ゆるいネットーワークでの情報収集の仕方

f:id:juneberry-miyatomo:20210404085419j:plain

情報収集仲間に恵まれている私は、そこからもらう情報は

今まで知っていた、マスメディアからもらっていたのとは
少し違うな、と感じます。

広告が入っていないからか、目的が同じだからか
少し、見る角度が違っているようで
すぐに使えるものが多いです。

そう思って、気づいたことは
私は、情報が欲しいと思った時に
その分野に強そうな人に
ピンポイントで聞くことが多かったです。

去年から、やっと情報発信できるようになった私ですが
「何か教えてほしいという」情報発信は
何がどう、私の中で違うのかはわかりませんが
ちょっとハードルが上がるなぁ…
と考えてました。

でも、発信という形で聞いて教えてもらえたら
また情報仲間も増えて、世界が変わるように思いました。

私が、教えてください系の発信をしていたら
その時には、優しく教えてくださいね。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

宣伝のないモノへ、たどり着いたつながり

f:id:juneberry-miyatomo:20210403085613j:plain無意識の情報収集って大きいと思います。

タイガーの炊飯器と聞くと
メロディが流れてきますし…。

現代の生活で選択の自由がある中で
テレビやラジオの聞き流しから
無洗濯に情報収集していると言うことには
意識的ではなかったです。

確かに
あまり宣伝広告のない良いものに、自分がたどり着いた時に
同じものに、たどり着いている人を見かけたら
とても嬉しくなります。

それは

「この良さ、わかるよね」と

その価値観を共有できることから
親近感や仲間意識が、勝手に芽生えて
一気に距離が縮まるように感じていました。

レアであればあるほど

「おぉ〜!知ってる?」

となります。

私は、結構マニアックなところにたどり着いていることが多くて
それを知っている、使っている人を見つけると
昔からの仲間がいたような気持ちがして
とても嬉しいです。

以前、知人と話していた時

お互いノートの使い方が
岡田斗司夫さんの「スマートノート」に影響されていることがわかって
「おぉ〜」となりました。

お互いに無意識だけど
意識的に、そこへたどり着いたと言う一点のつながりって大きいと思っています。
だから、同調できるのですね。


日々の生活の中で、意識的に情報収集することには頑張れるけれど
実際は、無意識的な時間の方が長いので

無意識の情報に、自分が左右されないようにしていきます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

Eの学習性無力感対策

f:id:juneberry-miyatomo:20210331063830j:plain

ESBIのフレームワークにおいてEmployeeであることの問題点。

仕事上の情報収集をしたとしても、自分に権限がなければ
上司にはねられてしまうと役に立たないということ。
検討してはねられたならまだしも
そもそも、上司がその情報を知らない
という残念なこともありました。


私は、5年前に2ヶ月ほど、ある研究所で研修生として勤務させてもらました。

そこで、全国での最新の情報を知り
全国の方々とのネットワークもでき
自分の職場にも還元できるのでは…など考えながら
戻りましたが

現場では、変わらない日々がありました。

ただ、それは予想されていたことで
研究所の先生からも、折に触れて

「そういう立場でないと、すぐには現場ではいかせないことが多いから、まずはエッセンスから…」

と言う言葉をもらっていました。

研究所に来た人で、現場に戻ってから「学習性無力感」を感じてしまう人は
多いようで、研究所の先生方は無理しないようにと口々におっしゃっていました。

だから、だいたいそのモチベーションを保ちたい人たちは
全国レベルの勉強会や学会などの集まりに
ちょこちょこ顔を出しながら、その気持ちを保っている、ようなところがあります。

でも、目の前の山は大きくても
少しずつは変わってきている、と言う実感もあります。

最初はメゲそうになりましたが
得た情報を、職場で少しずつ発信して、いろんな人を巻き込んでいくことで
変わっていくことができると感じています。
(ただ、年単位の少しずつの変化です…)

情報って、今ではネットから何でも入手できるし
気持ちがあれば、本を買って情報を手に入れることもできます。

私が研究所からもってきた情報は、新しいこともありましたが
本やネットでも探すことのできる情報の、再確認が主です。

そこから気づいたことは
「よほど能動的な人でないと、その情報収集しなくて
多くの人は、まだまだ、人が説明してくれた情報を頼りにするところが大きい」
と言うことです。


どう言うことかというと
「私が知った内容を、口で簡単に説明すると納得し、賛同する方が多かった」
と言うことです。

この意味が伝わるか、どうかわからないですが
私の中ではその時の様子が、時代劇の江戸時代のイメージで

「江戸ではこんなことしてるらしいよ」みたいな

江戸に行ってきた人の話を
「なるほど〜」と頭を寄せ合って聞いている庶民の感じでした。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

ニュースを見なくなって

f:id:juneberry-miyatomo:20210330073329j:plain

 私は去年春までは、ニュースが大好きでした。

いつも、ニュースを見ていました。
夜のニュースは、9時、10時、11時と見ていました。

先の見えない社会情勢の不安が、伝えられる中
明日もニュースを見なければ…と
明日、ニュースを見逃すことで
私の生活が、とんでもないことになるような、感じを持っていました。

でも、今はまったく見なくなって
びっくりするくらい、「心の平安」があります。

それでいて、生活に役立つ情報や自分の人生が変わるような情報は
コミュニティから、たくさんもらえています。

テレビで「〇〇がいい!」という情報が流れていても
自分の生活に、あまり近くなかったり
そもそも、宣伝のために紹介しているような節が見えて
無意識のうちに、ちょっと信用できなかったりします。

でも、コミュニティからの情報は、スポンサーに左右されていない情報なので
まず、その人が感じたことであるというところで、信用できる気がします。

そして、その思考経過もわかりますし
「だから、こういう結果にたどり着いたんだ」というところもわかりやすく
初めに言われた結果が変更されたからといって、支障はありません。

自分の状況を踏まえて、欲しい情報をその中から探せるので
役立つのだなと思っています。

そういう生の情報に触れられて、自分が欲しいと思っている情報は貴重です。

自分の力で、YouTubeの専門家の話を選ぶのは
私にとってまだ、難しいです。
180度違うことを言っている人がいる中で
だいたいの方向性を、見極めるくらいで

とにかく
いただく情報を、とても信用しているので
自分の中に軸のようなものを持って、判断できるという感じです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

情報を知るのと知らないのでは大違い

f:id:juneberry-miyatomo:20210329205641j:plain人事異動で、片道1時間半以上かかる職場で(それは変わらず)

さらに、時間拘束されるような仕事に就くことになりました。

あわよくば、この4月で自宅近くへ転勤かも…?
なんて考えていたのですが…

甘かったです。


その中でも、今の状況を少しでも良くしようと考えたことが
通勤の負担軽減でした。

以前から、少しずつ考えてはいたのですが
今回の転勤がなかったことで
この場所で働く、と腹をくくりました。

最近のメルマガにも、勝間さんが車のことを発信されていて
それが、とても具体的だったので
しっかりと、背中を押されました。

2社試乗してみて、最近の車ってこんなに進んでいたんだ・・・
と驚きました。

私は通勤でずっと、車には乗っていますが
新しい技術については、まったく興味がなくて
知りませんでした。

情報を、知ると知らないとでは大違いだと実感しています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com