家族の食生活考えると、モヤモヤした1週間でした

f:id:juneberry-miyatomo:20210228162656j:plain「科学者たちが語る食欲」より

今週は、うちの家族のモヤモヤ感について
色々と吹き出してしまいました。

家族の中でも
私が、食事に気をつけているタイプとすれば

次男は、3食きちんと食事を摂るタイプ

長男は、食事を取らずに、間食をメインにしがち…

夫も朝食抜きで、加工食品へのハードルが低い…

なかなか、この価値観の違いを埋めることが難しいです。

話すと
表面的には理解してもらえますが…。

実際の生活になると
夫もインスタント物や加工食品を、買ってきてしまいます。

「なんで買ってきたん?」と聞くと
「みんな食べるやろ?」と…。

だ・か・ら、

家に置きたくないということが
なかなか伝わらないのが、もどかしい。

結構、言っているつもりだけど
子どもの頃からの食生活って影響が大きいかも…
と感じて、モヤモヤしています。

今週1週間、考えてしまいました。

ちょっと、ディスってしまいましたが

コメントももらいながら
どこの家族も悩みは同じなようで、ちょっと変な安心。

思った通りに、上手くはいかないですね。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

タンパク質の取り方 間食ゆで卵

f:id:juneberry-miyatomo:20210227180235j:plain
「科学者たちが語る食欲」より

タンパク質の量と、タンパク質の割合を混同しそうになります。

結局、間食を減らすことで
その割合を上げていくという方法が簡単ということですよね。

私は、タンパク質の割合が少ないと以前言われたことがあるので
タンパク質を意識して摂るように、していました。

「間食で食べられるタンパク質があったらいいのに…」と思っていました。

考え抜いた結果
帰りに小腹が空いたら、帰り道のドラッグストアでゆで卵を買います。
コンビニにもありますが
ドラッグストアに入っているメーカーの方が半熟ぽくて美味しいです。
(この美味しさにも何かが入っていたりして… 汗)

それで、帰りの運転しながらぼちぼち食べています。
仕事帰りの疲れた中年女性が、ゆで卵って
なかなか、シュールな感じですかね…。

でも、最近は売り切れになっていることもあったり
コンビニでも、結構置いてあったりするので
それなりの需要があるのだな、と感じながら
他の人は、どんな時にゆで卵を買うのだろう?
といつも疑問に思っています。

あと
おかずではなく、間食用に
加工食品のプロテインが配合された、ささみ肉が
手軽に食べられるタイプになったものも試しましたが
見るからに、添加物が多そうだったので、1回試した切りです。

今のところは、帰宅時に車中で食べるものは
ゆで卵、バナナ、アーモンド、ドライフルーツですね。
(ゆで卵以外は持参です)
タンパク質を手軽にっていうものは
あまりないですね。

 

食欲? もはや食欲ではないのでは?

f:id:juneberry-miyatomo:20210226205011j:plain

「科学者たちが語る食欲」より

子どもの頃の味覚と言えば…
夫とは、食べるものが違うと感じることが多いです。
超加工食品好きです。

息子たちも、今は超加工食品を好きですが
私にも、そんな頃があったし
息子たちは小さい頃には、食べていなかったので
時が来れば戻ってくるかな、と思っています。

超加工食品のトランス脂肪酸について、私が知ってから
とりあえず、マーガリンを買うのをやめました。
それぐらいしか、できていませんが

残念ながら
息子たちは、マーガリンの入ったロールパンが好きなようで
自分で買って、食べているのを見ると
気になっているマーガリンについては
ひとこと言いますが、そこまでです。

親の言ったこと、っていうのは
なかなか入らないので、同じことでも
友だち等の、親以外の人から聞くと
心に響くのだろうに、といつも思っています。
(そういうことがよくあるので、その時を待っています)

でも
今、健康に良くないと思われるモノを作っている会社も
はじめは、それほど害があるとは考えていなかったと思いますが
(思いたいですが)

利益を追求するあまり
低タンパク、低食物繊維のものを意図的に作って
人為的に、人をとりこにしているか…と考えると
ちょっと、怖くなりました。

規模が大きくなると、見えなくなるモノってあるんでしょうか。
きれいごとかも知れませんが
企業理念って大切だと思いました。それは、御用学者も同じです。

ここまでくると、もはや食欲の範疇というよりも
金銭欲になっていて、その中で
私たちの食欲がコントロールされている図式を、とても怖く感じます。

結局、自分の身は自分で守ると言うことが大切なんだ
と言うことが、よくわかりました。
情報を取捨選択することが、一番難しいですが
自分で情報を精査して…ですね。

 

ジャンクフード好きな年齢かなと思って

f:id:juneberry-miyatomo:20210225194526j:plain

「科学者たちが語る食欲」より

一応、家庭では家族の食事をつくるので
食べるものには、気をつけてはいましたが
息子たちが、大きくなってくると
自分でインスタントのカップ(?)焼きそば(UFOとか…)などを
自分で買ってきて、食べています。
そういった、いわゆるジャンクフードが
食べたいようです。
ある程度は仕方ないか…と思って見ています。
本人が情報としてもっておくことが、必要かと思っています。

人間は、火を手に入れたり
農耕をするのようになったり、工業が発展したりすることで
豊かな暮らしになったという面だけを
今まで、見てきていたように思いました。

生活が安定して、一見豊かになっていくことが
食欲システムを破壊していたとは、考えたこともなかったです。

日々の食べ物が安定して手に入らなかった時とは、まったく違った
何でも手に入ってしまう、今の環境の中で
何が危険なのかという、判断材料は
情報をもっているかどうかかな、と感じました。

