寂しいけれど、現実

自分が変化してくことで
周りに対して感じることが変わってくる…
一度、投稿もしましたが
この夏、中学からの友人に会って感じたことです。

だいたい、年に一度会っていた友人とは
気もあっていたし
どちらかと言うと、私よりも行動力もあって
私が主婦をしていた30代頃は
遠いところ、バイクで遊びにも来てくれました。
(彼女も主婦でした)

主婦が、バイクで遊びに来ることも
当時でも、なかなか珍しいことでしたが
やりたいことをやる、そんな彼女の姿が羨ましかったです。

ここ数年、感じることは
やりたいことをやる、ところは変わっていないけれど
自分の人生を、人のせいにしているようなところが
目についてきてしまって、年に1度ですが
彼女の話を聞いているのが、ちょっと辛くなってきました。

ちなみに
彼女は外から見ると羨ましいような生活をしています。

それぞれの人生だから、いいのですが
せっかくの彼女のパワーを
前向きに使ったらいいのにな…と、私は思ってしまいます。
人の考えは、私がどうすることもできないので
寂しい気持ちになりました。

12歳の頃から友だちで、40年経つと
そりゃ、いろいろな違いが出てきますよね・・・
逆に、40年続いてきたことの方がすごいと思っています。

新陳代謝と考えると、ちょっと寂しいので
間隔をあけて付き合っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。