1週間で固まった気持ち しっかりと休み余裕をつくる

f:id:juneberry-miyatomo:20210627061617j:plain今日は、私の独り言のような宣言的な内容です。

機能不全家庭という言葉は、大人になって知りましたが
私も子どもの頃は、家族の非言語情報を読み取ってしまって
苦労してしまっていました。
そして、それが大人になって私のデフォルトで
心理的安全性がない状態でも
自分では、気づきにくいように感じます。

今週「休む」と言うことを考えて
自分で文字にしてみて、客観視できて良かったです。
1週間、無意識でも意識の中でも「休む」が頭にあって
(ちょうど、仕事が非常に忙しくて)

今の私の働き方はおかしいと、やっと思えました。

勤務先が、車で42キロくらい、高速では45キロ
片道1時間半と遠くて
最終的には、睡眠時間が減らされることになっています。

それをクリアするため対処療法的に
ホテルに連泊したり
運転中、ウトウトした時に安全なように、車に乗り換えたりしましたが
やっぱり、根本的に見直さないとダメだな…と
やっと思いました。

車を変える、ホテルに泊まる…から連泊する…など
対処方法も少しずつ、エスカレートしてきているので
私も家族も、それがだんだんと普通になって
「今週もお母さんホテル?」みたいに
あまり何も感じなくなっていました。

でも、昨日のサポメで
「ムリ、ムリ、ムリ、ムリ、無理です」
と言った職場の彼女様子を書いてみて
私も、まだ勝手にムリだと思っていることがあるよね…
と自分のことにも映りました。

管理職になると、勤務先の希望が言えなくなるのですが
叶わないかも知れないけれど
まず、上司に言ってみようという気持ちが湧いてきました。
私の健康を守れるのは、私だけだから…と
今、強く思っています。

健康に関して、優先順位高いハズなんですが
日々の生活に追われて、狭い世界にいると
見えなくなっていたことでした…

今の上司はトップダウン的な考え方で
基本的には、考え方は違いますが
仕事内容自体は、嫌ではないですし
それこそ、パフォーマンスは出していると思いますので

その内容が、叶うかどうかはわからないですが
とりあえずの意見としては、聞いてもらえると思っています。(たぶん)

私はすぐに、組織としてとか、人事とか、しがらみとか
いろいろなことに、頭がいってしまいますが

まずは、自分の健康について、自分の休息について、考えることって
私しかできないことだなと、今週、気づかせてもらいました。
(当たり前のことなんですけどね…)

どういう形であっても、きっと数年後には
「あの時言ってよかった」と思える結果になっていると思います。

夏季休暇前くらいに「上司に話してみよう」と気持ちが固まりました。

歳をとってきて、身体がキツいと思う水準が下がってきたと思いますが
やっぱり本音では、体力的に無理したくないです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

外の世界に意識を飛ばして、やり過ごす

f:id:juneberry-miyatomo:20210626113715j:plain

以前、投稿したのですが

若い頃に、仕事に集中しすぎて
「私でなければできない仕事がある」と言う思い込みから
頑張りすぎて、体調を崩し入院することになったことがありました。

そこからは、思い込んで頑張ることはしないように
「テキトーに」を合言葉にやってきました。

だけど、実質はやっぱり私、頑張っているんですね。

家庭でも夫に「リミッターが外れてる」と言われるように

「テキトーに」と口では言っているけど
家庭でも、職場でも、側から見ると頑張っているように
見えていると思います。

それって、やっぱり頑張っているのかな・・・?

その時の私の気持ちは「私がやらないと…」
昔と変わってない…(◞‸◟)

私がやらないと 何なんだろう?
えらいことになる…えらいことって?
何を恐れて頑張ってるんでしょうか。
これは、自分への問いです。

今週は、仕事がとっても忙しくて
本当に、マルチタスクで、単純なこなせる仕事と
そこに急に舞い込んでくる人間関係が絡んだものと…
自分のペースで進まないことが多くて
まず、単に時間がかかって。

頑張ってはないつもりだけど
だんだんと、視野が狭くなってきていました。
警報が鳴っています。

そう言う時の自衛策は
外の世界に、意識を飛ばすことです。
だから、しんどい時こそ、投稿する、投稿したいんです。
(先週は、それもできない日も…)

昨日の職場からの帰る時の話ですが
昨年、一緒に仕事をしていた若い子(30代くらいの女性)と
偶然、廊下で会って、遅くなったついでに
立ち話が始まりました。
お互い、仕事で疲れていたので話したかったのだと思います。

彼女も、今かなり疲れていて
私は自宅が遠いので、帰るのが遅い日は互助会の補助のあるホテルに
1000円で泊まっている話をすると
「リフレッシュできそう」ととても嬉しそうに聞いてくれました。
彼女はとても優しいんです。私は癒されます。
(でも、こういう時には気を遣ってくれていそうで
用心深い私としては、彼女が気を遣ってくれてそうで、信用できないのですが)

でも「私も泊まってリフレッシュしてみようかな…」と言っていた言葉は
独身の彼女にとって、仕事が忙しいと
それが生活のすべてになってしまうので
若い頃の私とダブって、それは本当に大切だな
と思って聞いていました。

彼女との話でも、今の職場がすべてだと思わなくていいよ
と言う話をしながら
そして、それを自分にも言い聞かせていました。

そう言う彼女も、同じ業界の外の世界についてよく知っているので

「この職場以外に、そう言う外の世界にネットワークがあってよかった」

職場で、理不尽なことがあったり、しんどくなったりしたら
外の人たちと、話をするとリフレッシュできる…と。

また、違う業界とコラボしているような集まりにも、彼女は参加していて
そう言うところに興味があって、今のキャリアを活かしながらやりたいことが…
と、思いがけない話もしてくれて

