本のご紹介「代体 」角川文庫 山田宗樹

感想

100年法からさらに、身体と意識を分けて考える思考に…。


ある訳ない…と思い読みながらも、もしもあったら…

と想像してしまっている自分に気づきました。面白い。

子どもの頃に自分の身体から離れてしまった意識は

子どものまま、その頃に関わってもらえなかったことや、甘えられなかったことを持ったまま

本当に子どものまま、何年もの時を過ごしていたように感じられた。

内容(「BOOK」データベースより)

体から意識を取り出す技術が確立された日本。取り出した意識を一時的に宿らせることができる人造の人体は「代体」と呼ばれ、急速に普及しつつあった。そんな中、代体を使用中に失踪した男が、無残な姿で発見される。意識はどこへ消えたのか?空となった汚れた代体が、代体メーカーの営業マン・八田輝明を、利権と思惑が絡み合う狂気の渦に巻き込んでゆく。行き過ぎた科学が倫理を侵食する世界を描く、衝撃の近未来サスペンス。

著者について

●山田 宗樹:1965年愛知県生まれ。筑波大学大学院農学研究科修士課程修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事した後、『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化される。2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテット』など。

本のご紹介「100年法」上・下山田宗樹

上 読み終わるまでの平均的な時間(6時間5分)

下 読み終えるまでの平均的な時間(6時間8分)

感想

長編の小説の面白さを感じた。

山田さんの作品を続けて読んで、世代を超えてのストーリーって壮大さを感じる。

そして、人類が不老不死を手に入れた世界の話、死という概念が無い中での人間の思考…

私たちは生まれた時から、年老いた先に死があることで、今、この年齢で何をすべきか、を考えていると思った。

これが、永遠に続く生命だと、どう思うのだろうか

生きていることへのありがたさがなくなるのだろうか

幸せであっても、小説の中にもあるような

生かされていることへの苦しみが出てくるのかも知れないと感じた。

終わりがあるから、生きていることが尊いのだろうと感じた。

内容(「BOOK」データベースより)

不老化処置を受けた国民は処置後百年を以て死ななければならない―国力増大を目的とした「百年法」が成立した日本に、最初の百年目が訪れようとしていた。処置を施され、外見は若いままの母親は「強制の死」の前夜、最愛の息子との別れを惜しみ、官僚は葛藤を胸に責務をこなし、政治家は思惑のため暗躍し、テロリストは力で理想の世界を目指す…。来るべき時代と翻弄される人間を描く、衝撃のエンターテインメント!  –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山田/宗樹
1965年愛知県生まれ。98年に『直線の死角』で、第18回横溝正史賞を受賞。2003年に発表した『嫌われ松子の一生』は、映画、テレビと映像化され、大ヒット作となる。2013年、本作で第66回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

本のご紹介「嫌われ松子の一生(上)(下)」山田宗樹

(上)・読み終えるまでの平均的な時間(4時間25分)

(下)・読み終えるまでの平均的な時間(6時間20分)

感想

松子の一生をドキドキしながらたどりました。

とっても長いお話でしたが

読みすすめながら、主人公と一緒に松子さんに対する思いもだんだんと変化してきました。

小説なので波瀾万丈があって当たり前だけれど、そんな一生にもどこか憧れる気持ちがありました。

教員をやっていた松子が、普通の生活という言葉からかけ離れた生活を送るようになって、生活的には大きく変わってしまうことになったけれど、どんな生活をしていたとしても、松子自身が求めていたものは松子を受け止めてくれる人だったんだろうな、と思いました。松子が好きかどうか、愛しているかどうかというよりも、相手が松子を必要としているかどうか…。

小さい頃の父親に振り向いてもらえなかったような思いが、ずっと生きていたのかなと感じました。

とにかく、右へ左へと大きく気持ちを揺さぶられながら、松子の一生を巡ることができました。

内容(「BOOK」データベースより)

三十年前、松子二十四歳。教職を追われ、故郷から失踪した夏。その時から最期まで転落し続けた彼女が求めたものとは?一人の女性の生涯を通して炙り出される愛と人生の光と影。気鋭作家が書き下ろす、感動ミステリ巨編。