第5回公認心理師試験受験用 参考書等2022年版まとめ

第4回公認心理師試験で活用した参考書等の2022年版を集めたものです。よければ、ご活用ください。

ペンギンシリーズ

公認心理師試験対策2022年版

要点濃縮リスニング

京都コムニタス 基本問題試験、模擬試験

現任者講習テキスト

事例問題の解き方

この本には過去問の事例問題の解き方が載っています。コムニタスの模試を受けた時か何かにもらいました。これは新しい版がまだありませんでした。

50代仕事しながらの勉強方法 公認心理師Gルート合格までの勉強方法を軽くシェアします #3加齢との戦い

50代の私が勉強しながらぶつかった壁は「記憶力の壁」若い頃の記憶力がなくなっている…と言うことでした。今回は加齢で記憶の衰えを感じられる方へのメッセージとなっています。

試験勉強を始めてみると2回目、3回解いている問題でも、まったく覚えておらず、初めて解いたような新鮮な印象を受けながら解いている状況に危機感を感じました。そこで、2つの方法を考えました。

1つ目は

毎日触れることによって、しっかりと覚える方法

2つ目は

最終2、3週間で詰め込む方法

この両方を併用しました。

1 毎日触れる方法

(1)暗記リスト

毎日触れる方法については、絶対に覚えなければならないと思う人物や心理検査等についてのリストを作成し、毎日チェックする。

具体的には暗記カードのようなイメージです。その物事に対して答えられるかと言うことです。

(2)ボイスメモの活用

Kindleの読み上げで、通勤時間に参考書等の全体は聞いていますが、自分が弱いところ(間違った問題と解答)を自分で読み上げて移動中や家事をしているときに聴き続けました。

これは、有効だったと思います。

(活用方法)前日に問題を解いたとして、その時の間違い問題をボイスメモに入れておきます。それほど時間はかかりません。読み上げるだけです。

そして、翌日の通勤時に聞くと、また新鮮に、答えはなんだったかが分からないんですね…

数時間前にやったものなのに…と自分でも嫌になりましたが、ボイスメモで聞かなければ、さらに思い出さなくなるんだろうな、と感じました。

(3)目のつくところに貼っておく

私は、リビングの目のつくところにいろいろ貼らしてもらいました。心理検査や人物についてなど、暗記事項を貼っておいて、自分が何度も間違うものを追加していきました。

そして、目についたときや通りかかったときには、声に出して読んでみる(余裕があれば)と言う感じでした。

ですので、9月頃の試験前はウチのリビングは、なかなかな状態になっていました。

2 最終2、3週間で詰め込む方法

「2、3週間」と言う根拠はないのですが、参考書で一度やった問題を一周してからやっても忘れていたことが多かったので、その周期が長いのだと考えました。その周期を短くすることでと考え、最終の2、3週間はできなかった問題をひたすらする期間としました。ただ、たまにできた問題もしないと不安だったので、たまにはできた問題もしましたが、2、3回間違っていない問題は、その問題を覚えていなくても、解答は間違えないと判断しました。

最終の2、3週間、9月頃からやった問題としては

・オレンジペンギンの間違えた問題

・受けた模擬試験で間違えた問題

・公認心理師対策問題で間違えた問題

それぞれの間違えた回数は自分で決めます。そうしないと多くなりすぎてしまうからです。

過去問を入れなかった訳は、過去問がそのまま出ることはないと思っているので、過去問から考えられた問題をたくさんやることが有効なのではないかと考え、時間の限られている最終段階では過去問は取り上げませんでした。

