収入に対する思い込み

f:id:juneberry-miyatomo:20201226214811j:plain

「自分の収入の上限というのは限られていて、その範囲で暮らすことが吉である」

という思い込み

強いですね

強かったですね。

「収入の上限が限られて」いるから、副業でもするか…と。

「その範囲で暮らす」ことができるかどうかの

腕前を試されるみたいな。

主婦に対しては、そんな考え方ありますよね。

学校や家庭など、いろんな場所で

そういうように教えられて来ているので

そういった思考が強いです。

給与所得者の私なら

収入を上げるというところに

たどり着いたように考えていたもの

めっちゃ頑張って

ワンランク上の別の給与表へ入ることで

違う世界へ行くくらいの感覚もありました。

(それはそれで、実生活の中では大きいのですが…)

でも

本質的なところにも踏み込むことが

自分の可能性を広げるということだと。

それが収入へつながっているということ。

ESBI

E = employee(従業員)

S = self employee(自営業者)

B = business owner(ビジネスオーナー)

I = investor(投資家)

クワドラントとは?金持ち父さんから学ぶ「ESBI」お金の法則 クワドラントを説明する際「キャッシュフロー・クワドラント」として取り上げられた、日系4世であるロバート・キヨサキ氏の大ベス

salaryman-mlm.biz

私はずっとE = employee(従業員)でした。

その全体像を知って

自分がどうしていくのか考えることは、いいとしても

自分が全体の中のどの位置にいるのかを

知った上で、選んでいるのと

知らずに、その位置にいるのでは

人生を振り返った時に

まったく違うな、と感じました。

あと

贅沢 ≠  やりたいことを諦めないこと

自分が本当やりたかったことを

収入が少ないことや

お金がないということで

諦めることをなるべく少なくしようということ。

私の中でまだ

贅沢とやりたいことの仲間分けがキッチリとできていなくて

ちょっとモヤっとしていますが

少しずつ入ってくると思います。

なんか、人の心って

知らない間にいろいろ思い込みで

自分を規制してるんですね。

固定給の世界から離れる視野

f:id:juneberry-miyatomo:20201226215642j:plain

朝令暮改

なんか、上手く言語化できるかわかりませんが

なにか腹落ちしたような気がします。

先日のYouTube勝間和代さんが

朝令暮改でいい」

と仰っていたので

大手を振って、昨日

ガラッと変わった思考になりました。

ひとつは

私の育った家庭は

祖父も父もサラリーマンで

大黒柱がサラリーマンの3世代同居の家庭。

特に不自由なく育ったというのも

随分と大きな洗脳になっていたんだろうなと

感じました。

私自身も、何の疑いもなくサラリーマンを選びましたし

弟や妹、そしてその配偶者もみんなそうです。

選ぶかどうかは別としても

選択肢として知らないということは

もったいない話ですね。

まさにESBIがそうでした。

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント

金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント:esbi | イノバース:ライフスタイルをコンテンツにしてビジネスを創出しよう お金持ちになりたいのであれば、あなた自身が働く「労働収入」ではなく、他人の力を借りて「権利収入」を得るようにならなければい

innovarth.co.jp

E = employee(従業員)

S = self employee(自営業者)

B = business owner(ビジネスオーナー)

I = investor(投資家)

ホントに、小さい世界にいたもんです。

自分の枠って

信念を持っている分

まさか…と疑わないということがよくわかりました。

昨日、UMAカツマさんの「出版ジャーニーをお話します」に

参加させていただきました。

そこでは

有言実行されているUMAカツマさんの出版までのお話と

Kindle出版のハードルを下げたい

というお話がありました。

私の中で整理できたことは

パフォーマンスやお話の配信は、YouTubeや音声配信を活用し

文字を書くことでは、Kindleの活用

というイメージになりました。

とにかく、時代は大きく変わってきているのが

ヒシヒシと感じられます。

うちは子どもの学費等に随分とメドが立ってきたので

選択肢が広まったと思いますが

これらの情報を

もし若い頃に知っていたとしても

子育てしながら、働きながら

新しい世界を見る余裕があっただろうか

とも思いましたが

そう考えてしまうのも

一種の抜けられていない自分での洗脳ですよね。

他人の収入を狙う人が

f:id:juneberry-miyatomo:20201226215730j:plain

ある程度収入のある人たちが固まりたがるのは、

その収入を他の人が狙っていないという心理的な安全があること

ということもあるから、らしいです。

人が収入を狙うなんて 

サラリーマンにはまずない発想。 

そうなんですね… 

セールスマンや勧誘以外に 

そんな人たちが 

身近に近寄ってくることがあるのか、と考えると 

お金を持つということは 

いろいろと面倒なことも引き連れてきて 

意外と大変なんだな

と知らない世界を少し垣間見た気がしました。 

私は昨年の転勤で 

通勤1時間半を運転にかかるようになりました。 

今年は2年目です。 

実質収入が上がったわけではないのですが 

給与明細では交通費(ガソリン代)が 

2万8千円ついていたので 

少し驚きました。

交通費としては安いですが

給料が増えたような気がしました。(勘違いです)

