自分が毎日紡ぐ言葉を大切に

f:id:juneberry-miyatomo:20210214192034j:plainそうだな、と思います。

インジャスティックコレクター
自分の不幸ばかりを嘆いている人は
私の周りにもいますね。

でも、その人は
どんなに良い環境になっても、嘆いていると思っています。

昔、実家で専業主婦をしていた母は
いつも、自分の境遇を嘆いていたので
子どもの頃は、本当に可愛そうな母だと思っていましたが

私が、大人になっていくにつれて
物事を、客観的に見れるようになったり
違う視点からの話を、聞いたりして
「ん???」と思うことが、多くなりました。

私は、20年ほど前に斎藤一人さんの教えを色々聞いて
ことだまを大切に…など(うまく言えませんが)
とにかく、それをきっかけに
プラスの言葉を使うよう、気をつけるようになりました。

まさに、NLPプログラミング
「自分に対しても周りの人に対してもネガティブワードを投げつけてはいけない」
でした。
確かに自己啓発本には書かれていることですが
本当に大切なことだと思います。

ちなみに、斎藤一人さんは、寺子屋で話しているおじいさん的な人(イメージ)で
道徳的なことや生き方についてなど、いろいろなお話をされています。
当時は「銀座まるかん」の社長さんでしたが、今はどうなんだろう…

40代になって、私が働くようになってからは
前向きな言葉を支えに、やってきたので
それが、自分の中でずいぶん身についてきたようです。

先日、実家に戻ると
母が無意識のまま、いろいろなことを否定している様子を
久しぶりに間近で見てしまい、疲れてしまいました。

私は、今はもう、その感覚の中にはいない
ということだけが、よくわかりました。

でも、私も、まだまだで
できていることばかりではないので
自分に余裕がなくなると
他人に対しても、自分に対しても、否定的な言葉を投げかけてしまう癖が出てきます…。

それでも、少しずつは変わっていると信じて、です。

メラビアンの法則から… 言葉の力

f:id:juneberry-miyatomo:20210213113047j:plain私も若い頃は「感じのいい人」をやっていたので

その気持ちが、よくわかるのですが
初めは笑顔をやめることが不安で、やめることができなかったんです。
厳しいことを話す時にも、少し笑顔で言っていました。

それは、外部へ向けてのやり方としては
顔は笑顔のままで、厳しいことを言う方法は、有効ですが

職場内となると、それは有効ではなく
そのうちに、なめられてしまいます。

結局、笑顔のままだと
伝えたいことを、伝え切れないことが多いんですね。

だから、そんな昔の自分のような若者を見ると
「指導する時には、絶対に笑顔を出さずに」
と、勝手にアドバイスをしてしまいます。

人は、笑顔の人を見ると
「許してもらえるかな」と思いがちなので

人のいい若者を見ると
仕事上で、そう言った場面ではメリハリとして
笑顔を封印するように、つい言ってしまいます。


あと、上司にありがちなのは(愚痴ちょっと入ります)
上滑りな言葉…
これは本気だろうか?と思ってしまいます。
そもそも、やる気があるのかどうかが疑わしく思われるって…

また、言っていることと、やっていることが違う上司。
綺麗事を言っているけれど、日常でやっていることは…

結局、言葉を綺麗にしても、それに合わせた人間性?というか行動をしていないと
言葉は生きてこないどころか、より信用がなくなります。

本当に、等身大でいいと思います。
その方が、確実に伝わると私も思っています。


以前、仲の良い同僚と二人で話していた時に
格好の良い言葉を、外部とのお話で使いたがる人の話になりました。
難しそうな言葉とか、最新の言葉とか…使うのですが

別にどの言葉を選ぶのも、その人の自由だけど
相手に伝わっているのかよりも
「結局、気取ってるだけだよね」という結論になりました。

そういえば「気取る」っていう言葉
普段は、ほとんど使わないけど

「私たちって、気取ってることあるんかな?」
とかいろいろ話して
「私たちは、素で行っているので気取ってない」
ということになりました。
気取るっていう言葉、考えたこともなかったけれど
気取りたくはないな、と思った出来事でした。

とにかく
言語や非言語の中に、たくさんの自分が滲み出てくるということと
相手には、表現していない部分も含めて
思っている以上に、たくさんのものが伝わっているということなので

「自分の頭の中と、自分の言葉と、自分の非言語情報をすべて一致させて、一直線にすること」

は、言葉だけでなくて、自分らしく生きていたら言葉などに滲み出てくる
みたいな感じが強いのかと思いました。

自分の言葉を表現できるように

f:id:juneberry-miyatomo:20210212192754j:plain

私は、もともと人の目を気にしすぎる性格で 

自分以外の人目線で、見すぎて
大したことがないのに
不安が大きくなることが多かったです。

だから、自分の課題克服のためにも
投稿では、不安な気持ちに少し目をつむって
思い切って、投稿しています。

言い切ってから「これは個人的な考えで…(気を悪くしないでください)」
と書きたくなるのですが
できるだけ、自分の練習だと割り切って書いています。

でも、話す時はまだまだ
相手が、どう思うかを考えてしまっていることが多くて
いいことではあるんですが、とても疲れてしまいます。
知らない相手だと特にですね。

歳とともに、気にしなくなってきて
ずいぶん、大きな顔をしていることもありますが
基本的には、自分軸を出すことに自信がない?怖いようなところが
心の奥底にあります。
逆に、安心できる人たちには、ギブギブでなんでも話せます。

