自分も周りの人も大好きになる

以前にも、投稿したことがあるかも知れないですが
子どもの頃から少し前までは、自分のことが嫌いでした。
だから、今日のようなテーマの時に振り返って見ると
いつから自分のことを嫌いじゃなくなったのかな、と思います。

4、5年前くらいかなと思いますが
特に、これといったエピソードは思い当たらないです。
何かが、少しずついい方に変わってきていて
ま、いいことです。

自分のことが嫌いだった時には
周りの人も嫌いだったし
そんな自分がいる意味って…という思いがありました。
今では、自分でも「周りの人って誰だろう」って感じですが
漠然とした周りの人です。

そして、その頃は周りに不満がある人や
自分のことを嫌いな人が、何かしらの相談に来ていました。
人って、同じ臭いみたいなのを嗅ぎ分けるところ
すごいと思います。

今思えば、私も含めてそう言う人たちには
きっと、余裕がなかったと思います。
私のことを考えると
仕事や家庭やいろいろなところで、認められない思いだとか
それについて意見をしている自分に対しても、嫌な気持ちがあって
自分が嫌いだったと思います。

実家との折り合いが悪かったのですが
一昨年、父親の余命がわかった時に
このままじゃ、絶対に後悔すると思って
父親との関係を整理しました。

実は、小学5年生から結婚するまでの18年間
父親と口をききませんでした。
ちょっと引きますよね…。
私自身も、結婚する時に振り返ってみて
期間の長さに、自分でも驚きました。

今思うと、周りの情報に踊らされていたと思うこともあります。

結婚する時、母親は反対しましたが
父親は認めてくれていましたし
体裁をまったく気にしない、いい父親だったと思います。

自分が嫌いでなくなった理由、強いて言えばこれも関係あるかな…

一昨年前、癌だった父親が逝くまでには
私や私の家族からの感謝の気持ちも伝えられて
とりあえずは
私が、娘として自分が後悔しないように送れたと思っています。

そこも、自分の嫌いポイントが大きく一つ減った理由かも知れないです。

息子たちのことにしても、父親のことにしても
自分の思いをとおすのではなくて
相手の気持ちを聴くことや受け入れることって
結局、自分に余裕がないとできないんだな、と思います。

一番近い人たちとの関係が、上手くいっていない中で
自分が嫌いだったのかも知れないです。

周りの人も好きになっていくと
自然に自分のことも好きになっていくのかな、と。

自分の余裕分で利他になる

マネジメント的なことで、いろいろな人のお話を聞いた中で
稲盛和夫さんのお話が、一番しっくりきました。

マネジメントというお話の中で
利他の精神が出てくるとは想像していなかったので
驚きましたが
私は、稲盛さんのお話が人間的で好きです。

時代が変わったのか、私が変わったのか
わからないですが
バブルの終わり頃の、学生時代には
どこか、利己的であることが主流で(主観です)
利他的であることが
私の中でどこか、恥ずかしいみたいな感じになっていました。

小さい頃には、利他的な方がいいと道徳的なことを学んではいましたが
「そんなことしてたら、みんなにおいてかれる」
と子ども心に感じたことが何度もありました。

それから、現実は厳しいんだから…と、学生時代や社会人になった頃には、素直に利他の気持ちは出せなかったです。
そんなことしたら、おいていかれるような気持ちが、やっぱりありました。

高校まで、家の近くだったので
急に都会を知った田舎者みたいな感じで
そこから、なんか都会を知っている人、冷たい人になろうと
思ったような気がします。
ま、浅はかな考えですが、そんな感じでした。

だから、40代の頃に稲盛さんの本を読んで、CDを聴いて
経営者でもこんな人がいるんだな、とすごく衝撃を受けました。
経営なんて知らなかった私は
それまでは経営と、人間として大切なこととは
切り離して考えないといけない…みたいに
勝手に思い込んでいたんだと思います。

結局は、今では私も仕事の中で人間的な考え方
利他的な考え方が大切だなと感じています。

自分の余裕分で利他的になると言うくらいがいいですね。

苦手な人について振り返る 金曜日の祝日はゆったりと

お休みですが、土曜日ではないので
私はゆっくりできます。

平日は帰りが遅くて、病院へ通えないので
この歳になると、土曜日に、しかも午前中に
病院回りをしなければならないので
(基本的にはメンテナンス系)
何かとバタバタします。

