だんだんと自分軸がカスタマイズされて

f:id:juneberry-miyatomo:20210425100932j:plain

昔から、自分の軸は持っている子どもでしたが
それを表面には、出していませんでした。
合わせる方が、何でもうまく流れて行くので
蓋をしていた感じです。

でも、大人になって、家庭を持って
生き方として、自分の軸をしっかりと表さないと
何が自分かが、わからなくなる…みたいに感じたのと

みんな、それぞれの生活は全く違うんだ、と感じて

結婚してからは
結構、自分の軸や家庭の軸を持ってきたんだ
と、今日、振り返ってみて感じました。

私の場合は、自分の軸を持つことは
それほど、かたくなになるようなイメージではなくて

自分のなりたいものや
家族がこうなったらいいな、というイメージに対して
近いものや、いいものは取り入れるし

イメージしている我が家に関係ないものは
流行っていても、いいと言われることでも
目指すものが違うので、関係のないものだと。

その程度です。

そして、自分にとってあまり興味のない
ノーマークな分野(例えば外食のお店とか服とか)
に関しては、まったく軸がないです。
(それも私の軸なのか)

その線引きについて、ある時に吟味したものだけど
正しいのか、の不安はありましたが

勝間塾に入って、サポメやコミュニティでの情報から
根拠をもって修正したり、変更したりできるので
私にとっては、とても心強く、安心できています。

軸って、すごくしっかりしたものでないといけないけれど
違うと思ったら、すぐに変えればいい
そう思って、何についても信念をもってやっているつもりです。

私の若い頃も、そうでしたが
職場で、若い人と話していると、しっかりしている子ほど
「一度決めたことを貫かないといけない」というような
軸をしっかりと持っているんだけれど
その軸を持っている内容が、小さいように感じます。

経験しないと、きっとわからないだろうから
それは、口では言いませんが
もっと大きな目で見て、柔軟にできたら楽だよ
と感じることは多いです。

でも、今、軸をもっている若い人は
歳とともに、それが自分のものとして少しずつカスタマイズされて
しっかりと自分軸が、できくると思います。

そのためにも、軸を持つことでの成功や失敗の経験を
積んでほしいと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

権威は必ずしも正しくないと、わかりながらも

f:id:juneberry-miyatomo:20210424215831j:plain私はもともとどちらかと言うと

権威に対して批判的な見方をする方です。

そして、今の上司はトップダウンが好きで
何から何まで決めたいタイプなんです。

それが分かっていて
会議では、それに楯突く意見を
わざわざ、言う気にはなりません。
ただ、本当におかしいことに対しては
意見としては、発言します。

トップの考え方が、自分の考え方と違う時に
合わせる部分と、主張しなければならない部分とがあって
その線引きに、結構悩みます。

放っておいても、決まっていきますが
自分が許せない線を越えると
つい、言ってしまいます。(健全なことですが)

そして、採用されるかは、別ですが。

でも、もし私がその立場なら
自分の考えをたたき台にしたとしても
たくさんの人のアイデアから、考える方が
より良いものが、出来上がると思っているのですが

そう思っている人が、私の周りにはどのくらいいるのかは
わからないですね。

楽をしたい人にとっては
トップダウンには
オートマチックで進んでいくという
ウィンウィンのところがあるようですので、なかなか根深いですし
なんせ、相手は権威ですので。

でも私は、権威って一つ間違えば
はだかの王様だ、と思っているんです。

批判的なことって、言われるとやっぱりショックですが
自分に対して、批判的な意見を言ってくれる人がいなくなると
おしまいだとも思っています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

知は経験してはじめて活かされる

f:id:juneberry-miyatomo:20210423223426j:plainスパムメールで騙されました。 

被害はまったくないですが
まさかの・・・です。

2月ごろのことです。
また、ちょうど父親の四十九日で
バタバタしている午前中。マルチタスクです。

ちょうど
Amazonアソシエイト・プログラムに申し込みをしていて
売り上げがなかったので
メールが来ていたところで

Amazonから
登録がどうのこうの、と言うメールが来て
早く返信しないと、みたいな感じで
住所氏名電話、カードのセキュリティコード
何度入れても、次の画面にいかない…

ちょうど、法要前に入力していて
法要後に「ん?」「あれ?」って思って。

そもそも
メッセージにAmazonからメールが来るって、おかしいし
で、改めて見る、弟にも言うと
Amazonらしき画面だけれど、アマゾンのURLではない!