9月以降は、前回も書いたのですが、平日は勤務先からの帰りの勉強時間がほとんどでしたので、チェーン店でひたすら間違えた問題に集中していました。

3 合格した人たちを見ると

現任者と言うことで、周りの合格した人たちを見ると定年退職をされた方も多いです。模擬試験を受けに行った時にも、年齢層が高いな、と感じました。

と考えると、私が「加齢」の壁を感じているけれども、先輩方はそれを突破してきている事実があり、自分にできないはずがないと思えました。

加齢は、記憶力を奪っていきますが、根気強くやっていけば合格ラインには到達できるところまでは行くことができると思います。

仕事しながら、こうして勉強しました。公認心理師Gルート合格までの勉強方法を軽くシェアします #2 時間の融通 〜通勤時間の活用〜

f:id:juneberry-miyatomo:20211030221346j:plain

第4回公認心理士試験を受験する際に 私が最も優先したものは、勉強に時間を割くと言うことです。

現任者の方が公認心理師試験を受けるとなると、一番のボトルネックになるところは時間の融通だと思っています。日々の業務等もあり、試験勉強に時間を割けないところを、どう克服し勉強の時間を少しでも多く確保することが合格の可能性をあげるポイントだと考えて勉強をしました。

なかなか純粋に勉強できる時間が割けないという方のお役に立てれば…と思って、シェアしますが、ちょっとレアなケースですので、そう思って、参考にしてください。

通勤時間の活用

通勤時間がかかる…と考えると気が重くなりますが、だからと言って、それを公認心理師試験で配慮してくれるわけもなく、どうしたらいいか考えた結果、通勤時間の活用、そして、私がいつもやっているKindle本の耳読を利用して、試験勉強をしようと考えました。

1 Kindle本の読み上げ

#1 使った参考書でお示ししたペンギンシリーズ心理教科書 公認心理師 完全合格テキスト単行本の緑ペンギン、オレンジペンギンは、iphoneで読み上げをすることでできました。

 

f:id:juneberry-miyatomo:20211107171021p:plain

 

 

f:id:juneberry-miyatomo:20211107171030p:plain
f:id:juneberry-miyatomo:20211107171037p:plain

※ ちなみに、青ペンギンのKindle本はあるのですが、読み上げすると「画像」と読み上げてしまい、できませんでした。赤本も読み上げはできませんでした。

読み上げ方法はこちら

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

2 CD教材の活用

濃縮! 公認心理師 (音声CD+データCD+テキストBOOK+速聴CD)4版 (要点濃縮リスニング)

 

これは、初め聞いた時には「・・・?」という感じだったのですが、ずっと聞いていると、少しずつ入ってくる感じです。

問題形式でもなく、本当にただただ、要点を読み上げてくれているだけなんですが、私のように時間のない者にとっては「ああ、そうか」と思うだけでも儲けものでした。


 

要点問題がついたものもあるようです。↓

f:id:juneberry-miyatomo:20211107172452j:plain
f:id:juneberry-miyatomo:20211107172521j:plain

f:id:juneberry-miyatomo:20211107172510j:plain

 

CDが3枚入っていて、① 朗読のように女性が普通に読み上げてくれているもの、② 速聴版として①を倍速したようなもの、③データ版 でした。

そして読み上げてくれているテキストが1冊ありました。私は主に、速聴版を車で流していました。一応、範囲の基礎知識を網羅してくれているようなので、とにかく聴き流していました。とっても長いので、3時間では終わらないです。

3 DVDの活用

公認心理師試験対策講座のDVD

 

 

f:id:juneberry-miyatomo:20211107172844j:plain
f:id:juneberry-miyatomo:20211107172822j:plain

 

春に京都コムニタスの基本問題試験を家で受験しました。パソコンに答えを入力する形式でした。その解説DVDがあったので、どんなものか一度購入しました。基本問題なだけに解説も基本なのですが、知らないこともあるので、車中で聴き流していました。(DVDは運転していると写らないので)

・ その他、mixdataアプリを使用して、役に立ちそうな動画も流していました。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

 

50代仕事しながらの勉強方法 公認心理師Gルート合格までの勉強方法をシェアします  #2時間の融通 〜通勤時間の活用〜

第4回公認心理士試験を受験する際に 私が最も優先したものは、勉強に時間を割くと言うことです。

現任者の方が公認心理師試験を受けるとなると、一番のボトルネックになるところは時間の融通だと思っています。日々の業務等もあり、試験勉強に時間を割けないところを、どう克服し勉強の時間を少しでも多く確保することが合格の可能性をあげるポイントだと考えて勉強をしました。

