メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス 加藤実秋

 

f:id:juneberry-miyatomo:20210920070846j:plain


私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

 

読み終えるまでの平均的な時間(4時間29分)

 

感想…

退職した刑事のすぐシェアハウスのお話。

そこで新米刑事がアドバイスをもらい一緒に事件を解決していく。爽やかで軽い感触の推理?小説。続編がたくさんあるようで、シェアハウスのメンバー、一人一人のキャラクターがこれからますます面白くなるのかな、と思いました。安心して読める推理小説です。

あと、どうでもいい話…

自分が50代女だからか、男女逆バージョンはないのか?話も読んでみたいと思った。端々に出てくる恋愛心のようなもの、50代女上司に芽生える?やっぱり無理か…なんて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

加藤/実秋
1966年東京都生まれ。2003年「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー。同作は書籍化され大人気シリーズとなり、ドラマ化、舞台化、コミック化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

牧野ひよりは憧れの刑事になったが、毎日雑用ばかり。そんなある日、奇妙な焼死事件が発生、話を聞いて来いと上司からメモを渡される。そこはなんと、退職した元刑事たちが暮らすシェアハウスだった!敏腕、科学捜査のプロ、現場主義に頭脳派。刑事魂が再燃したおじさん4人は、老眼、腰痛をものともせず事件に首を突っ込んでゆく。失踪したひよりの父の謎、おじさんたちの過去も徐々に明らかになり…異色の連作ミステリ! –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。