「クジラアタマの王様」伊坂 幸太郎

f:id:juneberry-miyatomo:20211020214338j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(4時間47分)

感想…

面白かったです。久々にどうなるのだろう?とワクワクして読めました。

伊坂さんの作品は何冊目かだと思いますが、想像力豊かで、そこに非日常的な感覚があるので新鮮です。

何気なく入り込んでいるちょっとした内容が、物語の最後に、回収されていく展開も興味深かったです。伊坂さんの世界観に、久々にどっぷりハマりました。

内容(「BOOK」データベースより)

製菓会社に寄せられた一本のクレーム電話。広報部員・岸はその事後対応をすればよい…はずだった。訪ねてきた男の存在によって、岸の日常は思いもよらない事態へと一気に加速していく。不可思議な感覚、人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥。打ち勝つべき現実とは、いったい何か。巧みな仕掛けと、エンターテインメントの王道を貫いたストーリーによって、伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放つ。 –このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊坂/幸太郎
1971年生まれ、千葉県出身。東北大学法学部卒。2000年、『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。04年に『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞を、短編「死神の精度」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年には『ゴールデンスランバー』で本屋大賞山本周五郎賞を受賞、14年、『マリアビートル』で大学読書人大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

殺し屋たちが出てきますが、不思議と後味は悪くない本「グラスホッパー」伊坂幸太郎

グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

 

 Kindle本を耳読しています。

読み終えるまでの平均的な時間(5時間1分)

感想…

初めはもっとドロドロしたストーリーかと思っていました。

十分ドロドロしているかもしれないですが、後味が悪くないと感じました。

それぞれの殺し屋、押し屋、自殺屋、劇団など、そんな異世界を感じながら、すべてが仕組まれている感が面白かったです。

ラスト回送電車の長い通過に、ハッピーエンドではない感覚をもらって、全体として何となく納得してしまいました。

 

内容(「BOOK」データベースより)

「人は誰でも、死にたがっている」「世界は絶望と悲惨に塗れている」でも僕は戦おうと思うんだ。君との記憶だけを武器にして―待望の書き下ろし長編。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊坂/幸太郎
1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。2003年『重力ピエロ』が70年代生まれとしては初の直木賞候補となり、注目を浴びる。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を受賞。短編「死神の精度」(「オール読物」2003年12月号)で第57回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。