本のご紹介「対岸の彼女 」文春文庫 角田光代

感想

女子の心を、とても上手く表現した作品だなと感じた。

葵は少女の気持ちが純粋なまま、大人になったように感じた。経営者になっても、手放せない少女の頃の思いや、その仲間の感覚を社員に社員たちに求めた…それだけだったけれど立場が違うとなかなか通じない。

中高生の頃は、後から思えばとても多感な感受性豊かな時代で、相手のために無償で尽くし、無償で尽くせる気持ちがあっただろう。そのまま、その気持ちを持ち続けている葵に私は魅力を感じた。

内容(「BOOK」データベースより)

専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが…。結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。  –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

角田/光代
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年『幸福な遊戯』で第9回海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で第18回野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で第13回坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年第46回産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年第22回路傍の石文学賞を受賞。03年『空中庭園』で第3回婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で第132回直木賞、06年「ロック母」で第32回川端康成文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

本のご紹介「坂の途中の家」朝日文庫角田光代

読み終えるまでの平均的な時間(8時間23分)

感想

裁判員裁判で虐待事件にかかわる主婦が主人公。

私は、子育て中のしんどさを思い出し、読んでいて怖かった。この分野は心理サスペンスと言うんだ…。

事件を紐解きながら、自分が子供に行っていることや、夫との在り方、義母との関わり方を照らし合わせ、だんだんと自分を見つめ直していくプロセスが、なぜか怖く感じた。

きっと、これは子育て中の私の心理と被っているところが多かったから、入り込んでいたんだと思った。

虐待事件にならないまでも、言うことを聞かない小さな子どもへの対応についての悩みごとは多かれ少なかれ母親なら感じることなのかも知れないが、私の心の深くに入り込んでくるものだった。

主人公が自分の生き方を見直したように、私はちょうど20年ほど前に家庭内で行き詰まっていた頃の、あまり思い出したくない子育ての思い出を、棚卸しできたような気分になった。

内容(「BOOK」データベースより)

刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子供を殺した母親をめぐる証言にふれるうち、彼女の境遇に自らを重ねていくのだった―。社会を震撼させた乳幼児の虐待死事件と“家族”であることの光と闇に迫る、感情移入度100パーセントの心理サスペンス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

角田/光代
1967年神奈川県生まれ。90年「幸福な遊戯」でデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。現在、『源氏物語』の完訳に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「薄闇シルエット」角川文庫 角田光代

f:id:juneberry-miyatomo:20211123124952j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間59分)

感想…

女性の生き方について、物語を通じていろいろ考えました。

誰の人生も正解があるわけではないし「その人はその人になっていくしかない」この言葉が突き刺さった。女性って子どもを産むことや子育てすること、対等に仕事を考えないといけないようなところがあるような気がして…私の母親が専業主婦だったから、働いていることへの後ろめたさが私あったことを、改めて思った。

どう生きても、後ろめたさはないはずなんだけれど、心の奥に何かしこりがあるようなことを思い出しました。

内容(「BOOK」データベースより)

「結婚してやる。ちゃんとしてやんなきゃな」と恋人に得意げに言われ、ハナは「なんかつまんねえ」と反発する。共同経営する下北沢の古着屋では、ポリシーを曲げて売り上げを増やそうとする親友と対立し、バイト同然の立場に。結婚、金儲けといった「ありきたりの幸せ」は信じにくいが、自分だけの何かも見つからず、もう37歳。ハナは、そんな自分に苛立ち、戸惑うが…。ひたむきに生きる女性の心情を鮮やかに描く傑作長編。

著者について

1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞を受賞。

あしたはうんと遠くにいこう(角川文庫)角田光代

f:id:juneberry-miyatomo:20211030154128j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間18分)

感想…

物語の中に、少女の頃から恋愛を重ねながら、成長して行く?様子が綴られていました。そして、その中にあるどうしようもできない気持ちを共感できるところもあって、心をちょっと突かれたような気がしました。

だれかを好きだという気持ちの出所はいったいどこだ。嫌な点や食い違っている点を幾つあげても嫌いになれないのはなぜだ。私じゃない、だれか、たとえば神様みたいな人が、そう仕向けているに違いない。

嫌な点が見えるのに、好きでいることってあります。好きな気持ちの出所はどこか、本当に不思議に感じます。

出版社からのコメント

幸せになることを夢見る女の子の恋愛生活15年を描く連作小説  あたしはいつか、この小さな場所からどこかへ出ていくことができるのだろうか。……そうつぶやく泉は、田舎の温泉町で生まれ育った17歳の高校生。東京の大学に出てきて、卒業して、働いて。今度こそ幸せになりたいと願って、さまざまな恋愛を繰り返しながら、少しずつ少しずつ明日を目指して歩く15年。同棲したり、アイルランド一人旅に出かけたり、宗教に凝ったり、ストーカーに追いかけられたり、親友の不倫問題で誘拐もどきまでしでかす。波瀾万丈の恋愛生活のはてに見えてきたものはなんだったのか。
 『東京ゲストハウス』『キッドナップ・ツアー』など、現代の若者のやるせない気持ちを等身大で描くことで人気のある角田光代の、これが初めての恋愛小説。「How sonn is now? 1985」に始まり、「Start again 2000」まで、すべてその時代の音楽にのせて語られるこの物語を読めば、きっと読者にも蘇ってくる風景があるはずです。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

