損切る勇気 埋没原価を気にしない

f:id:juneberry-miyatomo:20201213180309j:plain

私が大学を卒業して、証券会社に勤めていた時に

株が下がった時の手段として

損切りする」か「難平(なんぴん)をかける」か

あと「塩漬け」という言葉もありました。

ちなみに難平とは、難を平らにするという意味で

株価が下がった時に、さらに買い足すということです。

そして、当時は難平をかけるお客さんが一般的で

損切れる人は、少なかったような感覚があります。

ただ、損切りを出来る人は、しっかりとした思いがあって

その時期も、早かったような感じがあります。

私が、小さい頃、習い事をやめさせてもらえなかった理由も

「せっかく、ここまで続けてきたんやから」という母の口癖でした。

母世代の日本人の中には

忍耐強く続けることへの、美徳があったように感じています。

それによく似たものは、社会の中にもまだまだあって

でも、ベンチャー企業にはないものだと思います。

直接は関わっていないのですが

今の職場で、一つの大きな方針がありました。

その方針を1、2年(だったと思う)続けて

180度方針の転換ありました。

その方針を出した人自身が、方針の転換をされたと後で聞きました。

やってみて、違っていたら変更する。

いいと思います。

それも、とても大きな方針転換だったので

すごく勇気のいったことだと思います。

自分自身でそこまでされたこと

個人的には素晴らしいと感じていました。

でも、周りからは

「自分で、自分の子どもに自分が手をかけるようなことをしなくていいのに…」

という声も聞こえました。

私には、言っている意味がよく分からなくて

尋ねると

「もう少し様子を見て、その人がその担当を外れてから、他の人がやればよかったのに」

というような趣旨の話でした。

責任問題への対応だと思います。

残念ながら、そういった人が多い組織です。

でも、もし様子を見てしまったら、その組織には変える勇気がないので

さらに担当が変わってしまうと

現実的には変えられなくなります。

その判断をした人は、私より少し上の女性でした。

当時、40歳過ぎくらいだったのでしょうか。

しっかりと状況を見て、判断ができる人だと思っています。

かっこいいです。

そして、決してそういう人はマウンティングはしませんし

空気が読めないのとは全く違って

周りの人に振り回されないです。

地味ですが、しっかりと仕事ができる人は

正しい判断ができると思います。

逆ですね、正しい判断ができるから

仕事がしっかりとできるのですね。

mens.meria-room.com

www.rakuten.co.jp

私たち中高年が若い人にできること

f:id:juneberry-miyatomo:20201212074055j:plain

ベンチャー企業というのはあまり優秀でない割に上に座ってる人たちがほとんどいないので、足を引っ張る人たちがいないので業績の結果を出しやすい」

すごく分かりやすい。

組織の中には、そこだけで通じる常識がたくさんあって

初めてそれをみた時にもった違和感も

しばらくそこにいると、同化してしまって

わからなくなってしまうものがあります。

若い人たちからの意見は、固定観念がない分

ぶっ飛んでいるものもあって

「常識で考えたら…」と言いかけてしまいますが

それが、彼らの強みで私たちが失くしているものなので

できるだけ、そのエッセンスを残しながら

やり遂げられるように、支えていきたいと思っています。

ただ、やっぱりベンチャー企業のように

フットワークは軽くないので、ぶっ飛んでいれば

モチベーションを下げて欲しくないという思いからも

本当にエッセンスを残して…くらいになります。

それで、結局、原型を留めていなかったり

そもそも、何がしたかったのかわからなくなるということもありますが

できる範囲でやるとそういう事になってしまいます。

まさに

「上の人達を納得させられる範囲で下の人たちがよくわからないものを作る」

ですね。

組織の課題はともかく

私自身は、そう言った若い人たちの発想がなくなってしまわないように

いつの間にか、私たちに同化してしまわないように、と思っています。

中高年になると、世代へ若い人たち

私たちへ、意見を言いにくくなってくると感じています。

私が、一番恐れているのは、知らない間に自分が「はだかの王様

になっていることです。

そうならないように、いつでも、

疑問に思ったことを聞ける

感じた意見を言うことができるような人になりたいです。

私としては、反論してくれる人がいるくらいの方が

