強みを活かしあえるコミュニティを、私がイメージしてみる

f:id:juneberry-miyatomo:20201220055139j:plain

ここ2、3日
昔から、人の弱みにばかり目がいってしまう母と
話す機会があります。

どうしても、欠点に目がいくようで
相変わらず
親戚の弱みを指摘する言葉や、そう言った会話ばかりで
私は、とてもしんどく感じました。

そして、本人はまったく気づいていないですが
娘の私にも、自慢話が多いんです。

ずっと、その視点を持って生きてきた78歳の母だから
何を見ても、批判の目線で、弱みばかりを探してしまって
強みにはまったく目がいかないようです。

母が手放しで、人の強みを褒められるのは
明らかに自分より劣ると思われる小さい子どもたちか
自分が太刀打ちできないような人たちだけです。

でも、その時の気持ち次第では
1年生の孫がそろばんを初めて、級をとった話を聞くと

「おばあちゃんは、小さい頃そろばんが得意で3級までとった」

と孫相手に、大人から見ると、中途半端な自慢までして
そろばんを始めたばかりの、1年生と張り合ったりもしています。

そんな母と久しぶりに会うと
弱みに注目する母の思考に、とても強い違和感を感じますが
よく行き来のある妹の言動の端々からも、そちら寄りになっている気がします。

今さら、根本から変えていくことは、難しいと思っていますが
母を取り巻くコミュニティが「強みを活かしあえるコミュニティ」だったら
みんなで、強みを褒め合いながら、話せる関係で
とても幸せだろうな、と感じました。
そして、とりあえずは
母自身も、あえて自慢をする必要がなくなるのだろうな
なんて想像しました。

でも「強みを活かしあえるコミュニティ」にはなれないという
私の思い込みも捨てなければならないですね。

フラットで考えてみるいい機会かも知れないな、と思いました。
そういう私自身が一番、母の弱みにしか目がいかない
張本人ですので…。

www.rakuten.co.jp

propose.meria-room.com

自分の強みと弱みと環境の組み合わせ

f:id:juneberry-miyatomo:20201218201033j:plain

今日は、強みの組み合わせと言うこと

とても納得できました。

今の職場は

人前で上手に話す人の多いですが

人とつながることが苦手な人も、多いです。

そこでは

私の持っている「人とつながる力」は

とても重宝されています。

営業をしている時には

それほど、人とつながる力が

飛び抜けていたわけではありませんでしたが

別の職場では、とても珍しい存在になっています。

だから

そこそこの自分の強み同士と環境が、合わさって

本当に、自分独自の強みとなっていると感じました。

近年、中途採用が増えて、

まったく違う分野からの転職者が、重宝されていますが

その意味が、よくわかったような気がします。

自分の持っている強みと、自分を取り巻く環境と

と言う感じですが

違う分野で発揮されていった力を

それとは別の分野で、発揮することで

違った影響を及ぼしていく。

コラボとでも言うのでしょうか。

いろいろな化学反応を起こして

自分も組織も、進化していくような気がしました。

自分自身の中の強みだけではなくて

勝間さんや上念さんのようなパートナーシップに

とても憧れます。

身近では、チームの中で、全く違った資質を生かしながら

大きな成功を得る、と言う事はあります。

一目で見ただけでは、わからなくても

それぞれの違った個性が合わさると

想像以上の結果を出すと言うところをたまに見ます。

ただ、そう言った人同士の相性(?)を見る目が

私は弱いです…

だからこれからは、他の得意な人に見てもらうようにします。

www.rakuten.co.jp

気のきいた笑いをめざす?

f:id:juneberry-miyatomo:20201218082444j:plain

弱みかどうかわからないですが
くよくよしてしまう内容は、だいたい同じで
人前で話した時に

「もっとこう言えばよかった」
「こういった方が分かりやすかったかも」
と反省ばかりしてしまいました。

それは、公な固い場でも
プライベートなゆるい自己紹介などでも
反省して、くよくよしていました。

私が話している姿を端から見たら
たぶん、普通なんですが
上手く話せていない気がする
自分で、自信がないんですね。

決まったことを話すのは、難しくないのですが
人前で、自分の内面を出すということに
難しさを感じてしまいます。

「ちょっとした自己紹介など、
人前での話の最後に、クスッと笑えるものが(オチが)あればと思う」

と知人に言ったら

その人は関東の人で
「それは関西人だから、そう思うだけで
他の人はそんなこと考えていないよ」

と言われてしまいました。

笑いなんて、上級だから、そもそも目指さなくていいと。

ま、笑いがとれなくても何の支障もないので
いいはずなのですが、気になっていて

気のきいた笑いを、とっている人を見ると

「私はまだまだだな~」

といつも反省していました。
(私は、どこをめざしていたんでしょうか)

