20年経つと、微差が微差でなくなっている

f:id:juneberry-miyatomo:20210926085411j:plain

運転中の眠気問題。ちょっと書きたくなりました。

3年前、転勤した当初、私も運転中の眠気が怖くて

まず、市販のカフェイン錠剤を飲みました。

確かに、目が目がパッチリですが

私には、それがキツすぎたようで、夜も眠れなくなりました。

「これはダメだ」と思って

次は「眠眠打破」を飲みました。

夜になるまでには抜けている感じでしたが

明らかに、毎日飲んで身体に良いものではない、と思い

「どうしたものか…」と考えて

次は、カフェイン多めの缶コーヒー。

私はもともとカフェインに弱くて(普段飲みません)

以前から、コーヒーを飲むと夜眠れなくなっていたのですが

運転中にすぐに効いてほしくて、即効性の点でちょっと不安だったのですが

コーヒーでも行けるようになりました。

また、ちょうどその頃、コロナ第一波で

自宅待機があって、慢性的な睡眠不足も解消され

交通量も減って渋滞もなくなり、リセットできて生活が楽になってきました。

あの頃は、本当に身体に悪い生活をしていましたね…

わずかなこと、と言えば

30代で主婦だった頃、優雅な主婦生活でもなかったので

お金捻出するのか、の話題が多かったことを思い出しました。

フリマ(その当時はほぼリアルのフリマ)でどう売上を上げるか

場所代を考えて、フリマでの売り方の研究してました。

半日程度のフリマで、1万円売り上げがあると、とても嬉しかったです。

それ以外の話題では

「最近、太り出しているけど…」とか

「この後、ゆくゆくはどこで働けばいいか」とかの話をしながら

でも、その答えを誰かが持っていて

いいことをたくさん教えてもらいました。

話の内容的には、小さなものですが

それなりに真剣に考えていて、楽しかったです。

主婦時代は先が見えなかったので、とても不安で必死でした。

で、何が言いたいかというと

そこから20年経って、言ったことを続けて実現していく人と

そうでない人に分かれるということ。

ずっと自分の軸を持って、進んでいる友だちは

すごく儲けているとか、すごく成功したとかではないけれど

後悔なく進んでいるように感じます。

30歳の頃から20年経って、ドルコスト平均法と同じように

その20年生きてきた日常での、刺激をどう複利にしていくかで

とても大きな違いが出ていると感じています。

50代になると、色んな意味で差が出てきて、それが見えてくるように思います。

見た目とか、年収とかでなく、後悔のない人生っていう感じ…。

「どんどん失うものは時間と若さ」

今、この言葉を実感していて、先(終わり)が見えてきたから

成果ってすぐに出ないことも、経験しているから

「早くやらないと後悔する」という思いが、とても強くなっています。

20代、30代では、あまりピンとこないかも知れないけれど

本当に、日々の微差が生き方になっているんだなと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

気がつけば、プロセスを好きなことに寄せている

f:id:juneberry-miyatomo:20210925091207j:plain私は、もともと読書は好きだったんです。
大人になってだんだん読まなくなっていました。

それでも、講演会のCDとか、CDブックとか
耳から入る系は大人になっても、「〜ながら」で聴いていたんです。
やっぱり、耳から入ってくる情報が好きだったんですね。
(だから、そういうのたくさん持っています)

で、Kindle本の耳読を知って
片道1時間半の通勤時間が、楽しくなっています。
毎日、1、2冊の本があっという間に読める。

通勤が遠いことは嫌なのですが
実は、車に乗ると、行きも帰りもワクワクしています。
運転席に座って、何を読もうかなとセッティングしてからハンドルを握る。

もう聴き始めて1年半にはなるので
自分の中でのルーティーンになっていて、楽しいです。
人って、知らず知らずのうちに
自分の好きなこと(私なら耳から情報を得ること、勝間さんなら身体を使って作業ができることなど)へ
プロセスを寄せていくのかなと考えると
自分もそうなんだ、とちょっと関心しました。