一応、息子たちには加工食品や添加物などの話をしますが
職場のあまり関わりのない人が、カップ麺ばかりを食べていても
それに対して、何も言いません。

そういったことを言ってくれる人や
がいることは、大切ですね。
息子たちに関しては、その時は、すぐに変化がなくても
どこかで、違いは出てくると思っています。

私は、アイスクリームが大好きなんです。
ハーゲンダッツは、一応無添加ということなので(という理由で)
いつも食べています。笑
美味しいです。
息子たちは、他のモノがいいようです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

現代人が求めているものは・・・

f:id:juneberry-miyatomo:20210224194426j:plain
「科学者たちが語る食欲」より

タンパク質15%の食事を、人間も知らない間に選んでいるということ。
とても不思議な感じです。
私もそうかな…と考えてみました。

私は、焼肉が大好きで
焼肉を食べに行くと
お肉ばっかり、食べています。
お肉を食べると、元気になります。

でも、毎日お肉ばかりを食べているのではなくて
確かに、焼肉を食べに行った次の日には
ちょっと、タンパク質を控えるような感じが
自然に出てきます。

無意識のうちに、バランスを取っているみたいですね。
(胃の負担を考えて居るのだと思います)

そして
高タンパクだと繁殖に強い。
低タンパクだと寿命が長い。

今の時代に、より求められるのは、低タンパクかなと思いました。

ちょっと疲れている時なんかは
昔から「精のつくモノ」を食べるように言われますが
肉やウナギなどのタンパク質が多いものが、活力が出る
ひいては、繁殖に有利だ…ということを
何となく、人間は昔から知っていたんでしょうね。

と言うよりも、私たち現代人が知らないだけで
昔の人の方が、体感して、よく分かっていただけかも知れないですね。

現代社会を生きている、今の私たちにとっては
繁殖ということへの執着心は、ずいぶん薄くなってきているので
低タンパクで、食物繊維をたくさん摂って、寿命を長く
小太りくらいで…
がいいように思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

自然界から離れすぎて、食欲システムの発動が…

f:id:juneberry-miyatomo:20210223123450j:plain
私は、知人と食事に行くことは大好きですが

それは、食欲というよりも
美味しいものを、仲のいい友だちと食べたいから、そういう機会が好き
という思いが強いのだと思いました。

食欲について、考えていたら
私は、自分一人の時には、あまり食欲がわかないことに気づきました。

一人で外出していてお昼時に、足が疲れていたら
周りのレストランや定食屋に、入って食べることはありますが
もしも、疲れていなかったら、食べなくて、ブラブラしています。
あんまり、お腹が空いた感がないというか
空腹感があっても、なかったことにする感じです。

カロリーメイトソイジョイでも十分、みたいになってしまいます。

独身時代、一人暮らしをしていた時には
それが顕著に現れてしまって、家での食生活は貧相でした。
自分のために何かをするという気持ちが、薄いというのは
こういうところにも、現れてくるのだと思ったことがあります。

野生の動物たちが、バランスよく栄養を摂っているのが
繁殖に有利だからというのなら
私は、自然から離れてしまって、本当に食欲システムが発動できなくなっている
現代の人だな、思いました。

でも、ちょっと矛盾しているのは
食べ物に関しては、結構こだわっていて
私は、胃腸が強くないので、胃腸炎にならないように
食物繊維や発酵食品、胃に負担のかかるものは控えたりもしています。

放ったらかしのようで、気を遣っているようで
自分でもわかりませんが、こだわっています。

とりあえず、家族がいるので
ひとり暮らしの頃のように、今は、食事を疎かにすることはありませんが
もとは、疎かになるタイプなので
歪んだ食生活を送らないように、気をつけたいと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

You are what you eat

f:id:juneberry-miyatomo:20210222203927j:plain
意識していなかったのですが 

結構、食べ物に関しては、いろいろと試してきました。
あまり、流行ったモノはやっていませんが
自分で見つけた、いいと思ったモノを試している感じです。

私はタンパク質の摂取が少なすぎました。
老人のような食事、粗食をしていました。
で、タンパク質を意識して食べるようになり
元気になったタイプです。
本当に、食べ物の割合って大切だと思っています。

私は、5時前に起きて、朝ご飯を食べて
6時前に家を出ます。
そこから、1時間半運転するのですが 


去年、転勤してすぐの頃には
家を出て、30分過ぎてくると眠たくなっていました。
それには、睡眠不足もあったと思いますが
「血糖値スパイク」 もあるのではないかと、医師に指摘されました。

運転中には、とても危ない状況になるので
朝食は、タンパク質を中心にしています。
それで、結構マシにはなったと思っています。
血糖値を安定させることの大切さは、よく分かりました。

たまに、朝食で缶詰の魚を食べることがあるのですが
味付けだと、結構な砂糖が入っているようで
運転中に眠たくなる日があります。
長時間運転するようになって、とても糖分に敏感になりました。

炭水化物に関しては、玄米を発芽させて発酵させる
(発芽発酵玄米、寝かせ玄米ともいいますが)
を食べています。5年くらいになりますが、調子がいいので続けています。

食欲に関しては
ストレスで食べてしまう時期も、若い頃にありましたが
最近では歳のせいか、ストレスがかかると
逆に、食べられなくなってしまうので
そうなると、カロリーの高いモノを少量でも、食べるようにしています。
ストレスと食欲って、つながっているのだな、と感じます。

健康については、まぁまぁ意識が高い方でしたが、何年か前に

「You are what you eat.」(あなたはあなたの食べたものできている)

という有名なことわざを知って

すごく自分の中に落ちて
食べるもを、しっかりと考えないといけないと感じています。