自分からのフィードバック

人って、自分自身を受け入れることが
一番難しいんだろうな、と思います。
特に、できないことや上手くいかないことは
人のせいにしたいし、考えたくもないし…

私にも、先送りにしている課題があるので
大きなことは言えないのですが
真摯に受け止めることって、本当にハードルが高いです。

でも、目標がそこになければ
ハードルを越える必要はないのですが
そんなことを、すぐに考えてしまう私の脳も
楽をしたいのかも…それは、わかりません。

自分自身からのフィードバックでも
グサッとくることが、昔ありました。

今思えば、中学、高校時代の私は
モヤモヤと考えていることを、誰にも言えず
日記という形で、自分の外にアウトプットすることで
ストレスを解消していました。
読み返せるような、楽しい日記ではないんです。

もやもやを、どんどんと書きすすめていくうちに
当時の、親への反抗の気持ちは
私の「親にかまってほしいと言う気持ち」から
きてるのではないか・・・?
と言うことまで、たどり着いてしまって
思わず、ノートを閉じてしまいました。

自分では、認めたくない現実だったので
それから、何年かは
そのことに、触れないようにしていました。

今では、こういった思春期の心理は
当たり前に、知られていることですが
その当時、中高生だった私にとっては
自分の中のパンドラの箱を開けてしまったような感覚でした。

そして、それを直感的にも
真理だと、自分で感じてしまったから
それ以降、そのことが受け入れられるまでは
そのことに触れられなかったんですね…

客観的なフィードバックは
時によっては、自分でもできるんだと思いました。

35年くらい前の話ですが
その頃の私、書くことだけで
よくそこまで、自分でたどり着いたなぁと思います。
それだけ、必死だったんでとは思いますが
一生懸命さが、自分ながら可愛いく思えます。

鏡好き

今日は、鏡について語りたいです。

なぜか、私は鏡が好きで
と言っても、鏡なら何でもいいわけではなくて
アンティーク風の鏡が好きです。
風です。

鏡が好きというよりも、額縁が好きだと思います。
鏡だけだと魅力はないです。
高校生の頃に買ってもらったモノから
好きだと思うものがあって、値段と折り合いがつけば
ちょこちょこ買っています。

映った自分も、見るかもしれないですが
実はそれは二の次ですね。

絵も、どちらかと言うと額縁が好きです。
なんで縁が好きなのか、わからないです。
なんか、落ち着きます。

私の上質世界

つい書いてしましました。

熟睡するための工夫として

ここ何日か、すこし仕事が忙しくて仕事帰りに

打ちっぱなしや、スクールに行けませんでした。

それで、私が気づいたこと。
あまり熟睡できていない気がします。

少し、古い言い方なんですが…
打ちっぱなしへ行った日は
家に帰ってから、バタンキューでした。
身体は、普段より疲れているハズなんですが
熟睡できている感が、あります。

それが
今週は、仕事が忙しくて、疲れて
そのまま、どこにもよらずに帰っていますが
あまり、疲れが取れてない気がしています。

アプリ的には、あまり変化はないのですが
やっぱり、ちょっとでも身体を動かすことは
睡眠に、すごく大きく影響するんだな…
と、改めて感じています。

だから、熟睡するために
帰りにちょっと寄る、というのもいいな
と思っています。

ネガティブフィードバックの中から…

今思えば、
私は、ネガティブフィードバックの中で
育った気がします。
それは、家族もそうだし、習いごとでも
師匠に学ばせていただく、的な感じで
教わる時には、できていないところの指摘
ダメ出しが、主でした。
当たり前と言えば、当たり前です。

だから、ネガティブフィードバックに慣れすぎていて
すべての、ネガティブな意見を
真に受けてしまう、傾向もあります。

反面、メンタルさえ強ければ
ネガティブフィードバックさえ、潰していけば
良くなっていくしかない、とも思っています。

だから
「ネガティブフィードバックをよろしくお願いします!」
という感じになります。
Mっ気があります。笑

そして、たまに
ポジティブフィードバックをもらってしまうと

「きっと、裏があるんだ」とか
「お世辞ばっかり言って…」とか

まず、ポジティブな評価を
素直に受け止められないという
ひねくれたことに、なっています。
だいぶ、マシになりましたが
ホントに、めんどくさいことです。

言葉からくるイメージ


フィードバックという言葉のイメージが
私の中で、若干ズレていたことに気づきました。
アドバイスをもらって修正する…みたいなイメージでしたが
なぜか、人が介しているもの
のような、気になっていました。

睡眠時間のフィードバックは
普段なら目に見えないモノのなので、大きいです。
2年半ほど続けていますが、年単位で見返してみると
2年前よりも、月の平均で
1時間は、睡眠時間が増えていました。
もちろん、得点もよくなっています。

日々、見ているので
最近、コンスタントに睡眠時間が増えてきたなと
感じてはいましたし
なんとなく、身体の調子がいいな、と
実感していましたが、年単位で見てみると
その違いがよくわかりました。