ちなみに、試験勉強をしている間は、勉強時間がなかったので
通勤時間のKindle本は、泣く泣くお休みして
1日3時間もあるんだから、そこで試験系の本の読み上げやCDを聴きました。
(これは楽しくなかった…でも勉強時間になった、試験勉強として、ね)

そして、それを練習としてアウトプットしています。
これも一つのプロセスだな、と思っています。

いづれは、ちゃんと自分で考えたことを発信したいと思っていますが
今、手をつけられないので、できる範囲で
楽しく毎日やっていることを積み上げていけてるのかな、なんて思いながらやってます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

体力と健康の土台はやっぱり睡眠だと実感する

f:id:juneberry-miyatomo:20210924200511j:plain

夏季の休みや年末年始などで、何日か仕事のない日が続くと
本当に眠れる時間が多くて、身体が満足して
やっと、家事へのやる気が出てきます。
そういう時に「普段、疲れているんだな」と実感します。

先日まで、試験勉強をしていたのですが
やり始めると、どうしても眠たい、眠たくなる。
(ホントに身体が疲れていて眠りたい…)
平日の帰宅後も、休日でもやり始めると布団で寝転びたくなる。
慢性的な睡眠不足だな、と感じました。
だから、寝転びたくならないように考えて
最終的には、コメダ珈琲で勉強するスタイルに落ち着きました。

あと
以前から、体力がないとできないと思っていたことの一つが
ネットでIPOの申込をできるようにする手続き。
ちょっと、ネットを見ただけでは
しくみが分からないこともあって
チャットと電話で教えてもらって、できました。

若い頃から私は
「最終的には徹夜すればなんとかなる…」
というタイプでした。
でも、歳を重ねていくと、その手が使えないです。

3年前から勤務地が遠くなり、健康に気をつけて
生活の仕方を考えてきて
3年前の転勤当初よりも生活が改善された…
そして、体力も温存できています。

睡眠時間自体は、それほど変わっていないのですが
スマートウォッチでの睡眠の点数は、随分あがりました。
身体が楽になった感もあるし、本当に嬉しいです。
体力と健康は睡眠が土台だな、と心の底から感じています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

まず、仕組みを考えてみるといいのかも

f:id:juneberry-miyatomo:20210923072313j:plain仕事で問題が出てくる時は

仕組みが、ちゃんとできていないことが多いです…

私の仕事には、最終的には人と人との関係があって割り切れなくて
ちょっとした、それぞれの人の判断が間に入ると
その判断が人によって違って、その仕組みが使われなかったり
上手く働いていなかったり。

上手くいかないことの原因が仕組みがないことだとは
気づかない人が、意外と多いですが
そもそも仕組みがないところには
仕組みを作って、上手く利用してみんなが楽になればいいなと思います。

あと、私が小学生の頃のお話。
毎年夏休みになると、何日か家族で淡路島の親戚の家に行っていました。
そのお家は兼業農家で、軽トラが何台かあって
当時、田舎道で荷台に乗せてもらって、私たち兄弟はとても喜んでいました。

家の周りには、田んぼや畑、あと牛がいたりもして
散歩するだけでも、私たちにとっては新鮮で
ワクワクドキドキが、いっぱいだったんですが

おじさんやおばさんはいつも

「街の人は、よう歩くなぁ」と言っていました。

小学生の頃には、その意味がよくわからなかったですが
自分が郊外での車中心の生活になって
その言葉が今、身に染みています。

確かに普段の生活で10分歩くと思うと「嫌だな…」と思ってしまいます。
郊外の大型ショッピングセンターは、結局駐車場からの距離が遠いし
お店が広すぎる(無駄に歩く距離がある)
と言うだけでも、敬遠しがちになっています。
だから、買い物では駐車場とお店が近い
比較的小ぶりなスーパーへ行ってしまっています。

ただ、一旦街へ出ると
駅と駅の区間が近いので、ついつい歩いてしまいます。
大阪でも知っているところなら、つい節約して歩きますが
(モチベーション的には、健康よりも節約が勝ってますね)