でも、今日は祝日の金曜日なので
ゆっくりとしています。
一週間の買い物も土日にできるので
久しぶりにゆったりと過ごせて嬉しいです。

苦手な人について。
基本的には、近づきません。
でも、どうしても自分の線引きの中で
自分で受け入れられない、許せない部分があれば
意見をします。

仕事では
あまり、人のやっていることを否定する意見は言いませんが
人間関係などで困っている人がいれば
数年前までは、ついつい意見を言って
後で「言ってしまった…」と後悔することがありました。
でも、普段否定的な意見を言わない私が言うことで
言われた方もショックを受けて
態度が変わることが何度かありました。

普段、あまり否定的な意見を言わない人の、真剣な意見や苦言は
こちらが思う以上に、大きな効果があります。

でも、だんだんと立場が変わってくると
言い方に気をつけないと、ハラスメントになりかねないので
ついつい、本音で話してしまう私に取っては
すごく、気をつけないとダメなところです。
(でも、そんなこと考えてたら話できないですけどね)

ちょっと思考停止な感覚のまま…

昨日の年齢の話にも少し繋がりますが 
年齢の高い人たちが 
ある意味で 、年齢という視点での
クローズドサークル的なものをもっている人たちが 
いるということかな、と思いました。 
 
マウンティングも、同じような意味があるので
やっぱり、理論だけでなく、技術、そして資格も身につけておくと
それが、すっかり忘れている時に
自分の身を守ってくれることもあります。
だから、私は資格を取ることが好きなのかも知れないです。

リーダーシップは、サーバントリーダーシップが
私に合っていると思っています。
初めてその内容を知った時に、合っている思いました。
舞台裏とか裏方の方が好きな私にとってぴったりなので
前へ出ようとはあまりせずに
チームとして全体を支えていくようなイメージが好きで
私に合っていると思います。

色々あるけれど、結局、自分と同じ思いをした人を
仲間と認識するのでしょうかね。
ちょっと支離滅裂…

今日は疲れたので、ここまでです。

自分よりも年下であることは…

初めての場所って、いろいろな人を観察するのには
とてもいい環境だな、と思っています。
以前の職場にも3年いましたが
はじめの私への扱いは普通ですが
少しずつ場に馴染んでくると
だんだんと対応が変わってきました。

そして、4月に職場が変わり
私はまだ、あまり知られていません。

そんな時の人の対応って
その人がどんな人かが、わかりやすいです。

時が経つにつれて、いろいろな関係性から
本意ではなくても、いい顔をしてくれる人が
出てきて分かりにくくなってくるから。

だから、なにも情報がない時に、いい感じの人は
経験から、人としていい人だなと思います。

新しい職場に配属されて
毎回、嫌な感じをすることがあります。
「気にしすぎ」と言われれば、それまでなんですが
気になることがあります。

相手が年が上だと
ある程度は、すんなりと受け入れられることも
相手が、年下だと思ったら
ちょっと意地悪になる人がいます。

私は、だいたい若く見られがちです。
本来なら嬉しいことなんです。本来は。
でも、仕事には支障の出ることがあります。

実際、だいたいは私の方が年上なんです。
職場には、基本的には60歳までしかいないから
だいたいの人は、私よりも年下です。

もう、面倒くさいので前の職場では
しばらくの間、わざと白髪を出していました。(涙)
でも、この威力って意外と大きくて
話をする時の物腰や、態度は大きく変わります。
なんだか、悲しいことです。

相手が自分より年上だったら、言うことを受け入れる
年下だったら、ちょっと文句を言ってみるみたいなの
おかしいです。

でも、少なくとも人って年齢で上に見たり、下に見たり。
仕事とは、直接には関係のないようなところです。

でも、気持ちよく過ごすには意外と大きなことで
目上の人を敬う気持ちが大切だと思う派の私でも
年下だから、相手を下げるみたいなところは
なんだか・・・という感じをもっています。

私は人付き合いが得意なのか、苦手なのか

自分一人で行えることって、小さいし
限られていますね。

以前、軽トラが必要な時があって
「軽トラ」「軽トラ」と呟いていると
「〇〇さんは、お家農家やから、軽トラ持ってるよ」と
教えてくれた人が、いました。

5月に、新しく知った
とてもいい歯医者さんは、勝間塾のつながりから
ご本人には、お会いしたことはないのですが
Facebookで、発信されていたので
そこから、繋がることができました。

