私は、言葉の意味するモノと、その状況がズレていることへの許容力がないな
と自分で感じています。

心の中の言語化 独り言がそれほど得意でない私

f:id:juneberry-miyatomo:20201110202238j:plain

 
私自身は、心の中での独り言は多いですが 

実際の言葉にすることは、少ないと思っています。

以前職場に、独り言を上手く使っている男性がいました。
賢いなぁ、と感心していました。
「自分の気持ちを言葉にする」
計算しているのか、反応として出てしまうのか
どちらかは、わかりませんが

そうやって出した独り言への、周囲の反応を見ながら
他人の意見を推し量るような
ものごとをすすめていく術のようで
腹になにを持っているのかは、わかりませんが
賢い京男子でした。

でも、自分の気持ちを言葉にすることで
一定のストレスもなくなり、その先の方向を定められていたので
なるほど…
と羨ましく思っていました。

ただ、やはり(と言っていいのか)
どこか「かまってちゃん」なので
そういう使い方は、私には不向きだなと思いながらも
いつも感心していました。

無意識での自分との会話

それを口から言葉として出して、言語化することには

まだ少しハードルがありますね。

それでも、歳とともになぜか独り言は増えていますが。

 

言語化する力と言葉の意味と 

f:id:juneberry-miyatomo:20201109200223j:plain
投稿できるようには、なりましたが

初めは言語化することに本当に時間がかかっていました。

それには、文章自体に慣れていなくて
言語化された文章に関して
踏ん切りがつかなかない部分もありました。

毎日、筋トレのように
アウトプットを続けていましたが
アウトプットだけでなくKindleでのインプットも始めると
文章も書きやすくなったように感じて 
本当に筋トレと同じだと思っています。

また、人と話をしていて違和感を感じる時の
よくある原因は 


同じ言葉を使ってはいるけれど
それぞれの意味や、微妙なニュアンスが違っていること。

まさか、この基本的な言葉の意味が…と
言語化される時に、それぞれの価値観が入り
個性が入るという感じでしょうか。

可愛らしい話では、中高生の頃
美容室で気に入った髪型にしてほしいのだけれど
伝わっていない…ということがよくありました。
「短く」「長く」「丸く」「フワッと」なんて
ホントに、その言葉が指す意味の共有って難しかったです。
そんな経験を経て、その後は写真の切り抜きなど
持参するようになるのですが。

仕事上でも、言葉の共有ができていないことが
たまにあります。

基本的な言葉って
意外にそれぞれのイメージ自体が、微妙にズレていることもあって
それがモトで、共通理解ができていなかったり
そこから、いらぬ誤解が起こったりがあります。

ハイコンテクストな文化の中で
小さなことを、いちいち確認しないところにも
原因があると感じています。

そして、心の中を言語にするのが

私は、なかなか難しいと感じています。