とにかく、自分ができないことを
わざわざ追いかけなくてもいいということを
しっかりと、覚えておきます。

市場評価と自分に合ったものと

f:id:juneberry-miyatomo:20201216202948j:plain

市場評価について、頭でっかちでしたが

あまり自分に引き寄せて、考えていなかったことに気づきました。

思えば

与えられたその場所で、同化することを

最優先にしていたようです。

でも、その与えられた場所での

ものごとへの思いは、めんどくさいほど、いつも強いんです。

今では

外へ、外へ、という感じですが

小さい頃は、あまり競争したくない

といつも考えていたことを

ふと、思い出しました。

できれば目立たずに

その他大勢で終わりたい、と

いつも思っていました。

たぶん、昔よりは自己肯定感が上がったのだと思います。

「モチベーションレバー」

この言葉で、ストレングス1位の意味が分かったように思います。

ストレングスファインダーでの資質を周りの人に還元できることを楽しいと感じる…

回復思考の解釈が間違っていないか微妙ですが

私は、大変な状況や人を収めるとモチベーションが上がります。

それは、昨日の投稿とも重なりますが

子どもの頃に母から言われた言葉。

しんどいことをする事が

将来に役立ってる的な思考が、働いていたことも

染み付いているなど…いろいろあると思いますが

モチベーションは上がります。

若い頃に、証券営業をしていた時も

問題のある顧客の対応をして

収めること、納得してもらうこと。

大変だけれど好きでした。

そう言ったことは、今も変わりません。

なるほど…と思いました。

人によって、モチベーションが上がることって全く違うので

何がその人に合ってるかなんて

本当にわからないですね。

とにかく

まわりの人に流されずに

自分に合ったものを見つけるというのが大切なのかな

www.rakuten.co.jp

ストレングスファインダー回復思考か?Mか?

f:id:juneberry-miyatomo:20201215192808j:plain

昨日から 

私の強みと、私が選択していることを 

考えていました。 

今まで、私が選択してきたことって、だいたいが 

大変と言われることだったり 

しんどいと言われることだったりで 

楽な方としんどい方があれば 

迷わず、しんどい方を選んでしまっていました。 

ただ、それはしんどいことを経験すると 

何かが身につくというイメージがあるものに関してですが。 

思い出したのが、子どもの頃に母から言われた言葉で 

「1回しんどいことから逃げると、一生逃げないとアカンようになる」 

今となれば、突っ込みどころはたくさんある言葉なのですが 

それが、小さい頃から私の中に入っているからなのか 

もともと、あった気質なのかは、分からないのですが 

「怖いものがなくなるなら、今、大変なことをやっておこう」 

という思考パターンになっています。 

これが、回復思考1位の 

ひとつの要因なのかも知れないな…と 

自分で気づきました。 

この思考で、良かったところは 

克服して、いろいろなものを 

身につけることができることや 

大変なことが起きたり、自分が選んだりしても 

あまり、怖いとは思わないところです。 

ただ、そのために自分が楽にできることには 

まったく目を向けてこなかったな 

と感じました。これが、今日の気づきです。 

私の中に、一定の思考パターンができていたので 

楽にできることは、物足りなく思えてしまって 

どんどんと、次の克服したいモノへ足を突っ込んでいく 

感じがありました。 

だからか、仕事でも同じ仕事を2年目になると 

慣れてきてしまうことから、物足りなく思えて 

次へ移って、違う分野の仕事がしたくなってしまいます。 

これは、気質なのか経験からなのか 

環境がそうしてくれたのか分からないですが、 

明日からは、もっと自分の強みについて 

違った角度から考えられるような気がしています。 

すごく大きな、きっかけかも。 

でも、引いてみるとめっちゃMですね…。 

propose.meria-room.com

www.rakuten.co.jp

強みを活かした生き方 回復思考を活かして

f:id:juneberry-miyatomo:20201214192613j:plain

自分の強みを考えた時に
ストレングスファインダーの回復思考が1位の私は
どの仕事もそつなくこなせるが、面白みがないです。
突拍子もない発想はあまりない、たまにはあります。

どなたかに
「回復思考1位だったら、なんでももとに戻したくなりますか?」
と言うようなことを尋ねられたことがありますが
それは、どうかよく分かりません。

ストレングスを、それほどしっかりと勉強していないのですが
着地点を知りたい気持ちは強いです。

ゴールを決めるという感じですが。
ゴールさえ決まれば、あとは進むだけなので
そこは、迷いはないです。

自分ではそうは思っていないのですが
「意外と、ブルドーザーのみたい」
と言われていると、教えてもらったことがあります。
イメージ、怖いですね…。

以前の私は
「全員、私だったら話がまとまるのに…」とか
「動きが良いのに…」
と思ったことがあります。

でも、今はいろいろな人がいる中の方が
発展していくということ、感じています。

だから、いろいろな人の中では
着地点をつくる、探す役割が向いているかな
と思っています。

そして、この先の、自分のゴールが決まれば
進んでいくだけです。
今は、具体的なゴール探し中です。

www.rakuten.co.jp