なかなか純粋に勉強できる時間が割けないという方のお役に立てれば…と思って、シェアしますが、ちょっとレアなケースですので、そう思って、参考にしてください。

通勤時間の活用

通勤時間がかかる…と考えると気が重くなりますが、だからと言って、それを公認心理師試験で配慮してくれるわけもなく、どうしたらいいか考えた結果、通勤時間の活用、そして、私がいつもやっているKindle本の耳読を利用して、試験勉強をしようと考えました。

1 Kindle本の読み上げ

#1使った参考書 でお示ししたペンギンシリーズ心理教科書 公認心理師 完全合格テキスト単行本の緑ペンギン、オレンジペンギンは、iphoneで読み上げをすることができました。

画像3を拡大表示
画像4を拡大表示
画像3を拡大表示


※ ちなみに、青ペンギンのKindle本はあるのですが、読み上げすると「画像」と読み上げてしまい、できませんでした。赤本も読み上げはできませんでした。

読み上げ方法はこちら

https://note.com/juneberryhouse/n/neb35e8b813b7

2 CD教材の活用

濃縮! 公認心理師 (音声CD+データCD+テキストBOOK+速聴CD)4版 (要点濃縮リスニング) 

画像1を拡大表示
画像2を拡大表示
画像3を拡大表示

これは、初め聞いた時には「・・・?」という感じだったのですが、ずっと聞いていると、少しずつ入ってくる感じです。

問題形式でもなく、本当にただただ、要点を読み上げてくれているだけなんですが、私のように時間のない者にとっては「ああ、そうか」と思うだけでも儲けものでした。

CDが3枚入っていて、① 朗読のように女性が普通に読み上げてくれているもの、② 速聴版として①を倍速したようなもの、③データ版 でした。

そして読み上げてくれているテキストが1冊ありました。

私は主に、速聴版を車で流していました。一応、範囲の基礎知識を網羅してくれているようなので、とにかく聴き流していました。とっても長いので、3時間では終わらないです。

3 DVDの活用

公認心理師試験対策講座のDVD

画像4を拡大表示

春に京都コムニタスの基本問題試験を家で受験しました。パソコンに答えを入力する形式でした。その解説DVDがあったので、どんなものか一度購入しました。基本問題なだけに解説も基本なのですが、知らないこともあるので、車中で聴き流していました。(DVDは運転していると写らないので)

・ その他、mixdataアプリを使用して、役に立ちそうな動画も流していました。

50代仕事しながらの勉強方法 公認心理師Gルート合格までの勉強方法をシェアします #1使った参考書

f:id:juneberry-miyatomo:20211030221346j:image

1 Gルート受験のしんどさから…

 

Gルートでの受験は、実践力がある反面、現認者と言うことでお仕事をされている方も多く、どれだけテスト勉強に時間が割けるかにかかってくると感じていました。

私は、通勤に片道1時間半の運転を強いられていて、さらに残業もあり、泣きそうになりながらもその時間をなんとか有効に使おうと、その時間を使うしか、合格への道はないと思ってとにかくやってきました。受験勉強をし始めたのは3月からです。

合格するかどうか半信半疑で、途中の7月の模試の結果に心が折れそうにもなりましたが、諦めずに、やるだけはやり切りました。時間のなかった私の勉強法から、もしヒントがあるようでしたらお使いいただきたいと考え、シェアさせていただきます

 

#1 使った参考書

#2 時間の融通

#3 加齢との戦い

#4 その他

での投稿を予定しています。みなさんに合うところだけを、参考にしていただけたらと思っています。

2 使った参考書

(1) 心理教科書 公認心理師 完全合格テキスト単行本+Kindle(通称:緑ペンギン)

