小さい頃の我慢と自己欺瞞 いい人になりたいことは欺瞞かな…

f:id:juneberry-miyatomo:20210606085437j:plain私は、自分と同じようなタイプの人を見つけてしまいます。

匂いでわかる、みたいな、なんとなくです。
年齢、性別、関係なく
我慢してるだろうな、と思う人が見えてしまいます。

「無理してない?」って思ってしまいます。
(私はやっぱり無理してるのかな)

あまり深く入り込みませんが
何ヶ月かすると、相手からも話してくれたりしながら

やっぱり、仲間だ…と雑談します。
(全部、少しずつです)

そして、だいたい話に出るのが

小さい頃に我慢をたくさんしていると
今、大人になってしている我慢が
本当に些細なことに感じるということ。

なんか、小さい頃は
世界のすべてが我慢、みたいなところがあったから
その世界しか知らなかったから、そう言うものだと思っていた。

大人になった今の方が、たくさん自由があって
自分で選択できることがあって…

だけど、心が弱くなった気がする、と。

って言うか、我慢しなくてもいいとわかると
そこのブレが出てきて、弱くなったように感じる…みたいな話を
「そうそうそう」という話に行き着くことが
何度かありました。

だから、
仕事の中でも、我慢がたくさんあるのですが
あまり我慢していると、感じないんです。
我慢に鈍感なタイプだとも思います。

私のタイプをなんと呼ぶのかはわかりませんが
アダルトチルドレンでいいのかな)

小さい頃に我慢をしていて
今、大人になっていい人をやっているようなタイプの人は

そうやって、私の周りで知った人はみんな

親との関係に、なんらかの問題があるので
基本的に人を信用できない、していない

信用できない自分を、悪いことだと思っているし
だから、自分はいい人でいたいと思っているし

本当に周りのことを最優先に考える
いい感じの人ばかりです。

歳をとった私は
そこに、自分の思ってることを入れても
絶対、誰もあなたに嫌な顔はしないから

1回やってみて。

なんて、先輩ズラしてアドバイスをします。
(相談されたらです)

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

自己欺瞞を考えると、心の奥にグイグイと入ってくる

f:id:juneberry-miyatomo:20210605092251j:plain自己欺瞞というテーマは、心の奥底の

痛いところついてきますね。

なかなか、触れたくない部分でもありますが
せっかくの機会なので
少し躊躇しながらも
どんどんと掘り下げてもいいかと思いました。

私にとっての自己欺瞞
「母との関係は良くない」というのが表の面。

でも、私の本心は関係を良くしたいと思っているようです。

これはまだ、自分の口から言葉として出すには抵抗がありますし
認めたくないだけど、本心はそのようです。
あんな母親とは、縁を切りたいと思っていますが
その奥には自分にウソをついています。
(でも本当に、まだまだ自分では認めたくないんです)

そして、実際に上手くいかないから

小さい頃からの家庭は、良くなかったとか
母からされたこと、嫌だったことをたくさんの
嫌いな理由にしているところがあります。

実際、いろいろやったんです。
話し方工夫したり
方法を考えたり、相手に伝わってないんじゃないかとか
カウンセリング行ったり、集中内観行ったり
本を読んで直接の手紙を書いたり…

だけどうまくいかなかったんですね。

だから、私は正しい。

そして、小さい頃から… 私はかわいそうな私。

だから「かわいそう劇場」です。


少し話は変わりますが
私は、小さい頃から物ごとを
裏から見る癖がありました。

それが何が原因かはわからないけれど
いつも大人を見ると、この人は悪い人だと捉えて
相手を信用していないところが、ありました。

それと同時に、自分の悪いところや嫌なところばかりに目が行きます。
自分は悪いことばかり考えて、邪悪だと思っています。

だから、せめて外では
いいことをしたいと思っています。

これは、無理してやっている訳ではなくて
やりたいからやっている感じです。
心に表と裏を作りたくないな、と思いながら
少しでも、本当の自分を出せるようにしているところですが…。

結構、私の深い部分にグイグイと入ってきて
考えっぱなしの文章になりました。m(_ _)m

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

「かわいそう劇場」に何歳までいるんだろうかと、ふと思う

f:id:juneberry-miyatomo:20210604062113j:plain小さい頃は、無意識に自分を騙していたと思います。

気持ちの借金が、きっとありました。

役割を演じていて、でもそれが普通だと思っていたので
何も大変に感じては、なかったです。

大学くらいから離れて、こんなに楽な世界があるのかと思ったし

心が楽な状態があると
幸せすぎて(心が楽すぎて)