でも 

渋滞を考えると 

5時前に起きて、6時頃に家を出る… 

1年目は体力がなく 

生活リズムもできていなかったので 

フラフラ状態で 

箱買いの「眠眠打破」朝から飲んで… 

しんどかった。 

それが

春頃からコロナの影響で少しゆっくりできて

ぐっすり眠れる時間もできて 

交通量も減った時期もあって

また

2年目で仕事のメドもついて

体力もつき 

睡眠を含めた生活のルーティーンもできて

そしてなにより 

Kindle本、耳読との出会い。 

もう、今は片道1時間半の通勤も 

苦ではなくなっています。 

無駄だった通勤時間から 

読書時間として確保できたことで 

時間の価値が上がりました。 

通勤時間の読書以外の、効率的な使い方は 

これからも考えていきたいと思っていますが 

逆にこの先、転勤で勤務地が近くに戻った場合には 

何からも邪魔されない読書時間の捻出に 

頭を悩ますことになるのかな 

なんて、淡い期待もしています。 

収入アップしたいけど…

f:id:juneberry-miyatomo:20201226215837j:plain

やっぱり、収入をアップしたい

でも、私は甘かった。

「収入アップしたらいいな」なんて思っていましたが 

経済評論家の勝間和代さんですら

中学時代から公認会計士について調べたり

公認会計士になった後も、いろいろな業界について調べたりしながら

収入について、ご自分なりに研究した結果、今があるんだと。

自分の真剣度の低さと、自分の甘さに気づきました。 

正直、そこまでの熱意はなかったです…。 

そこまで真剣に考えて、調べて、研究して 

今があるんだなと、納得、感心、尊敬しました。 

そうでなくても 

健康オタク、美容オタクのように

「収入についてオタクになる! 」か?

そこから考えても、私はまだ緩いですね。 

ま、でも私は、自分の生活が豊かになるように 

好きなこと、得意なことが収入に結びつけばいいと思っています。 

「背中のリュックサック役に立ちそうな情報をしまっておく」 

少しずつ、いろいろとたまってきました。 

パズルのピースが集まって 

最後に何がそこにあるのかですね。 

私は自分なりの実践

これからも重ねていきます。 

お金持ちは遺伝する?

f:id:juneberry-miyatomo:20201226220557j:plain

「お金持ちは遺伝する」と言う方もいます。

お金持ちが遺伝するというよりは

「お金持ちになるための考え方や、知識が継承される」と

言うことらしいです。

考えや知識が継承される、っていうことは 

お金持ちでなくても

その家の考え方 

親の考え方って

子どもに 

継承されていますよね。 

身の回りの人がやっていることは

知らず知らずに

同じような生活行動習慣をするようになるって…

なんか分かるような気がしますね。 

だから

親の考え方や、日常のふとした言動が 

将来の子どもたちに、大きな影響を与えると思うと 

自分の人生だけでなくて 

もっと大きなもの

その家の子孫への遺伝子的なものを

背負っているような感じがしました。 

それが、お金持の扱い方であれば

そして

それを日常の生活習慣くらいのレベルで

引き継いでいけば

子々孫々も、お金の扱い方が上手くなっていく

と考えられますよね。

なんでも、積み重ねなんだな、と感じました。

逆に、周りの人に影響を受けることを 

最大限に活かしていくと

お金の扱い方だけでなく

人生を豊かに生きるような遺伝を

子供たちにも伝えられるのかなと思っています。

好きで、得意で、もうかることって

f:id:juneberry-miyatomo:20201226220714j:plain

なんだろうか、と考えてみました。 

「好きなこと」は …

人とつながっていくこと、話を聴くこと

教えること、新しい何かを始めること

音楽、ミュージカル、ギターを聴くのも好き 

読書

アロマ、避暑地、温泉 

「得意なこと」も

人の話を聴くこと、話をまとめること

くらいかな。 

あと

秋から冬になる時が好きです。

今は、一番いい感じの時です。 

「もうかること」っていうのが 

難しいですね。 

これを合わせて…っていうことですね。 

 考えていきます。 

私は人とつながることが好きですが 

「社交性の順位が低いのに、社交性がある」 

と言われて、驚きました。 

ストレングスの順位を気にしたことはありませんでしたが 

ストレングスをしっかりと見ている人からは 

そう見えるんだ、と思いました。 

社交性については 

ストレングスの評価はについては ? ですが 

それ考えると、ストレングスもしかりと見ながら

考えていきたいです。