本のご紹介「自由もお金も手に入る! 勝間式超スローライフ」勝間和代

感想

コロナ禍の中、在宅ワークや会議の縮小、出張が減りそれでも仕事は回っていて、生活が変わってきたことを実感していました。

勝間さんの超スローライフは、本当にコロナということもありましたが、それ以前から仕事も見直し、家電やICT機器、サブスク等、生活に必要なものを自分のニーズに合わせて利用し、豊かな生活を送っておられる様子がよくわかりました。

豊かさの感覚は人それぞれ異なりますが、自分ならもう少しこうするなぁ…と思いながら読み進めていくうちに、仕事中心の生活が日常となっている自分が忘れていた、自分の望んでいる生活を少しイメージすることができました。

内容(「BOOK」データベースより)

「しっかり稼ぐ」と「穏やかに暮らす」は両立できる。アフターコロナの新・幸福論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

勝間/和代
経済評論家。株式会社監査と分析取締役。中央大学ビジネススクール客員教授。1968年東京生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー・アンド・カンパニー、JPモルガンを経て独立。少子化問題、若者の雇用問題、ワーク・ライフ・バランス、ITを活用した個人の生産性向上など、幅広い分野で発言を行う。なりたい自分になるための教育プログラム「勝間塾」の主宰、東京・五反田にあるキッチンスタジオ「クスクス」経営、公式YouTubeチャンネルを開設・発信するなど、活躍の場を次々と広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「断る力(勝間和代)」を読んで

Kindle本を耳読しています。

「断る力」勝間和代

Kindle本 読み終えるまでの平均的な時間(3時間33分)

「断る力」という言葉を聞くと、どうしてもシャットアウトするようなマイナスなイメージを持ってしまいがちですが、この本では、断ることから得られる多くのプラスのものや、自分自身のしっかりとした軸を持つこと等、断ることで、私たちの生活が豊かになるといった視点で説明されています。

私の心に残っているところは

「断る力」を養うを養うためにはコミュニケーション能力を磨くことが必要であるということと、相手との認識の違いや誤解や立場の違いを理解し合う必要があるということ。

当たり前のことだが、相手には言葉で説明しない限り伝わらない。その時に「アサーティブ」を持ちながら自己主張することが大切だと。

アサーティブ

1、誠実(自分の気持ちに気付いて、ごまかさないこと)

2、率直(気持ちや要求を伝える時は、相手にきちんと伝わる形で行うこと)

3、対等(自分を卑下したり、相手を見下したりしないこと)

4、自己責任(自分の行動の結果をすべて、自分で引き受けること)

 気持ちの良い自己主張ができれば、断る力がついたも同然だと、私は感じています。

断る場面というのは、相手は何か頼りにしてきてくれている場面でもあるので、相手の気持ちを慮るために、自分のことがなおざりになっていたりすることがあります。

自分のことも大切にしながら、相手のことも考えてアサーティブに断ることができれば、自分もマイナスの感じをもたずに断れる。それができず、他人の評価に重きを置いてしまう人はどうしてもウツになってしまいやすいということでした。

もうひとつ、この本から学んべたことは、自分の得意分野と不得意分野を知り、限界を認めた上で、謙虚さを持つということ。

お互いに学び合っていくということのできる人たちの例として、何人かの有名人が上げられていましたがそこからの引用です。

自分自身ではここまではできる、ここからは自分の分野ではないから謙虚に学ぶ…ものすごく物腰柔らかなのですが、目の中には強い意思があり、言葉には強い力があり、そしてそれを行動で表すような軸が一貫しているのです。

 自分の軸をしっかりと持つことが、アサーティブに自己主張できることでもあり、無駄に見栄を張ったり、威嚇する必要もなく、人に謙虚に接することができる、そう言ったことをこの本を読んで感じました。

一般的に日本人には苦手とされる分野ですが、日常生活内でのコミュニケーションの中でアサーティブな自己主張を練習していくと、少しずつでも変わっていけるかも…。

断る力 (文春新書)

断る力 (文春新書)