あと、やっぱり愚痴、自慢を聞くと疲れます。
私の母は、ずーっと愚痴や自慢を私に聞かせてくれていたので
言いたくないですね。

自分が、どうしてもしんどい時には
わかってくれる人に「愚痴を言うよ」と言ってから言います。

自慢についても、本当に自慢している人と
そうでない人がいて

共感してもらえる人以外には、自慢になってしまうことがあるので
気をつけています。

 

償還できました…いい感じの人だった私の若い頃

f:id:juneberry-miyatomo:20210211091641j:plain
私は、言葉についての思いが強いな、とは気づいていましたが

自分がこれほどたくさんの思いを持っているとは
ちょっと意外です。

もともと、子どもの頃から大人しくて
内弁慶だった私が、営業という職種を通じて
表面的には、人と臆せずにお話しできるようになったのですが
コミュニケーションツールとして、言葉を使う時に

思いもしないことを、言葉にすることには
言葉の意味に、重きを置いていた私にとって
とても高いハードルが、ありました。
(どこか、ウソついているように感じられて)

顧客と世間話をする中で、まったく価値観が逆の人であっても
私は話を合わせていましたし
23、4歳の私は、それが仕事だと思っていました。

今考えると、自分の思っていることを言った方が
顧客も付き合いやすかっただろうに…と思いますが

自分の意見を言うことは
相手を否定することでしかない、と考えていたその頃の私は
ひたすら、微笑みながら相手に合わせていたんですね。

今では、
人はそれぞれ、意見が違うということがわかって
逆に、しっかりと意見が言えることや、思いを伝える方が
顧客にとっても、魅力的な人になると思っているのですが

その時は、頭固かったんですね。
いつでも、いい感じの人になっていました。

仕事でもそうでしたし
プライベートでもそうでした。

社会人になること=人と合わせていくこと

と考えていたようです。

でも、自分の意見をまったく出さずに
どこでも、感じのいい人になっているので
そのひずみが大きくなり、だんだんとしんどくなってくるのですが…。

私には、そういう背景があって
いい顔をして、人と繋がる自分に対して
嫌悪感のような、アレルギーがあります。
いい顔をしないで、普通に繋がればいいんですよね。

そして、もう一つ。
自分の意見を言わずに、感じのいい人になっていると
マウンティングしたい人や、自慢をしたい人や
人を利用しようと思っている人
そして、サイコパスまでが寄ってきます。

ただ、私はいい感じの人になっているだけで
本当は、自分の意見を結構しっかりと、もっていたので
それを示しはじめると、そういう人たちは来なくなりました。

それからだんだんと、コミュニケーションを取るときに
必要以上に愛想よくしないようにと、経験から習いました。
そして、必要以上に愛想のいい人は…

ちょっと歪んだ思考なんですが
誰にでも、話しかけること
しかも、いい感じに話すことはできるのですが

また、嫌な人が寄ってきたら…と思うと
どうしても、話しかける人を
無意識のうちに、先に選んでしまうところがあります。

自分の気持ちに反している、と感じる時には
社交辞令的なお話は、ほとんどしなくなってしまいました。
これは、ある種のトラウマみたいなものですね。

以前から、気になってモヤモヤしていたことを
言葉にすることができました。

償還できました。
(やっぱり、言葉にすることの力って私にとっては大きいです)

言葉の力を鍛える「ことトレ」

f:id:juneberry-miyatomo:20210210192825j:plain
私は、どちらかと言うと大人しい方で 

目立ちたくないタイプです。
意見はもっていますが
たくさんの前で意見を言うことが、あまり得意ではないです。

根本は、今も変わっていませんが
仕事上は、線を引いて
結構、意見を言っています。

新卒で就いた証券会社での営業経験から
1対1でなら、知らない人とでも
臆せずに、何でも話せます。
(でも、本心では目立たずに一人でいたい)

今日、気づいたことは
普段の日は、1日の中でたくさん話しているようで
私の話している人は、職場の人か家族かです。

私の下地や背景を知っている人が、ほとんどで
話す内容も、仕事内容か家庭のこと。
目新しいことは、それほど多くないので
ルーティン化している、と言えばルーティン化していて…

少々言葉が足りなかったり、わかりにくかったりしても
相手が補ってくれるという環境だったんだな、と感じました。

そう言えば
何年ぶりかに、友人に会った時など
前回以降の経緯を話すのが、めんどくさく思えて
話題をチョイスする時に
そういう、めんどうな話を、外してしまっています。