特に、勉強仲間がいるわけでもなかったので、通称は私が言っていただけです。
緑ペンギンは、参考書、まず全部読んで、問題を解いた時にわからないことがあれば調べる基本の参考書にしていました。

f:id:juneberry-miyatomo:20211031201445j:imagef:id:juneberry-miyatomo:20211031201459j:image

 



(2) 心理教科書 公認心理師 要点ブック+一問一答 第2版
    単行本+Kindle(通称:オレンジペンギン)

緑ペンギンをはじめに買っていて、内容が網羅されていると思っていたので、オレンジペンギンを見た時、初めて見る内容もあって、めちゃくちゃ驚きました。
これも勉強しないといけない内容か…と。
とりあえず、読見ました。各章ごとに一問一答があるのですが、初め読んだときにはやらずに最終的に何回かやりました。
若い方は初めから問題をやっていって積み上げていけばいいと思いますが、私も昔は記憶力はいい方だったのですが、今は51歳なので早くから問題をやっても、すぐに忘れてしまいます。だから、問題を何度もして覚えるようなものは、最後の2ヶ月に回しました。
ただ、事例問題のような、記憶だけではないものについては、早くから取りかかり記憶が定着するようにしました。

f:id:juneberry-miyatomo:20211031201519j:imagef:id:juneberry-miyatomo:20211031201532j:image



(3) 心理教科書 公認心理師 完全合格問題集 2021年版
     (通称:青ペンギン)

緑ペンギンとオレンジペンギンとで、手一杯になってしまって、青ペンギンを開けた時、また愕然としました。
知らない問題が多い…でも違いました。過去問を分野別に分けてくれているだけでした。
過去問は、最後の腕試しにと、私はとってあったので知らないものが多かったのです。
最終的に、過去問をやってからは何回かはしましたが、過去問をプリントアウトしてやる方が、当日の雰囲気もあるのでその方がいいかと思いました。

f:id:juneberry-miyatomo:20211031201546j:imagef:id:juneberry-miyatomo:20211031201556j:image



(4) 過去問4回分+実力養成用科目別練習問題
    公認心理師試験対策 2021年版

過去問を何回かやってみて、傾向を知ることは大切だけれども、次に出る新しい問題を予想してくれているものが欲しかったのです。これはAmazonの内容を読みながら、どの本を買おうかとても迷いましたが、この本にしました。

結果、どこにも載っていない問題を練習することができてよかったです。私はこの本を一番多く、何回もしました。

f:id:juneberry-miyatomo:20211031201612j:imagef:id:juneberry-miyatomo:20211031201622j:imagef:id:juneberry-miyatomo:20211031201631j:image

 



(5) 公認心理師現任者講習会テキスト[改訂版]
一応、全部読みました。緑ペンギンに載っている理由がわかるところもあるし、載っていない部分もあります。一言で言うと、試験自体の大元にはなっているだろうけれど、試験に直接関係が深くない。ただ、読んでいないと不安なので、全部読みました。

f:id:juneberry-miyatomo:20211031201645j:image

3 選択の主な理由


3月からの勉強だったので、使ったテキストは主に上記のものだけです。
ちょうど、昨年度合格された方に、いらなくなった参考書を欲しいのですが…とお願いしたところ、快くくださいましたので、どの参考書が自分に合っているのかを見ることができました。それが1月ごろです。それから自分の勉強法に合うだろうと思われる本を買いました。それが、ペンギンシリーズです。
赤本を選ばなかった理由は、実はKindle本の読み上げができなかったからです。

f:id:juneberry-miyatomo:20211031201657j:image

私は、通勤時間が1日3時間かかってしまうので、なかなか本を読む時間がありません。ですので、Kindle本も同時に購入し、スマートフォンの読み上げ機能を使い、通勤時間に耳読することにしました。
赤本は、Kindle本はあるのですが、内容を画像として保存されているので読み上げができなかったので、赤本の使用は諦めました。
次回は、どれだけ需要があるかわからないですが、Kindle活用を含めた時間の融通について、お伝えします。