こういうことは
一人では探しきれなくて、あり得ないことなので
本当に、ありがたいですね。

あと
自分で能動的にするっていうこと。
職場では、半分仕事で、半分ボランティア的に、企画したり、能動的な人付き合いしていますが
プライベートでは、ほぼ、やらないです。

だから、仲のいい人たちには
私から誘わない、言い出さないから
誘ってほしい…絶対行くから、と
ワガママを言っています。

私は、仕事とプライベートとの人付き合いの仕方がまったく違うんで
仕事で人付き合いが、立て込んでくると
疲れることがあるんだと思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com 

人付き合いを考えてみて、私はどこで人気者になる?

f:id:juneberry-miyatomo:20210717083951j:plain人気者になるという言葉を聞いて

いろいろなことが頭を巡りました。

私が人付き合い得意だけど、疲れるわけが
わかった気がしました。

大学卒業後、証券会社で営業をしていましたが
リテール(個人客の)営業なので
新人教育でも、誰にでも好かれるように
ファンをつくるように、と上司から言われたように覚えてます。

基本的に、一対一で、人とお話するのは好きだったので
それほど苦にはなりませんでした。

そこから数字を出さないといけないのが
利用しているように感じられて、嫌でしたね。

だから、感じのいい人になって
何時間でも、お話を聞くことは得意です。
でも、これは仕事の中のことであって

この手法と、プライベートでの人付き合いの仕方は
同じにすると、とても疲れます。
だから、プライベートではあまり

「感じのいい雰囲気を出したくないな…なんか仕事みたいだから」
(嘘をついているところがあるので)

と思ってしまいます。
これは、まだ自分の中でも、あまり解決していなくて
今も、揺れることがあります。

でも、職場での社内政治を考えると
感じよく振る舞うこと、人気者になる風のことはできるので
とりあえずは、やりますが
心の中にモヤッとこれでいいのかな…という
まだ割り切れていない気持ちがありますね。


たまに、元上司の退職後に職場以外でお見かけすると
人格に魅力があった、上司の周りには
たくさんの人が集まっています。

職場での人付き合いの中にも、
忙しい中、ていねいに人と向き合われていた人は
上司という肩書きがなくなっても
人としてつながっていたいと思われる人になっています。

また、この人は上司だから言うことを聞いているけど
そうでなかったら…と思う上司もいます。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

そりが合わないわけじゃないんだけど…合う人と合わない人

f:id:juneberry-miyatomo:20210713214017j:plain昨夜、ちょうど夫ともめました。 

と、書くと、そりが合わないみたいですが
そう言うことでは、ないのですが

どうも「予定」という言葉の使い方が、違ってて
ま、言葉の定義が違うんだから、そりゃもめますよ…

という感じで。

ただ、仕方ないかな…と言う感じ、にもなって
どっちが正しいとかなると、ややこしいので
(どっちも自分が正しいと思っているから)
ま、いろんな人がいるわ、みたいな…

若い人がこれ読むと
夢のない夫婦生活みたいに思われて
夢を壊しているようで、嫌なんですが
ま、これも事実なんです。

職場では、悪口の井戸端会議系は苦手です。
その場から、離れます。

これは、数年前に教わったのですが
嫌な気持ちがする時には、物理的にその場から離れる。
当たり前の人には、当たり前のことだと思いますが
私はそれまでは、じっとそこで仕事をしていました。

「そういう時には、トイレでも何でも
その場を離れればいいねん」

と教えてくれた人がいました。

有効活用しています。
そう言う悪口を聞かないと、楽です。

刺激を避けるっていうことなんですかね。

私の横にいるサイコパス女子。
さすがに、その場限りの言語力には長けていて
人付き合いも、さすが権力のある人を見極めて
上手いこと働いています。

そして、最近の手法は
私は、彼女よりも立場が上になるのですが
彼女が気に入らないことがあると
私に話を振ってきて、それに返した言葉を
(大したこと言っていなくても)

この私が、怒っていた系

に利用されていたことが判明。

「自分じゃないけれども、〇〇さんが…」と
理由にして、自分の思い通りに事を進めるために
上手いこと、利用されていました。

それも、周りからの確かめが来て
バレるのですが、バレても上手いこと言いますから
怖いものなしです。
サイコパス恐るべし。

逆もまたしかりで
私でも彼女に惑わされるので、気をつけないとダメです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com