その場ではイラっとするかもしれないですが、嬉しいす。

そして、彼らが悩んだ時にその気持ちを

受け止めることができます。

それは、先輩として、唯一力になれる分野だと思っています。

www.rakuten.co.jp

自分が属する種族を考える

f:id:juneberry-miyatomo:20201211220216j:plain

自分が属する種族…。

面白いですね。 
職場では、仕事に対する考え方が同じ人が同じ種族だと感じます。 

それは、仕事内容にかかわりなく感じるモノです。

違った考え方の種族とのいわゆる「つばぜり合い」あります。 

同じ組織の中でも、そういった考え方の見えない線って

逆に、それがよく見えるというか、お互いに分かって

それによっての一体感のような親近感から、絆が固くなります。

ちなみに、私たちの種族は

時代の変化に合わせて変わっていこうと考えている一族です。

先の時代を考えた時に
数年後には、私たちのイメージしている職場になっていると考えています。
(変化の大きな中で、数年後とはなかなか緩やかですが…) 

生き方の上で、基本的価値観は勝間和代さん系だと感じています。 

もともと、合理的なことが好きだったのですが
それを結構振り切って、実行されている勝間さんの姿に
とても勇気づけられています。

一般人が、振り切ってやっていると


ちょっと変わった人…」

となりがちですが
勝間さんのような、ロールモデルとなる人がおられたことで 

合理的に振り切ることに、市民権を得られて

私の生活が地に足のついたような気がしています。

www.rakuten.co.jp

mens.meria-room.com

過去の歴史や教養が私たちを救う

f:id:juneberry-miyatomo:20201210194829j:plain

私は、去年の秋頃より「易経」を学んでいます。

と言っても 

竹村亜希子先生の講演CDや書籍からです。 

生(ライブで)のお話を聴きに行くために 

いろいろ申し込んでいたのですが 

コロナの影響で無くなってしまいました。 

ですので

まだ、かじっているだけです。 

易経」と聞くと 

私も、占いのイメージしか持っていませんでした。 

もともと、占いから発祥しているのですが 

自然や、兆しなどから生き方を学ぶ…という感じです。

(まだ自分の中での理解が足りないので、中途半端ですみません) 

中国の秦の時代よりも前からの 

内容があったと思いますが 

人間の考えることは、昔から変わっていない 

というところが、私はポイントだと感じています。 

そのほとんどが、例え話ですので 

その時代時代での解釈は、少しずつ違ったものだとは思いますが 

「人として」というところは 

どんなに文明が発展しても、いつの時代になっても 

同じなんだなと思います。 

でも

どの時代でも、いろいろありながらも 

中国という大国が滅びることなく 

ずっと存在しているところに、 

こういった考え方の原点があるのかも…

と思うと 

良くも悪くも、歴史を重ねていくことって、凄いな

と素直に感じてしまいます。

www.rakuten.co.jp

propose.meria-room.com

毎日の決められた時間の中で、未来への時間の投資

f:id:juneberry-miyatomo:20201209162832j:plain

昨日、比較的定年退職が近い人たちと、お話をする機会がありました。

お話の中心は、定年退職後の生活についてでした。

今までの、先輩方を見ていると

定年退職後、再任用で雇われたいと希望する人と

定年退職でキッパリと辞めて、別のことを始める人に分かれます。

それで、そのキッパリと辞める方々というのは

だいたいが、今までの仕事とは、少し違う分野で生きておられます。

(ちょっと趣味に近いところですが)

どちらが魅力的に感じるかというと

やっぱり定年退職後に

自分の好きなことの延長線上で生活されている方です。

ただ、その方々がそれによって

収益を上げておられるのかは分からないですが

定年退職後に、再任用にしがみつくことなく

好きなことをできるというのは、憧れです。

芸術系の得意な方が

山奥でアトリエを持って、個展を開いてとか

山林を買って、小屋を作って自給自足の生活をしながら

ちょっと作品も作ったり…と

そういえば、染めや織をされている人もいますね。

どうしても、芸術系の方が自由な感じがします。

そういった好きなことをやっている方々は

道楽でされていると思い込んでいましたが

一度、込み入った話を聞いてみるのも、手だなと思いました。

(私は、芸術には全く無縁ですが、情報として教えていただこうかと)