泉は田舎の温泉町から東京に出てきた女の子。「今度こそ幸せになりたい」―そう願って恋愛しているだけなのに。なんでこんなに失敗ばかりするんだろ。アイルランドを自転車で旅したり、ニュー・エイジにはまったり、ストーカーに追い掛けられたり、子供を誘拐したり…。波瀾万丈な恋愛生活の果てに、泉は幸せな“あした”に辿り着くことができるのだろうか?新直木賞作家がはじめて描いた、“直球”恋愛小説。 –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

「いつも旅のなか」角田光代

いつも旅のなか (角川文庫)

いつも旅のなか (角川文庫)

 

 私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間25分)

感想…

小説の続きで、この本へたどり着きました。

小説のイメージとは180度違った角田さんのキャラクターが、滲み出た文章。とても面白かったです。

私はエッセイを読んだことがほとんどなく、先日、みうらじゅんさんのを読んで、衝撃を受けたばかりでした。

今まで、エッセイを読んでこなかったこと、本当に残念に思いました。心がつかまれました。

角田さんの文章の面白さ、その発想や比喩、表現が興味深く、情景が目に浮かぶ。

そして、ふっと笑えるような。とても気に入りました。

あの内容の作家さんは、こんなにもあっけらかんとした人間性なんだ…と言う驚きと、尊敬。魅力的で大ファンになりました。

内容(「BOOK」データベースより)

仕事も名前も年齢も、なんにも持っていない自分に会いにゆく。モロッコ、ロシア、ギリシャスリランカラオス、イタリア、ベトナム、ネパール、モンゴル、タイ、アイルランド、韓国、スペイン、キューバ直木賞受賞作家がこよなく愛する旅を綴った最新作。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

角田/光代
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。90年『幸福な遊戯』で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞を受賞。2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞受賞、2005年『対岸の彼女』で第132回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

 
 

家族に対する憧れを表していると感じました「幸福な遊戯 」角田光代

幸福な遊戯 (角川文庫)

幸福な遊戯 (角川文庫)

 

 私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間6分)

感想…

短編小説三篇でした。

共通するテーマは家族を求める心だと感じました。

家族に対し憧れをもつ主人公たち。それぞれが自分の憧れる家族を夢見ている。

そして、憧れが大きいあまりに、周りの人をコントロールすることになってします。

家族は、どうしても自分1人では作れないもの。

その家族ごっこの相手が、必要になります。

自分が子供の頃に育った家族というのが、普通かどうかはわからないですが、誰もが家族に対して、報われなかった思いをどこか持っているだろうと感じました。

家族についての憧れは、私の中にもあって、作り上げてたいと強く思っているところです。そう言った誰にでもある心の中にあるものを、上手く小説にしているな、と感じました。

内容(「BOOK」データベースより)

ハルオと立人と私。恋人でもなく家族でもない三人が始めた共同生活。この生活の唯一の禁止事項は「同居人同士の不純異性行為」―本当の家族が壊れてしまった私にとって、ここでの生活は奇妙に温かくて幸せなものだった。いつまでも、この居心地いい空間に浸っていたかったのに…。表題作「幸福な遊戯」(「海燕」新人文学賞受賞作)の他、2編を収録。今もっとも注目を集める作家、角田光代の原点がここにある。記念碑的デビュー作、待望の文庫化。

著者について

●角田 光代:1967年神奈川県生まれ。96年「まどろむ夜のUFO」で野間文芸新人賞、「キッドナップ・ツアー」で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞を受賞。著書に「恋愛旅人」「みどりの月」「空中庭園」「愛がなんだ」など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

角田/光代
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で「海燕」新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞を受賞。2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 
 

「笹の船で海を渡る」角田光代

笹の舟で海をわたる

笹の舟で海をわたる

 

 私が、Kindle本を耳読した本を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(5時間59分)

感想…

昭和の時代を紐解いていくような物語でした。

疎開先であったいじめも、許されることではないが、その時代背景や子どもたちの心境を考えると、やはり仕方がなかったことと言う言葉は使わざるを得ないんだろうか。

その疎開先でいじめられた小さな子どもは、自分の人生に復讐をしたかった。

好きなように生きられなかった小さい子どもにとって、自分の人生を自分の好きに生きると言うことが人生の復讐となりました。

それとは対象的に、自分がいじめていたかも知れないと思う主人公は、自分の価値観を信じ、変わることへの拒否感を持ち、自分を正当化する人生を送っているように感じました。

その中で、自分の子供たちをコントロールしてしまいそうになる主人公、子どもたちの自分とは違った価値観を受け入れられないところに、主人公が、夫にも自分の気持ちをあまり言えずに、自分の人生を一歩踏み出せずにきたところかと感じました。

内容(「BOOK」データベースより)

朝鮮特需に国内が沸く日々、坂井左織は矢島風美子に出会った。陰湿ないじめに苦しむ自分を、疎開先で守ってくれたと話す彼女を、しかし左織はまるで思い出せない。その後、左織は大学教師の春日温彦に嫁ぐが、あとを追うように、風美子は温彦の弟潤司と結婚し、人気料理研究家として、一躍高度成長期の寵児となっていく…。平凡を望んだある主婦の半生に、壮大な戦後日本を映す感動の長篇。「本の雑誌」2014年第1位。 –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

角田/光代
1967(昭和42)年神奈川県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。’90(平成2)年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。’96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、’05年『対岸の彼女』で直木賞、’06年「ロック母」で川端康成文学賞、’07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、’11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、’12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、’14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。