成功体験から、さらに実行力引き出される

そう言えば、1年前の年末ごろに
スマホの様子が、少しおかしかったので
どうしたらいいのか、知り合いに尋ねました。

すると
「とりあえず、ストア予約して、行ってみてもらったら?」
と言われて、お正月にストアに行きました。

はじめは「なんともないですよ」と言われました。

「でも、バイブにした時に、変な音がしています」と伝え

「変な音していないですよ」と言われながらも

納得がいかなかったので
調べてもらったり、再起動したりしてもらっていると
結局、何が問題だったのかは
私には、理解できなかったのですが

結局は、スマホ自体に問題があったようで
新品と交換と言うことになりました。(^_^)v

それ以後は、少しでも違和感を持ったら
ガマンして使い続けずに
まず、ストアに行ってみる
スマホでなくても、同じように考えるようになりました。

「やってよかった…」という経験を一度すると
同じようなことは、自分の知識内で考え続けずに
さっさと、専門家に診てもらおうと思う気持ちになっています。

以前より、1日の中でやっていることはすごく増えているんですが
24時間の中で、それが全部できていることに
私はとても驚いています。

目立って、特になにってことはないのですが
少しずつ(無意識でも)時間の使い方等を
効率よくしてきている結果なのかな、とも思いました。
今の生活でよく時間があるな、と自分自身でも感じています。

テレビ不在のお正月をはじめて迎える

実は、以前からリビングのテレビの調子が悪く

もう、1年前くらいからは
モニターとしても映ったり、映らなかったりになってきていました。
でも「それも、ま、いいか」と思って、放ってありました。

それまでは、ニュースが大好きだった私も
帰りが遅く、テレビを見る暇がなくなってしまい
家族では、夫が「テレビ映らへんで〜。次のテレビどうする?」
と言うくらいで、息子たちには
まったく支障はないようでした。

さすがに、オリンピックがあったときに
大学生の息子が「テレビ映らへんの?」と聞いてきて
「そんな前からやん」と、一度返しました。

普段の生活は、それで済んでいたんですが
大晦日、お正月にテレビがまったくないのは初めてで
(去年はなんとか映っていたかも)

「今年はガキ使ないらしいで…」とか
「みんな紅白見てるんかな…」と言う話題にもなりました。

「大晦日からお正月=テレビ」と、日本の定番になっているんでしょうね。

テレビのないお正月は、みんなそれぞれのことをして過ごしています。
夫も仕事なので、余計に普段と変わらない感じです。

私も、中途半端になっているWord Pressの設定をしていると
あっという間に時間が経つ感じで、少しできると楽しくて
もっと、時間が欲しいと思います。

この休み中にやりたいことが、たくさんありすぎて
ちょっと困っています。

職場では、隙間時間をフル活用しています。
そうしないと、帰る時間が遅くなります。

どうも見ていると、隙間時間を活用できている人は
いわゆる、要領が良い人だなと思います。
全体像がわかれば、要領よくできる。当たり前ですね。

入塾するまでは、日々、仕事でいっぱいいっぱいで
仕事帰ってからの時間は、疲れ切っていたのですが

今は、以前より仕事が大変になっているのに
仕事以外の時間が、とても充実しているので楽しい。
そう思うと、不思議だなぁと思います。

でも、だんだんと
ライフワークバランスをしっかりと考えたいという気持ちが
強くなってきています。
どう要領よくやっても、時間は24時間しかないので…

この春からは、またどうなるかわからないですけれど
どんな状況になっても、やりたいことがあれば
やる時間はあると思っています。

この投稿はいまや、私のすべての土台となっているので
今年も、細く長くでも続けていきたいと思っています。

年の瀬の3日間、選択理論心理学の集中基礎講座を受けました。

私は人の話を聴くときに共感しすぎてしんどくなることがあるので、カウンセラーに向かないな、と言う思い込みを持っていました。

でも、実際(まだ入り口ですが)学んでみると、上手く言えませんが、その構造的なものにフォーカスするので、(今は)共感している暇がないし、ぼーっと感情で聴いている友達視点じゃないな…と実感できました。

カウンセラーになるかどうかは置いておいても、もっと早くに勉強していれば、人の話に引きずられなくてもよかったな…と思いました。とにかく、また今年は新しい世界が増えそうです。

イメージできないことは、わからないこと

f:id:juneberry-miyatomo:20211228075231j:plain

先日、開業の話になりました。

私は、とっても興味があったので
いろいろ聞いていました。
自分で何冊か、起業の本は読みましたが
具体的なイメージがなくて、よくわからなかったんです。

どうして独立して、開業するのか
いくつか開業されている人は、どのように分けているのか…などなど

本では読んでいましたが
「起業と法人化とは違う」とりあえず
ここまでは、ちょっとイメージが持てました。

まだまだ聞きたいことは、たくさんありましたが
ちょっと、レベルが違ってバカな質問が多いので
次回以降に、またちょこちょこと教えてもらおうと思っています。

少しずつ、教えてもらえるのはありがたいです。
本で読んでも、具体的なイメージがついてこないと
どうしても字面だけの知識になってしまって
結局、自分ではわからない。

そういう話を聞いたので
また、本を読みましたが
少し、わかりやすくなった感じがします。
でもまだ、イメージできないことが多いです。

結局、イメージできないことは
わからないことだと思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

私がリスクだと思っているものは…

f:id:juneberry-miyatomo:20211227074434j:plain

実行力を考えると、最終的には
仕事について、考えることが多いですが
今は長距離通勤ですが、仕事自体が嫌なわけでもなくて

夏前には、上司に私が通勤で疲労していることや
勤務地を変えてほしい、と思っていることを
話すことができました。

あの時、思い切って話せて良かったと思っています。
(実行力、ちょっとありかも…)

異動は、3月ですが
すでに、大体決まってきていると思いますし
結果は、どうなるかはわかりませんが

真偽のわからない、噂のみを信じ切って
「私の立場での移動希望は無理」と
やる前から、諦めていたことも
今では、少しアホらしく思うほどです。
(結果はわからないですが)

結局、迷っていることは
今の仕事と、さらに自分のやりたいことの収入を
天秤にかけているだけで
シンプルに考えたら、いいとこ取りしたらいい
と言うことになっています。

幸い、私は51歳です。
私の年齢では、定年退職が65歳になりましたが
60歳以上の勤務条件は、7掛けになると聞いています。
(フルで同じ仕事をしていても7割しかもらえない)
そこが、目に見えるひとつの節目かなと思っています。

そう考えていても
息子たちの学費の支払いが終わって、もういいかと思えば
急に、方向転換することがあるかも知れないです。

何やかんや言っても、最終的には収入面のリスクです。
「一か八かせずに現状に戻れるように」
そして、「実現するだけのリソースを蓄える」
スモールステップでやっていきたいと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com