ネガティブフィードバックの中から…

今思えば、
私は、ネガティブフィードバックの中で
育った気がします。
それは、家族もそうだし、習いごとでも
師匠に学ばせていただく、的な感じで
教わる時には、できていないところの指摘
ダメ出しが、主でした。
当たり前と言えば、当たり前です。

だから、ネガティブフィードバックに慣れすぎていて
すべての、ネガティブな意見を
真に受けてしまう、傾向もあります。

反面、メンタルさえ強ければ
ネガティブフィードバックさえ、潰していけば
良くなっていくしかない、とも思っています。

だから
「ネガティブフィードバックをよろしくお願いします!」
という感じになります。
Mっ気があります。笑

そして、たまに
ポジティブフィードバックをもらってしまうと

「きっと、裏があるんだ」とか
「お世辞ばっかり言って…」とか

まず、ポジティブな評価を
素直に受け止められないという
ひねくれたことに、なっています。
だいぶ、マシになりましたが
ホントに、めんどくさいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です