すぐに、カードをストップしました。
その間、だいたい2時間ほど。

その間に、新しい機器がアクセスを求めている
と言うメールがあって
私は京都ですが、場所は滋賀となっていたので
本当に怖いな、と感じました。

人って、自分に都合のいいように見たことを
感じたり、解釈したりしているなと思います。

Amazonからのメールだから
きっと、あの申込した関係だとか
新しい機器がアクセスしているっていうの
京都と滋賀って、近いから、そう捉えられてるのかな、とか。

少し、冷静に考えたら分かるんだけど
起こった出来事同士を
うまく結びつけるような作業を
勝手に頭の中で、してしまっているところがありますね…。

その後
いろいろ暗証番号の変更やカードの再発行
引き落としの変更などなど。
それぞれの再設定が面倒でした。

オレオレ詐欺は意図してそういう場面をつくるのですが
バタバタしている時って
マルチタスクで、集中して考えられない状況で
安易な提案が目の前にあると、乗ってしまう…

まさに、実感しました。

知っていることと、それに対応できることは違うな、と思いました。

経験をもってはじめて、知っている知識として働くのだな、と思っています。

(これも言葉では知っていたことですが)


余裕があるときには、大切な物ごとに対しては、じっくりと考えますが

どうしても、時間に余裕がない、心に余裕がない時には、面倒くさくて

これくらいなら、もし騙されてもいいか、という考えになっています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

人の言うことを素直にきく心

f:id:juneberry-miyatomo:20210422221848j:plain集合の知恵、たくさん利用していきたいと思っています。 

特に仕事では、集合の知恵を感じます。

でも、知らないうちに
自分が正しい。
いつの間にか、正義と思い込んでいる時があります。
歳とともに
いつの間にか、凝り固まっていて
たまに、必死になっている自分を
恥ずかしいな、と感じることがあります。

自分も新しい意見を
持っているつもりだったのに
いつの間にか、古くなった考えに
固執している自分に気付くっていう
なんと格好の悪いこと。

本当に、歳をとってくると
人の意見をちゃんと、偏見なく
聴けるようになっていかないといけないと思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

夢のちからって

f:id:juneberry-miyatomo:20210421215033j:plain今日は夢を見ていて、起きました。 

昔、買った、高い高い時計を盗まれてしまう。
そして気がついたら、10時半で仕事に遅れてしまうという
嫌な夢でした…。

えっ、と思って起きると
「スマートウォッチしていない!」

「うそ、今何時?」

また、やらかした・・・
昨日、眠くて
スマートウォッチをお風呂に入るときに外して
充電したまま、忘れてしました…。

そして、普段よりも1時間も遅い…

高速で行こうと決めて、とりあえず準備に集中。
朝ご飯だけは食べて、家を出ました。

バタバタして出たけど
「夢ってすこくない?!」
と、自分で感動していました。

それから、ゆっくりと
車の中でサポメを聞きながら、考えていました。

見たくないモノは、見ない
聞きたくないモノは、聞かない
都合が良いことを、拡大解釈する。
そうあってほしいという気持ちから
人って、無意識でそうしていますね。

専門家の安易な意見とか、安易な解決方法って
本当にショートカット的で、魅力的ですね。
上手いこと言うなあ、と感心しました。

インスタントで満たすこと、大好きって
人の心理なのかな、と思いました。

私は斜に構えた見方が、もともと好きなので
結構、懐疑的に物ごとを見てるように感じました。
みんなが信用していることを、あまり信用できないところとか
マイナーな情報の方が、大好きです。
それも、テレビではマイナーな情報っていうだけで
その世界では、マイナーでもなかったりもしますし。

話は、飛びますが
昨年の今頃
コロナで「虎ノ門ニュース」を見れるような生活になって
テレビニュースと、まったく違うこと言ってたりして
面白いと思いました。

上念さんを、はじめて見たのが「虎ノ門ニュース」だったので
「怖い人だな」と思っていたら
勝間塾で、優しくお話しされている上念さんを見て
めちゃくちゃビックリしたことを、思い出しました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

仕事とプライベートととを分けて人を見る

f:id:juneberry-miyatomo:20210420205832j:plain
私の中での、人を信用する基準は 

必要以上に、仲良くなろうとしない人の方がいい。 
 
逆に言うと、必要以上に愛想のいい人に対しては 
警報がなります。 
なぜでしょうか、信用できません。 
 
でも、そういう人は、そういう人同士で仲良く 
取り巻きタイプに多いかな、と感じてしまいます。 
 
そして、信頼する人からのお墨付きのある人は 
やっぱり、信用してしまいますね。 
でも、自分で判断している部分もあるかなと思います。 
 
私は、仕事面、性格面を分けて見ていますが 
それが、ごっちゃになっている人もいるし 
本当に、いろいろですね。 
 
仕事とプライベートとを分けるって、大きいと思います。 
営業などは、仕事ですし 
仕事で優しく話しかけてくれたりは、しますけれど 
いい人というよりは、仕事ですから。 
基本的なことですが 
その辺りが、混じってしまうと 
判断が難しくなるように感じますね。   


あと、見た目や学歴について。

やっぱり、賢いんだな…とか綺麗だな…とか影響しますが

少し仕草や話しぶりを見ると

なんとなくその人が滲み出てくるように感じられますね。

「40歳になったら自分の顔に責任を持て」みたいな言葉がありましたが、若い頃はその言葉のおかしさを笑っていましたが、本当にそうだと思います。 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com