京都は、街並みが碁盤の目でわかりやすいので

「この通りはずーっと行くと、あそこにつながっている」

とイメージできてしまうので
知らないところでも、ついつい歩いて、結構な距離になる時もあります。

最近は、一人で市街地へ出かける時には
ほとんどスニーカーを履いていますね。

それもある意味仕組みかな、と思いました。
仕組みがないと「楽したいな」と思う自分に負けてしまいますので。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

どんな人になりたいのか考えて、やっとやりたいことをやる

f:id:juneberry-miyatomo:20210922211109j:plain

私は50代になって、いろいろ回収できつつあるように感じます。
ちなみに「回収」の意味は(私の中だけですが)
今までやってきたことは、ムダでなかったと思えるということです。
どのような人になりたいのかが
40代後半から、やっと見えてきた感じがあります。

私の10代20代は
自分の考え方や思いが、合っているのかどうかが不安でした。
今考えると、合っているとかは無いんですけどね。

30代40代は、ある程度道ができても
そこで、どう生きるかについて悩みました。
例えば
「力を出し切らずに、給料泥棒の方が得なのか?」とか
「違うと思うことがあった時に、人に流されずにそれを言うのか?」とか

そうこう考えながら
やっぱり、いろいろ思うとおりにやりたい
と感じている50代です。
入塾も同じ頃なので、そこから加速しているイメージです。

でも、若い頃には、何になりたいのか(なにがしたいのか)が
自分でわからずにいました。
そもそも、それが、職業なのか、人としての生き方なのか
それも全部ごちゃごちゃになって、ややこしくて。

迷っている時には見えないけど、目標を据えると見えてくるものがあります。
対象が狭められて、具体的になって
進む方向が定まるので、進みが早くなる感じです。

だから、私は50代でやっと
これでも、やりたいことをやっている感じですが
どのような人間になりたいのか、目標が見えた人は
そこからどんどんと、加速できると思います。

職業ではなくて、どのような自分になりたいのか
自分の軸がしっかりともてたときに
仕事でも、家庭でも、子育てでも判断が楽になりました。
規準となる線ができたからだと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

自分1人でなかなか達成できないから人を巻き込んでいく

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちょうど、先日、公認心理師の試験がありました。
今の仕事に、直接の関係はないのですが、話の流れから
職場の人も受験すると知り、しかも、席の近くの40代の女性。
(お互いに時間のやりくりが難しいというところがあって)
私のモチベーションは、めちゃくちゃあがりました。

「負けたくない…」という思いが、私のどこからか出てくるんですね。
これは、プラスにも使えますが
常に人の目を気にして、人との比較をしている自分を感じます…。
これは私が勝手に、人を巻き込んでいるって感じですね。

人を巻き込むで思い浮かんだもう一つのこと。
私にとっての大問題、通勤時間について。

ちょうど2,3日前のメルマガで
職住近接環境、今までも、何度か読んでいたハズなのに
その日は、とても心に響きました。
今まで私は、この長時間通勤に関して
自宅近くへの異動ばかり考えていましたが、視点を変えた発想です。

以前、私が次年度の異動について「自宅方面にしてほしい」と
上司に意見を伝えたことから
最近は、上司が私の業務の負担軽減をしている様子がうかがえます。

それも手伝って「なんとかここで」との上司の意図を感じ
「異動じゃなくて、業務軽減、そっちか…」ととてもガッカリして
自分でも弱気になって、考えてたところでした。

そこへメルマガ。

職住近接はできなくもない。
でも、引っかかっているのは
私が平日に、他の場所に寝泊まりすることは
母としてどうなのか、家族としてどうなのか、そこに引っかかります。

その辺りの線引きが、自分でも曖昧で
どう考えられて、職住近接したのかが知りたくて、ご連絡しました。

ちなみに、上の息子は大学生で
下の息子は高3(←これはほんとうに申し訳ない、罪悪感あり)

じゃあ平日、家に帰ってから家事やってるか、と言われると
「できてない、やってない…」「それってどうなん?」って感じで
同じところを、ぐるぐると回ります。

とにかく、お話を聞かせてもらって
自分のすすむ道の参考にさせてもらいたい、と思っています。

自分の中で線引きできずに、モヤモヤしているものを
上手く整理できたらいいな、と考えています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

