Kindle本のご紹介「ソバニイルヨ」(幻冬舎単行本)喜多川泰

読み終えるまでの平均的な時間(3時間38分)

感想

人の目ばかりを気にする中学生が、どんどんと変わってくる物語。なぜ勉強するのか…それは損じゃないのか…等、中高生の頃に一度は頭をよぎった質問たち。

今、子どもに問われても上手く答えられるかどうかは、不安。

でも、そういった内容を中学生がロボットと会話しながら、そのアドバイスを受け実際に経験し、だんだんと心が動かされ、自分の体験から納得していく様子がストーリーの中で上手く展開されていました。

本当に中学生や、ちょっと大人っぽい小学生に読んでほしいと思いました。

もちろん、大人が読んでも十分に楽しめました。

さすが、喜多川さんの作品だな…。

内容(「BOOK」データベースより)

勉強が嫌いで、周囲の目ばかりを気にして日々過ごしている隼人。さらに、些細な出来事がきっかけで、仲の良かった友達との関係がもつれ、孤立することになってしまった。ある日、自分の部屋に帰ると、そこには見慣れぬ大きな物体が。それは、長期間不在になる父親が残していったロボット・ユージだった―。  –このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

喜多川/泰
1970年生まれ。愛媛県西条市出身。98年、横浜市に学習塾「聡明舎」を創立。人間的成長を重視した、まったく新しい学習塾として地域で話題となる。2005年に作家としての活動を開始。その独特の世界観は多くの人々に愛されている。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』(13年に映画化)、など著書多数。また、多くの作品が、中国、韓国、台湾、ベトナムでも翻訳出版されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  –このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

「株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者」 喜多川泰

f:id:juneberry-miyatomo:20210923172513j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間54分)

感想…

タイムカプセルに入れた手紙のうち、住所が変わる等で渡せなかった人に手紙を届ける会社タイムカプセル社のお話。

人生をしっかりと正面から見ることって、日常生活の中では流されてしまい、いつの間にか避けていたり、仕方なかったと思い込もうとしていたりで、自分にちょっと嘘をついていること、私も思い当たるような気がしました。

純粋だった頃の自分からの手紙を大人の自分が受け取るというタイムカプセル。周りの誰かにアドバイスされるよりも一番心に響いたり、とても心に突き刺さって辛く感じたりしそうですが、自分からのメッセージと言うことで、それぞれの心の奥に染み込んでいくんだな、と感じました。

内容(「BOOK」データベースより)

夢をあきらめ、居候生活を続ける明日香のもとに、ある日、白いスーツに白い帽子、白い靴の、奇妙な2人組の男が現れた。彼らが差し出したものとは…感動のストーリーとともに人生の再出発への勇気を贈る喜多川泰、デビュー10年目の最高傑作。 –このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者について

喜多川 泰(きたがわやすし)

1970年生まれ。愛媛県出身。東京学芸大学卒。1998年横浜に学習塾「聡明舎」を創立。人間的成長を重視した全く新しい塾として注目を集める。
2005年『賢者の書』(ディスカヴァー)にて作家活動を開始。『君と会えたから…』『「手紙屋」』『「手紙屋」蛍雪篇』(以上すべてディスカヴァー)など続々とベストセラーを発表する。2013年には『「また必ず会おう」と誰もが言った。』(サンマーク出版)が映画化され全国一斉ロードショー。他にも『心晴日和』(幻冬舎)、『母さんのコロッケ』(大和書房)、『書斎の鍵』(現代書林)など、意欲的に作品を発表。その活躍は国内にとどまらず、中国、韓国、台湾などでも人気を博す。その独特の世界観は「喜多川ワールド」と評され、幅広い世代に愛されている。
執筆活動だけでなく、全国各地での講演や、大人が学ぶ「親学塾(しんがくじゅく)」を全国で開催し、たくさんの人の人生に多大なる影響を与えている。
現在も横浜の「聡明舎」で中高生の指導にあたっている。 –このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。
 

何になりたいのかでなく、どんな人間になりたいのか「賢者の書」喜多川泰

賢者の書

賢者の書

 

毎日、片道1時間以上の通勤時間を利用してKindle本を耳読しています。

読み終えるまでの平均的な時間(4時間29分)