きっと、もう死ぬ時期が近いんだ…(事故とか…)
これは、最後のご褒美なんだ…と

本気で思っていました。
もちろん、大人になってからです。

不安な精神状態がデフォルトだったんです。

大人になってから、機能不全家族だったかもと思って
いろいろACの本を読みました。
まぁ、そうだったんだな、と言う感じです。

でも、私もまだまだ見栄っ張りで
相手や環境が悪い、母が悪い、そして怒りがあります。

先日読んだ本、ホントに偶然Twitterで見つけて、日曜日に読んだ本
「死んだら生きれない 50円玉2つからの波瀾万丈復活逆転人生劇場」 幸坂ゆうあ 

から、自分の欺瞞に気づきました。

この本には、

昔の小さい頃の、アルバムの写真へ親がつけてくれたコメントを
見たくない かわいそうじゃなくなるから

かわいそうな私でなくなる…

みたいな内容があって
筆者は「かわいそう劇場か」ら降りられなくなっていた
とありました。

まさに、私もその通りで
小さい頃から「シンデレラ」が大好きで
「かわいそう劇場」に憧れて、自分の境遇と勝手にリンクさせて
装飾しているところもある…

当時の事実を、客観的に事実として見たら
若干違うのだけれど
それは、まだ認められない感じ…

かわいそうな自分じゃなくなることは
私にとって、死活問題なんです。

でも、なぜ「かわいそう」を守ってるんだろうとは
考えたことがなかったですね。
今の私は、どうなんだろう。

朝から、重いなぁ、すみません。

それをどう自分の中で受け止めていくのかが
私の課題ですね。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

今日明日になんとかしなくてもいいと思うと、とても気が楽です

すぐに解決しなくてもいい
すぐに解決しないといけないという思い込み
大きいか、と思います。

そう言うこともあるさと思って
とりあえず、ちゃんと気づくことが大切なんですね。
なるほど。

幸せな誤解を壊したくない気持ちも
思い当たります。

他人に指摘されることは、なかなかないですが

息子や夫に、痛いところを突かれると
小さなことですが
幸せな誤解を崩さないでほしい、と感じている気がします。

新しいことを受け入れたり
自分の何かを変化させることへは
防御反応みたいなものが、出るようなところがありますが

その時に言われたことは、私の中の奥の方で

それこそ、無意識レベルで
少しずつ、確かに前に進んでいることを実感します。

いろいろな情報が入ってきて
いいな、とすぐに思うものは取り入れますが

今までやってきたことが、大きい場合は
すぐに変えることも難しくて
今のやり方の方が、自分には合っているから…
と、選択して、取り入れなかったりもしますが

1年ほどすると
やってみようかな…と言う思いが出てきたりもします。

やっぱり、新しいことが出てきた時に
どこかで、自分がやってきたことを
否定されているように感じるのかも知れないです。

そういう、自分のプライドみたいなところに
折り合いをつけるのに、半年、1年かかって
ホットクックを買うと。

↑これは、大した問題ではないですが

もともと問題は生じていて、それに気づいただけ、それはそれ。

なんか、優しい言葉に感じます。
この言葉にとても助けられるような
受け入れてくれるような気がしました。

今日、明日について何かできなくてもいい
中長期でどうするかを考えていこう、と思うと
とても気が楽です。

この言葉があると
自己欺瞞に気づくことを、隠さずにできそうに
私は感じました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

自分にだけはウソをつかないように生きる

f:id:juneberry-miyatomo:20210602223505j:plainブラック企業だったか、どうかは 

時代も変わって、今となっては分かりませんが 
バブル後、証券営業をやっていたときには 
言い過ぎかも知れないですが 
ほぼ、洗脳されていたと思います。 
 
仕事のできない人、数字の出せない人は価値がない… 
みたいな雰囲気があって、その頃の私は 
きっと、思い込んでいました。 
そして、自分がそうならないように、と。 
 
たくさん、辞めていった人を見ました。 
自分が辞めてみて、すごく狭い世界だったなと感じたし 
 
落ち着いて考えてみると 
数字を出せないことと、その人の人格とは 
別物だということは、理解できました。 
 
数字は出せないけど 
家庭では、いいお父さんかも知れないし 
どこで評価されるか、だけの話。 
まったく土台の違う話ですが 
若い頃って、本当に染まりやすいと思います。 
 