私はいつ決意しているんだろうか、私の決意って何だろう

f:id:juneberry-miyatomo:20210920062124j:plain

いろいろ思い巡らしてみて
私は決意をあまりしないな…と思いました。

決意したことはやる、やり抜くみたいな感じかな…

そう言うと、すごくできているみたいだけれど
そういうことではなくて

決意って、口に出すかどうかなのかな。

考えていて気がついたのですが、私の中に

「口に出したことはやり切る」
→「いやいや、やり切らなければならない」

という恐ろしい方程式みたいなのがあるみたいで
口に出すのは、よっぽどのことになっているようです。
怖い…。

だから、口に出すかどうかは
できるイメージを持ってから「決意する」と
用心深くなっているようです。

私にとっては
「やりたいな」「なりたいな」と思ことが
サポメでいう、決意だけシンドロームと似ているかと思いました。

それで言うと、今のところ
「そのうちYouTubeしたいな」
「次の生き方になるモノの勉強をしたいな」です。
(↑これもちょっと具体的になってきましたが、口に出すことは私とって恐ろしいので
ちょっと置いときます)

で、確かに目的地が明確になると
そこへの道を、ちょこちょこと毎日探しながら
環境を作っていく感じです。

これには結構、時間がかかります。
だから、側から見ると、めっちゃくちゃ時差があって
ある日やり出す感じ。

毎日、目的地に向けて、無理せずちょこちょこ考えていて
自分に合ったモノがピッタリときた時に
無理なく始める感じが理想です。

自分の生活に支障がなくできる、続けられるところを最優先に考えると
道が見つかるまでに、どうしても時間の流れがゆっくりになってしまいます。

実は、入塾当初から「YouTube」はとても興味がありますが
どうしても、顔出しなしでやりたくて

それに向けて、ミー文字(顔アニメ)とか声だけとか
いろいろ思考はしてるのですが

やりたいと思えるところと、ピタッと来ないので
探し中って感じです。
パズルのピースを探している、それが出てくるのを待っているイメージが
近いように思います。
(また、顔出しなし、何かいい案があれば、教えてください)

それと、来年初めにスマホの機種を新しくする予定で
その後になるかな、くらいのイメージはもっていますが
残念ながら、最優先事項は、顔出しなしなので
ずっと、そこを考えてますが…。

でも、なんやかんや言って
私は自分でも、いつ決意をしているのかわからないですが
決意していないのかも知れない、とも思いました。

決意と言わずに「やること」と「それ以外」に分けているだけかも。

もしかしたら
小さい頃に口に出して、やらないことがあると
責められたのかも知れないですね。

話は変わりますが
私も若い頃、小型船舶の免許を取りました。
何度か更新しましたが、使わないので更新しなくなりました。
一応、昔から「やりたい」と思ったことは、やってきているようです。

勉強しながら、職住近接環境を考える

f:id:juneberry-miyatomo:20210919202529j:plain書きたい気持ちいっぱいだったのですが、なかなか時間に折り合いがつけられず、2ヶ月弱、投稿をお休みしました。

今日、第4回公認心理師試験が終了しました。仕事と長距離通勤とで時間が取れなかったのですが、その中で試験勉強しながら、いろいろ考えてました。

職場を動かしてもらえないだろうか…という考えが、今までは中心でしたが、もし来年の春に異動がなければ、私が動くのも視野に入れようか…(これは私一人の意見で家族には言っていない…)なんて考えたりもしていました。

ちょうど、職住近接環境へ変えられた方のお話があったので、参考にさせていただきたいとご連絡したところ、お話がうかがえることになりました。どうなるかわからないけれど動いてみるもんですね。

男性はよく単身赴任されるのですが、どうしても、女性の職場って遠くても家庭があって我慢していることが多い気がしています。

でも、これは自分の中の、母としての罪悪感もあります。どうしていくのがいいのかはわからないけど、色々な人のお話をうかがって、考えていきたいと思ってます。

大好きな読書も復活できるので、そちらもぼちぼちやっていく予定です。

また投稿していきます。よろしくお願いします。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com