感想…

自己啓発系の小説でした。

喜多川泰さんのこう言った本には、私はとても重みを感じています。

人生の中での経験には、失敗も成功もない。

全体の見えていない時に、それが必要でないモノとは分からないということです。

経験したものを、人生の1つのピースとして、受け入れる。

そして「何になりたいのか」を決めるよりも、「どんな人間になりたいのか」が大事だということ。その職業に就くこと自体が、成功ではないということを教えてくれました。

ビジョンは見るものでなく、自分で作るもの。

単なる知識として知っているだけではなくて、自らの生き方として、身についているものでなければ意味がないのです。

ビジョンをどこか見るものとしていた、頭でっかち気味だった私にとって、自分の生き方として身についているのか?と問いかけるきっかけをもらいました。

若い人だけでなく、人生を振り返る意味でも、面白い内容だと思いました。

毎日の暮らしと、思うようにいかない仕事に絶望を感じていたアレックスは、ある日、思い出の公園で14歳の少年サイードと出会う。サイードは9人の賢者と出会う旅を続けていて、この公園で最後の賢者と会うことになっているという。

アレックスはサイードの許しを得て、サイードの旅の集大成である「賢者の書」を読み始めた。そこには、サイードが14歳の誕生日を機にスタートしたさまざまな冒険譚と、賢者たちから学んだ最高の賢者となるために必要なエッセンスがしるされていて…。

人間は何度だって生まれ変わることができることを強く確信し、生きるエネルギーをもらえるファンタジー仕立ての自己啓発書。(Amazonより)

著者について

喜多川泰(きたがわやすし)

1970年東京生まれ。愛媛県に育つ。
東京学芸大学卒。
1998年、横浜に聡明舎を創立。
以降、生徒の能力を最大限に発揮する方法を求めて自己啓発の研究を続け、自ら執筆活動を始める。
著書に『君と会えたから……』『手紙屋――僕の就職活動を変えた十通の手紙』
『手紙屋 蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙』『上京物語』(以上、小社刊)、『「福」に憑かれた男』(総合法令出版)がある。 –このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。(Amazonより)

自分らしい最高の一生を送ってほしい「君と会えたから…」喜多川泰

君と会えたから……

君と会えたから……

 

Kindle本を耳読しています。

読み終えるまでの平均的な時間( 2時間16分)

 著者のあとがきには、「人間はいつ死んでしまうかなんてわからない」という、この本を書くきっかけとなった2つの体験が書かれていました。

明日が来ることを前提に、生きている自分がいるということでした。

この本では、若い人たちが生き方を考える上でのメッセージが込められています。

自分のこと本当に欲しいものを知る

夢を実現させる方法を知る

経済的成功の真実を知る

魅力溢れる人になる

手段を目的にしない

できないという先入観を捨てる

人生において決してできないことなどない

これらのことを、若い2人がストーリーの中で一生懸命に考えます。

ストーリーの中でも「どうやって生きていくか」そして「死んでいくこと」が描かれています。

歳をとった私にとっても、これからの10年に役立てたい、心に刺さる言葉だったので

これからの時代を生きる若い人たちに、ぜひ読んでほしいと思いました。

また、もうひとつ心に残った言葉

「人生において約束されていることは一つだけしかない。

それはいつか死ぬということだけ」だと。

これは、みんな知っていることではあるけれど

どこか忘れていることで、気づかないで、気づかないフリをして、過ごしていると感じました。

だから、この言葉は年齢関係なく、みんな1日1日を大切に、明日があるとは限らないということを、心にとめて生きていくことが大切だと教えられました。

www.3dpetshop.com

www.rakuten.co.jp

運を上げたいあなたへオススメの本「運転者 未来を変える過去からの使者」喜多川泰

Kindle本を耳読しています。

運をつかみたいと思う方へオススメの小説です。

読み終えるまでの平均的な時間(2時間51分)

「運」をつかむための不思議なタクシーのお話です。

いつもイライラした男が、タクシーに乗る度に少しずつ「運」の示す意味を理解できるようになり、読んでいるうちに、主人公と同じように偶然の中で生かされていることを改めて感じました。

運のはじまりと言うか、そのきっかけは、なかなか感じることはできない。あるものごとをきっかけに、後々、花を咲かせることもあれば、まったく素通りしていることもある…。

それが、それぞれの運命であり、偶然であり、その人の引き寄せるものなのだろう。

結局、運をつかむということは、どう言った形であっても、自分の望む将来に近づいていくことだ、と私は感じました。 

運がいいと思えること、意外と何気ない日常の中に、いろんな可能性があるようです。

運転者 未来を変える過去からの使者

運転者 未来を変える過去からの使者