モヤっとする抽象を表現する言葉

2年前と、比べたら
抽象思考ができるようになった…
と、昨日は書きましたが
実際、うまく言葉では表現できないけど
感じている共通点のような、概念のようなものって
まあまあ、あります。

そういう時に
そのモヤッとした概念を支えるボキャブラリーは
少し増えたかな…程度で
言えないことがありますね。

いつも見ているものや、よく知っているものについては
言語化できることが多いですが
初めて見るものに関しては
子どものように、うまく言葉がつながらない
そんな、感覚があります。

実際に、言葉を使ってみて
その時の表現は、こういう言葉を使うと
しっくりくるんだ・・・と
体感して、納得できてやっと
表現する言葉を知るという感じです。

これは、小さな子どもと
同じだな、と思います。
そして、次回
同じようなことを表現するときに
同じ言葉を思い出せばいいのですが
歳のせいか、すっかり忘れていて
また、新鮮な体験をします。
そんなことを、繰り返していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です