時間は減る一方だから、タイムマネジメント

生涯の時間の最適化という視点は
今までの私の考え方と似ているようだけど
ちょっと違うようで
新しい石を投げ込んでもらった感じがあります。
その違いは自分の中でモヤモヤしていて
まだ言葉にならないので、考えています。

時間は減る一方。
これは、どこかでわかっているから
50代だから急がないと…と、いつも思っているんだと思います。
時間は減る一方ですね。

そう思うと
ダラダラと自分の意に反した時間を使っていることは
すごく、もったいないですし
時間を、大切に使うようにすることと

私にとって、いい時間の使い方
生涯につながるような時間の使い方を、していきたいと思いました。

また、これは自分に対しての愚痴です。
転勤して1ヶ月、ちょっと様子を見ていましたが
私は早く帰りたいので
ダラダラ話しているところを上手く切れるような言葉を使って
「この人は早く帰りたい人なんだ」と
早く周りに定着させるようにに行動します。

初めに勇気を持って行動すると
大体それはそれとして、割り切って考えてもらえることが多いです。
あと、仕事はちゃんとしていますので…。

当たり前の感覚を共有できる人たちは…

私は、どこで働いても課題が目についてしまいます。

今は、コミュニケーションを大切にする職場
考え方もいい、でも、ダラダラ感がある。
本人たちは、ダラダラ感とはまったく思っていないと思いますが
そう見えてしまう…

ごく当たり前のことですが
私は帰ってからの自分の時間がほしい、と思っています。

でも、家に帰って特にすることがなければ
職場の人との、コミュニケーションが生活のすべてで
仕事後の、他愛のない会話が
自分の中での楽しい時間となっていたのかも…
とも思います。

少し前までは、帰宅してからも特にすることもなく
家事をやって、寝る。
子どものこともありましたが
自分の時間の使い方って、特になかったですから。

コミュニティのイベントなどで、リアルで話していると
時間を忘れるくらい楽しいし
たくさんのことを得られるしで、嬉しい。

私には、今、自分のいるコミュニティがありますが
そんな場がなければ
私も、職場でのコミュニケーションを楽しむ人に
なっていたかも…
コミュニティがあって良かった
と、本当に心から思います。

ダラダラ感だけではないですが
その職場で、当たり前だと思っていること
外からの目でみると、まったく当たり前ではなくて
とてもおかしくて、気になります。
どこに行ってもですが、この感覚を忘れないようにしながら
そして、違和感をもっている仲間をつくりながら
無意味な仕事を、失くしていきたいと思いますね。

タイムマネジメント テクノロジーへのハードル

職場の事務作業は
テクノロジーとは、かけ離れたところなので
全てではないのですが、私でも驚きのこともあります。
勝間さんが知ったら、もう本当にひっくり返るくらいのことがあると思います。

職場では、与えられたノートパソコン2台両方を使わなければならない状況があって
4月から、Aのパソコンを使うときには、Aを前に持ってきて
Bのパソコンを使うときには、Bを前に持ってきて…とやっていました。
とても面倒くさいし、場所もとるし、ちょっとずつ時間がかかるし…で

なんとかできないか、聞き回って
ディスプレイを設置して、両方の画面を切り替えられるようにしました。
(詳しい人に、ほぼやってもらいました)
スイッチで切り替えられるので
イライラも解消されました。

私は詳しくないので、まったく想像もできなかったので
言われた機器を購入して、接続して、設定しましたが
このレベルのことは、皆さん普通なのかな。

設置後すぐは「ディスプレイまで買って…」と少し冷ややかな目も感じましたが
その後は、1人、2人とモニターを設置していました。
ディスプレイの設置はしなくても
いろいろと自分仕様にする人が増えた気がします。
やっぱり、少しでも快適に仕事したいとみんな思っているようです。

あと、車生活が中心の私にとっては
アイサイトのついた車を買ったことは、すごく大きかったです。
車の運転で疲れることが、ほぼ無くなりました。
テクノロジーってすごいと思います。

今持っているもので支障がなければそれでいい、という考え方だったので
買い替えどきにテクノロジーを活用したものがあれば買うくらいのもので
テクノロジーの導入に、まったく積極的ではありませんでした。

だから、テクノロジーについて考えるようになって
使ってみて生活が楽になって
テクノロジーってあった方がいいな、と思うようになってきました。

今まで、なくてもいいものにお金を出すこと自体が
贅沢だ、という感覚があって、贅沢への罪悪感がありました。

でも、タイムマネジメントとして考えても
自分を大切にするという視点からも
だんだんと受け入れられてきた感覚です。

タイムマネジメント生活の中での優先順位づけ

時間の使い方を考える時に、考える割合は
先々のことの方が多いです。
今、これをやっていたら先々にいいだろうとか
どちらかというと、時間割引率の低い考え方です。

それはいいのですが
「先々のことを考えたら
今、少しぐらいしんどくても…」とか
「今、無理して詰め込んでおく方が…」とか
先々の優先順位を考えるがばかり
今をおろそかにしてしまうようなことが多いです。

結局、空いた時間に、やりたいことを
どんどん詰め込んでしまいます。

日常の生活時間の中に
余裕をたっぷり入れることは
私の課題ですが、やってみますと言うには
ハードルが高いので、まず考えるところから。

やりたいことがたくさんあると
諦める優先順位(?)をつけることが本当に難しいです。

そして、初めてしまうと
コツコツやるタイプの私は
やらないことに罪悪感を感じてしまうので
頭の中を整理です。

一日の優先順位なのか、人生の優先順位なのか…
モヤモヤがあるので
そこも、自分の中で落ちるように
考えてみます。

時間の使い方について一石投じる?