その当時の上司、年配の人は、分かっていて 
仕事として、叱咤している人もいるかも知れないですが 
それを、真に受ける私の若い頃のような人もいると思います。 
 
あと、今の私は 
相手に思っていることを言ってしまうタイプです。 
 
もともとは 
自分の思い(やってほしいこと)を伝えることがとても苦手で 
小さい頃から、親には、逆ギレしてしか 
やってほしいことを、伝えられませんでした。 
 
外では、自分さえ我慢していれば、過ぎていくのだから… 
と思っていましたが 
 
言ってみたところ 
それがとても楽なことだと分かってからは 
言うようになりました。 
少しずつ、人に頼れるようになってきました。 
 
他人は思っているほど、人のお願いや希望に対して興味もなくて 
できることなら、やってくれるし 
できないことは、断られるくらいの話だと感じています。 
 
随分、いい方も上手くなってきたと思います。 
 
とにかく、せっかくの人生に対しての欺瞞は 
とってももったえないと、私は思います。 
 
自分には、ウソをつきたくないんですね。 
辛くても真実を見て 
自分を全部自分で、受け止めたいと思っています。 
 
今、まだ心の中に大きな欺瞞があって 
できていないことがあるのも、自分でも気づいています。 
ちょっとずつ、受け止めていきたいな、と思っています。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

人に騙されないようにしながら、自分に騙されたりしながら

f:id:juneberry-miyatomo:20210601221323j:plain自分の仕事に満足していました。 

40過ぎて、いいところに勤められた、と。
ま、これも欺瞞なのかな。

仕事が好きなのは変わらないけれど
他にも、いろいろな方法があることを
勝間塾で知りました。

欺瞞って、広い世界を知ったときに
自分を騙さずに
自分の位置を、素直にそれを受け止められるか
みたいな感じかな、と思いました。

でも、というか
自分が、自分の欺瞞に気づく違和感も好きです。
不快に感じることもあるけれど
それを、つきつめて
気づく、この感覚が好きです。

ただ、その後に、どうするかは別としてです。

人に指摘されたり、言われたりすると

嫌だなと思こともあります。

でも、半年、1年過ぎてくると
それを試してみようかな、と思えたりもしてきます。
ホットクックも、入塾して1年してやっと納得して買ったし。
自分で納得してから、やりたい人かも知れないです。
騙されたくないと思っているような
でも自分に騙されてたりして…。

自己欺瞞という言葉は、普段使っていなかったけど
軸はたくさんあることですね。
自分の軸だけではないと言うことを、知っておくことは本当に大切です。
特に歳をとっていくと。
忘れないようにしたいです。

若い人が話を聞いてくれて
自分が、偉そうに話している時
ふと、この人は本当に聞いてくれているのかと
よぎることがあります。
自分の軸だけにならないようにしたいです。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

自分で見なくしていること、自分でゆがめていること

f:id:juneberry-miyatomo:20210531220154j:plainうちの夫は、病院嫌いで 

アドバイスしても、聞かないんです。 
自分で、事実をごまかしていますね。 
 
歯医者にもなかなかいかずに 
結局、歯槽膿漏になっているらしいですが 
もう、そのことには触れないです。 
 
でも、先月とってもいい歯医者さんを知ったので 
せっかくだから、現状維持ができるだろうから、と 
すすめているのに、いろいろと言い訳をして 
行かないです。 
 
私も、本当は良くなってほしいけど 
本人が行かないのを無理矢理にはできないので 
人のことだからと、気持ちを切っていたのですが 
 
いいお医者さんが出てきて 
すすめてしまったばっかりに 
せっかく良いことをすすめているのに 
そして、その通りにならないことにイラッとしています。 
 
イラッとしたくないから、放ってあったのですが…ね。 
 
もう、本当に面倒くさいです。 
 
でも、私も自分自身の間違いには気づきにくい。 
そういう私も 
基本的に、あまり他人の意見を聞かないです。自分で決めます。 
 
家族では、息子が一番痛いところをついてきます。 
さすが、私をよく分かってるな、と思います。 
 
あと、母について… 
私の心の底に 
かたくなに、母が悪かったと思いたい気持ちがあるんですが 
昨日たまたま、ツイッターで見つけて 
読んだ本 


「死んだら生きれない 50円玉2つからの波瀾万丈復活逆転人生劇場」 
幸坂ゆうあ


 
幸坂ゆうあさんが、母親に対する自分の考え方を 
あまりにも赤裸々に書いていて、びっくりしました。 
そして、おもしろい。 
 
自分史を書くことで、事実をもう一度捉え直していて 
事実が、だんだんとゆがめられていった背景や 
自分がかわいそうだと思われたい気持ちなど、いろいろ 
幸坂さんの波瀾万丈にはかなわないけれど、考え方は一緒だなと思って 
おもしろく読ませてもらいました。 

まだまだ、続編があるようでした。
 
私も毎日思ったことを投稿していますが 
こうやって、自分の考えを棚卸することって 
ゆがめられている事実に気づくこともあって 
大切だな、と感じています。 
 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com