普段、会っていない人に、状況を説明するのって
やっぱり、自分の中できちんと整理されていないと
自分の思いと、起こった物事とが
時系列が、ぐちゃぐちゃになっていたりして
話すのが、嫌になってしまいます。

だから、せめて日常生活の中では
きちんと、話すようにしとかないとダメですね。
「それ、それ」とか「ほら、あそこ」
「あれやし」とか
脳に負担が少ない会話…しています。

雰囲気や、周りの人に頼っているところが多いですね。(反省)
ことばのトレーニング「ことトレ」やります。

あと、投稿の文章は考えていますが
コメントいただくと嬉しくて
衝動的に返していることが多いので
自分でも後から読んでみたらコメントでは

「主語が抜けていて、何を言っているのかわりにくいな」

と感じることが多いです。(これは気をつけます)

 

わたしの言葉愛

ている微妙なュアンスを伝えたい時に

f:id:juneberry-miyatomo:20210209202327j:plain

自分の思っている微妙なニュアンスを伝えたい時に
しっくりくる言葉が浮かばない時に

私は「類語辞典」を、すぐに開きます。

類語辞典

thesaurus.weblio.jp

投稿で調べることは、あまりないですが
同じ言葉を、何度も使うのが
ためらわれる場合なんかに、有効です。

例えば「理解する」がちょっと違うと感じたら
「理解する」を入れてみると

腑に落ちる、納得する、得心する、理解する、飲み込む、察知する、知覚する、感知する、感じる、知る、識別する、認知する、認める、察する、直感する、窺い知る、視認する、認識する、認識を持つ、意識する、意識を持つ、気づく、感づく、自覚する……

と、めちゃくちゃ、たくさん
いろいろな意味の、理解が出てきます。

その中から、自分に合うモノを選ぶのですが
その時に「こんな風にも表現できるのか…」
と感心することが多いです。
結構、言葉自体が好きなので(意味不明かも)
それを知ることも楽しい時間です。

だから、お話したり、資料を作ったりする時に
「ん??」と違和感をもった言葉は
とりあえず、他の言葉に置き換えてみます。

で、そこで蓄積していければいいのですが
歳のせいもあって
何度も同じ言葉を、調べていることもあります。
なかなか自分の中に入っていないので、何度でも調べています。

小説をよんでいて 
「なるほど、上手いこと言うな~」
とメモりたくなる表現が出てくる時があります。
そういう、自分にはない視点で表現ができる作家さん
に憧れます。これは、ラノベも含めてです。

私は、人が使っている言葉が気になるので
親戚が集まった時などの返しに夫が「難しい問題ですよね」と
???な相づちを打っているのを見ると
「どの部分が、難しい問題なん?」と尋ねたくなります。

ほか、たくさんあります。
ただの口癖なんですが、言葉は意味をもって使ってほしい…
(誤解してしまうことがあるから)

相づち的に使うことは、まだいいとしても
ほんとに伝えたい時に
気持ちや喜怒哀楽を、自分の言葉で表現できないと
こちらも理解できないと思います。

私は自分の気持ちを、言葉に置き換えることで
自分で理解ができる、ストンと落ちるという感じがあるので
言葉の重みを大切にしています。

だから、無駄に、意味のない言葉が我が家で飛び交っていることに
ちょっとモヤッとしています。

言葉の力と想像力

f:id:juneberry-miyatomo:20210208194336j:plain

 毎日、ことばの力を鍛えるつもりで 

私は投稿しています。 

ワーキングメモリーを広げることや 

ほかいろいろ思うところもありますが 

私が毎日続けている、一番の理由は 

書きことばの力を鍛えたい、からなんです。 

私には昔から、なんとなく漠然と 

書き言葉が上手くなりたい、という思いがあったので 

毎日、練習するつもりで 

自分の心の中で思ったことを、投稿しています。 

今まで、心の中の思いをことばに置き換えることで 

自分自身の心が、楽になる経験が多かったので 

まだまだ、言語化できていない 

私の中のモヤッとしたものを 

言葉にしていきたいという思いが、強いんです。 

だから、投稿はほとんど 

私が考えたことや、思ったこと、感じたことだと思います。 

あと、読書が好きですが 

確かに本を読んでから、ドラマや映画を見ると 

本の描写から感じた想像のイメージとの 

違いを感じてしまって、面白くないことが多いです。 

このイメージを超えたのは、覚えている中では 

ハリーポッターシリーズ」だけです。 

これは、私の想像をはるかに超えていました。 

逆に、逆に映画やドラマを見て 

それから、興味をもって本を読むと 

本の中で、想像の世界が広がって、さらに深くなるので 

面白く感じることが多いです。 

読書は、活字を読んでいるだけなのに 

自分の意識が、別のところにいってしまうところが 

とても不思議で、大好きです。