本当に、しっかりとしていて、人間的にも芯のある彼女なので

「あなたなら、それ立ち上げられるよ」と言いましたが

「ムリ、ムリ、ムリ、ムリ、無理です!!」

「私はそこで支える側でいいんです」と言われ
あなたなら、Eじゃなくてもいけるよ、と思いましたが

そうか、こう言う感じだったな…
マインドブロックがあるんやな…と改めて実感しました。

無意識に頑張ってしまっている時には
外の世界に意識を飛ばしてリセットする…

昨夜、彼女との別れ際には
「意識を外に飛ばしとこう」と言う話になりました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

休憩とパフォーマンスとを一緒に考える

f:id:juneberry-miyatomo:20210625231219j:plain確かに、パフォーマンスがちゃんとあるから

休憩が認められる感じありますね。
職場で文句を言われないのは
パフォーマンスがあるからだと。
納得できます。

ただ、私の職場ではパフォーマンス出していない人の主張も
なかなかのものです…
ま、いいです。

家でも夫はいつも

「ちょっと小休止」と独り言のように言って、休憩します。

うちは、色々な変遷を辿って
今は、家事分担がまぁまぁあるので
家事をするのを、小休止している間に
私がその家事をしてしまうことが多いので
文句を言われないよう、私に対する言葉です。

微妙な線ですが
最後までやり遂げるのであれば、それもありですね。
「休む技術」では私よりも、かなり先を行っています。

夫は私とは性格が正反対で
夫はいつも休憩しながら、見方を変えると
力を温存することが上手いです。
(何を目的に力を温存しているのかは不明ですが…)

だから、夫から見ると私は
「リミッターが外れている」と見えるらしいです。

私から見ると
夫のリミッター、制限される値が低すぎる…って感じで
それぞれの、感覚が異なって
それが今まで、いろんな面で大きな問題となってきました。

そんな時、いつも私は
夫が「やってくれない…」みたいな思いを持っていましたが
ま、小休止も含めてパフォーマンスが上がればそれもありですね。

実績というところで?ですが
私も、何でもかんでも、その時にやり切る、というのではなくて
少し夫を見習ってもいいかも、と思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

予定を何も入れない生産的休息を過ごす

f:id:juneberry-miyatomo:20210624213541j:plainこれは、私の罪悪感を拭ってくれました。

私は、睡眠負債が多いのか
休みの日は寝ている割合がとても多いです。

そして眠っているのも気持ちいいのですが
ゴロゴロしながら、考えているのも好きです。
でも、考えているだけだと
どんどんと考えが巡ってしまうので

しかも、それがネガティブな考えだと
ドツボにはまってしまうので
ノートなど紙に書くようにしています。
記録というのではなくて
同じところを回るのを避けるためです。

中高生の頃に、これを考え出しました。
悪いことばかり考えるので、落ち込んでしまうので
それを書いたら整理できると思って
紙に書いて、自分で理解する…みたいな感じでやっていました。

私は「内省」が3位と高かったと思うのですが
それって、昔からなんでしょうね。

紙に、やりたいことや、先のこととか
頭に浮かんだことを書きながら
過ごしていました…大した内容ではないですが
なかなかの高校生ですね。

「生産的休息」

最近は本当に布団の中でゴロゴロできるのが
幸せでしたが、やっぱり罪悪感があったので
この言葉に救われました。
よかったんですね^^

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

集中して仕事をするとやめられない

f:id:juneberry-miyatomo:20210622215158j:plain休憩をとるのは、どちらかというと苦手です。 

キリが良くないから
終わりを決めるのが難しいです。

エアークローゼットの中に 
「見つける」というのがあります。
自分の好みをスタイリストの方に
知っていただく、という感じのもので
いいなと思ったものをお気に入りに入れる…
これは終わりがないので、やり続けると
ひたすら、やり続けてしまいます。
これは「やめる」ができないのかな。
これって、先週の話ですね…

仕事や勉強で集中していることを
やめるのも苦手です。
スマホの通知が来ても、なかなか動けないです…

でも、休憩をとることを、考える時間を作ると思うと
少しできるような気がしてきました。

1日の仕事の中でスケジューリングできそうです。
オフィシャルじゃないから
自分でできそうな感じがあります。

毎日の仕事は、本当に舞い込んでくる仕事対処が多くて
本当にマルチタスクだな、と思います。
自分の仕事が進まないストレスもあります。
でも、全部脇に置いて
自分でこっそりと休憩を作るっていいかも
と思えました。

本当に、できるかどうかはわからないけど
考えるとちょっと楽しいです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

<img src=”//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=2309920&p_id=170&p

ぼーっと考える休憩マインドワンダリングかな

f:id:juneberry-miyatomo:20210621222340j:plain職場に、アイデアをよく考え出す若い子がいたのですが 

いつもその子が言っていたのが

「ずーっと考えてると
ふとした時に、神がおりてくるんですよ」
と言っていました。

これが、マインドワンダリングなんですね。

そう言えば
「きのう、風呂入ってるときに思ったんですけど…」とか
「運転してるときに思ったんですけど…」って
職場の会話でよく出てきます。

一生懸命に考えてる時には、思い浮かばなかったり
全体が見えなかったりするのですが
少し離れて見ると見える、思いつくって
ホントによくあります。

私は、すごいアイデアはでないですが
ぼーっとリラックスして考えていると
いろいろ出てくることはありますね。

私は休憩はできているっていうことなのかな…

juneberry-miyatomo.hatenablog.com