本のご紹介「総理の夫」原田マハ

読み終えるまでの平均的な時間(7時間51分)

感想

今まで私が読んだ原田マハさんの作品と、テーマが違ったので、意外な感じがしました。

だから、読みすすめながらも

どんな最後になるんだろう…という思いがありました。

凛子のような総理大臣というよりも、凛とした女性への憧れと、本当にこんな総理大臣がいたらいいな…という気持ちになりました。

内容(「BOOK」データベースより)

20××年、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ…。凛子の理想は実現するのか?感動の政界エンタメ!

著者について

1962年東京都生まれ。関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、フリーのキュレーター、カルチャーライターへ転身。2005年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、作家デビュー。12年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞。著書に『キネマの神様』『星がひとつほしいとの祈り』『本日は、お日柄もよく』『暗幕のゲルニカ』『リーチ先生』など多数。

「異邦人」原田マハ

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(5時間15分)

感想…

読みすすめていくにつれて、主人公の美術に関する思いの深さと京都言葉のに囲まれた生活とが、とても心地よく入ってきました。

センスや感覚に忠実に生きてきた登場人物たちがたどり着いた先は、行き着くべくして行き着いたところで、そうなることが、昔から決められていたように思えました。

優しい雰囲気の中にも芯の通った原田さんの作品に心が揺れました。よかったです。

内容(「BOOK」データベースより)

「美」は魔物―。たかむら画廊の青年専務・篁一輝と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗画廊で、一枚の絵に心を奪われる。強い磁力を放つその絵の作者は、まだ無名の若き女性画家だったのだが…。彼女の才能と「美」に翻弄される人々の隆盛と凋落を艶やかに描く、著者新境地の衝撃作。

インディペンデンス・デイ 原田マハ

f:id:juneberry-miyatomo:20210923144835j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(9時間25分)

感想…

女性の独立について、境遇や人間関係がそれぞれ異なった、いろいろな視点からの短編集です。原田さんの作品は2冊目かなと思いますが、とても心にグッとくる感じ、突き刺さる感じがスゴいです。

たくさんの作品があるので、すべてがそうではなかったですが、私にグッとくるものでは、本当に読み手の心を動かす表現のうまさに圧倒されました。これが才能って言うのかな、と思います。仰々しい表現ではないけれど、さりげなくピンポイントで突かれる感じが、とても心地よかったです。

それぞれのテーマは違うけれども、共通すると感じたものは「人の心の温かさ」だと感じています。疎遠になりがちな現代社会の中でも、人の温かさを感じさせてもらえた作品でした。

内容(「BOOK」データベースより)

楽しみじゃない?いちから始められるなんて。すごいじゃない?誰にもたよらないなんて。ひとりの女性に、ひとつの独立を!さまざまに悩み、しがらみに揺れる女性たちに贈る連作短篇集。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原田/マハ
関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒。伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館(MoMA)勤務を経て、2002年独立。フリーランスのキュレーターとして、国内外の展覧会、シンポジウム、アートコーディネートを手がける。2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。2006年同作品にて作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

 

知らないところへ旅に出たくなりました「さいはての彼女」原田マハ

さいはての彼女 (角川文庫)

さいはての彼女 (角川文庫)

 

 私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(3時間27分)

感想…

心の癒しということが、共通のキーワードになっていしました。

現代社会の中、毎日の生活で気づかないうちに、私たちの心が疲れて、何が普通かがわからなくなってなっている。旅でその地を訪れて、思いもせずに来たその土地や、そこで偶然出会った人たちに、心をほぐされながら気づくこと。それは、同じことを日常の中で言葉で言われただけでは、気づかないことでもある。

その土地が教えてくれることと、出会った人がかけてくれる言葉、その両方が相乗効果となって人の心に響いている。

そういえば、自分もそういった経験があったことを思い出しました。

旅に出て、些細な事に心を動かされると言うことは、日常生活では、やっぱり心の隙間がないと言うことなんでしょうか。

知らない人からの言葉が温かく心に染みいると言うことは、日ごろの生活ではしがらみが多くてそちらにばかり気がいっているのだろうかと少し寂しくも感じました。

私も、どこか遠くに旅に出たい気持ちがした本です。

内容(「BOOK」データベースより)

25歳で起業した敏腕若手女性社長の鈴木涼香。猛烈に頑張ったおかげで会社は順調に成長したものの結婚とは縁遠く、絶大な信頼を寄せていた秘書の高見沢さえも会社を去るという。失意のまま出かけた一人旅のチケットは行き先違いで、沖縄で優雅なヴァカンスと決め込んだつもりが、なぜか女満別!?だが、予想外の出逢いが、こわばった涼香の心をほぐしていく。人は何度でも立ち上がれる。再生をテーマにした、珠玉の短篇集。

著者について

東京都出身。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒。森美術館開設室、ニューヨーク近代美術館(MoMA)勤務を経て、フリーのキュレーターとして独立。2012年『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞を受賞。