でも、そう言った方々は

現役時代から、創作活動もされていたし

個展も開いておられたし

自分の時間の2割の投資をしておられたなと

思い出しました。

今の私には、そう言ったことがないように思うと

ちょっと、焦りそうになりますが

全体像が見えない時に

何が大切なもので、何がいらないものか分からない

だから失敗も成功もない…

というような何かの本で読んだ言葉を

心の支えに、毎日の限られた私の時間で

私ができることを、やっていきたいと思いました。

複雑系 シグナルを捉える

f:id:juneberry-miyatomo:20201208093435j:plain

複雑系とは、相互に関連する複数の要因が合わさって全体としてなんらかの性質を見せる系でして、しかしその全体としての挙動は個々の要因や部分からは明らかでないようなものをいいます。

出所
複雑系Wikipedia

  http://krs.bz/katsumaweb/c?c=118456&m=24071&v=a864277b

複雑系…「系」って現代の流行語っぽくて
フッと笑えました。
呼び名も面白いですが、そういう考え方が面白いです。

今までは「偶然が重なる」という言葉で片付けられてきたものが
複雑系」と置き換えられたことで
私の中では、とても腹落ちしました。

偶然が重なったという、たまたま感ではなくて

「もともと、そう言ったカテゴリーがあったんだ」

という安心感みたいなものです。(なんの安心感かわからないですが)

株価や気象が複雑系の具体例ということなら
そう言ったものの予測に対しては
スーパーコンピューターが使われているような場面を
ニュース等で見ることがありますが

スーパーコンピューター複雑系にも対応しているんだろうな…
などと、勝手に考えて
だから、スーパーコンピューターってすごいんだ
と素人が、勝手な結論に至りました。

こんな感じで
自分で社会で起こっていることを観察して
時々、斜に構えたりしてみて
背景や原因を想像していくことは好きなのですが

はたして
それが、合っているのかどうか…
自分で、答え合わせができるわけでもなく
正解がいつも分からない感じで、終わっています。

そして時期が来れば
答えがわかるだろうとは、思いますが
日々少しずつ、更新されるニュースなどからの情報もあって
無意識の間に
少しずつ、自分の予測も現実に近い方に修正されて
自分の都合のいい予測だけを、覚えているような気もします。

私の中では、その予測をしている時
自分が楽しいので、ま、それでいいのですが。

人生は、複雑系
しっかりとシグナルを捉えて
よりよい選択を重ねて、複雑系の中の今を楽しんでいきたいです。

www.rakuten.co.jp

mens.meria-room.com

 

アラフィフの私たちは、デジタルネイティブやZ世代の足をひっぱらないように…

f:id:juneberry-miyatomo:20201207205223j:plain
今年は新型コロナウイルスが流行したことによって 

まったく思ってもいなかった世界が見えた

と思っています。

ただ、こんな世界になっていくということは
先見の明がある人たちは、言っていたけれど
あまり自分事として、捉えられていなかったのに
急に、現実味が増したという感じです。

「この先、変化が加速することがあっても減速することはありえない」

縄文時代の期間が全体の3/4で、
弥生以降の期間が全体の1/4ということには驚きですが 


変化が、さらに加速していくことへの
現実味が、自分の中にあるのか…
と言われると

これほど情報をいただいているのに
まだどこか、まだ他人事のような自分がいます。

とは言っても

新しいことも、試していますし
変化に適応できるように、といつも考えてはいますが 


どこか、心の奥の方で
今までの生活が戻ってくるような感じ
を持っているような感じがします。

歳をとると変化が怖いといいますが
そういうことではなくて…

その世界をイメージができないというのが
私には、いちばんピッタリだと思います。

先日、読んだ本

「仮想空間シフト」尾原和啓、山口周

その中で、リアルファーストな46~70歳くらいが
社会のルールを作っていることが問題、ということでした。

デジタルネイティブやZ世代の足を引っぱらないように…
と思っています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

www.rakuten.co.jp