10年前にフルタイムで働きだした時に
お金はあっても時間がない…という状況ができました。

今まで「お金があればな…」と
主婦をしながら思っていたことが
あっという間に覆ってしまいました。

子どもがまだ、小学生で
それまで家にいただけに、小学生の子どもを
ほったらかしにしているような、罪悪感が襲ってきました。
(でも、共働きをした時に女性だけが罪悪感を感じているのも
その頃は納得がいかなかったですが、これは身内の話で)

だからお金と時間とは反比例しているんだ、と強く感じました。
でも、それまでは家にいたので
働きながら子育てをしている人たちに比べたら
大したことないですが
そういう感覚に、慣れてなかったことが大きいです。

今では、子どもたちも大きくなったので
そういう意味での罪悪感はないですが
拘束時間が長くて当たり前、という感覚で
麻痺しています。

最近は、とりあえずサッサと仕事を終えて
できるだけ早く帰っています。
当たり前のことなんですが…

4月からの新しい職場では
雰囲気は、すごくいいのですが
悪く言えば、なんでも
ダラダラ長くなってしまうことを
今まで許してきた職場とも言えます。

4月に転勤してきて
サクッと終わりたい私は
ちょっとイラっとすることがあります。
さっさと仕事を終わらせて、帰りましょうよ
という感じです。

きっと(時間の使い方が)仕事が生活のすべて
になっている人が多いのだと思います。

私も入塾して思考が変わったように
いつも普通になってしまっている環境って
本当に大きいと思います。
一石投じたいな。

時間リッチになれる?詰め込みグセ

時間を上手く使わないともったいないという思いは
昔からありました。
その典型が、旅行に行った時の行動で
せっかくなので…と思うと
ゆっくりできない。
若いころは、いろんな場所へ行ったり
経験をしたりしたかったので
本当に寝る間も惜しんで、という感じでした。

私が、寝なかったら
いろいろできるという考え方が、染みついていて
40過ぎまでは、睡眠時間を削っていろいろやっていました。

それでも、回っているうちは良かったんですが
歳とともに、踏ん張りがきかなくなって
睡眠時間って大切だな、とやっと理解した感じです。

時間リッチと、考え方がちょっと違うのですが
時間内にたくさんのことをつめこみたくなる。
予定がない時間があるのが嫌。

そんなんなので、スラックなんてなかったです。
作ることがもったいないと思っていました。
今は、スラックの必要性を感じていますが
まだまだ、いろんなことをいつも詰込み気味です。

しんどい中、好きなことをやっていく感じです。

やりたいことがたくさんになってきて
優先順位をつけないと
ホントに時間が足りなくなっている…
ある意味、今やっておかないと…と
時間に関して(?)何か強迫観念があります。
今週も楽しみです。

でも、ちょっと詰込み気味なので
今週は、できる範囲で投稿します。

タイムマネジメントの引き算は 自分の割り切り

f:id:juneberry-miyatomo:20201129090134j:plain


私の職場では、会議内容の分単位でのスケジュールが

レジュメに書かれています。
ただ、あまり上手くいっているイメージはないのだけれど
何となく、続いています。
PDCA回ってないです…。

時間の見通しの甘さがありますね。

時間の見通しも大切ですし
会議の進行、と言い出すと身も蓋もないですが
いろんな意味での割り切りも、必要だと思います。

私の中では、割り切りは「引き算」です。
自分の中で、割り切ることができたら
引き算でして、すっきりできる、と思っています。

今週タイムマネジメントを考えてみて
毎日、時間のやりくりを考えて、優先順位を考えて

引き算をしているつもりですが

根本的なところで、見落としているところが

まだまだ、たくさんありそうに思いました。

思い込みがありそうです。


また、タイムマネジメントが、時間管理という概念はあったのですが

人生においての大きな視点は持っていなかったので

取り入れて考えてみたいと思っています。

https://image.moshimo.com/af-img/0032/000000001222.gif

職場で自分らしい時間を守るために、私がしていること

f:id:juneberry-miyatomo:20201128100102j:plain
自分らしい時間、心地いい時間について思うと

自己表現している時、表出していると気持ちいい。

それは
自分が書く文章だったり
弾く、吹く、歌う、音楽だったり
エアロみたいなスポーツだったり
(スポーツはあまりしないので、エアロをスポーツというかどうか)
共通することが、最近、やっとわかってきました。

そういうことが
趣味としてリフレッシュできるのだなと思います。

あと、職場での会話もです。

嫌な仕事でも
それに対する意見を伝えて
自分の中で、落としてから
視点を変えて、取り掛かると
自分らしく仕事してるな、と感じます。

でも、文句ばっかり言っているようで
自分自身が、嫌に思えることもあります。

仕事は、自分の生き方にそったことばかりではないけど
それに対する自分の思いがマイナスの場合は
その思いを、愚痴ではなくて
意見として、一緒に仕事をしている人に伝えると
少し見方も変わりますし

それを踏まえて次回はどうするのか…
みたいな話にもなるかと思っています。

なにより、嫌な思いをフツフツと持ちながら
黙って受け入れて、嫌な仕事をしていると
ホントに自分らしさがなくなってしまう、と思います。

私は、自分らしさを守るために、いつも意見言ってんのかな…
と思いました。

(言い訳のように、何度も言いますが
側からは文句と見えるかも知れませんが
私としては、前向きな意見を言ってるのです。)

www.rakuten.co.jp