はだかの王様にならないように…

私がいいな、と思う人って
年上であっても、肩書きがいくらすごくても
そういうオーラを、出していないところです。
すごく、親しくお話ししてくれます。

この雰囲気
簡単にマネできるものではないだろう、とは思いますが
私は、そんな風になりたいと思って
じっと、密かに観察しています。
(マネでできるものではないです)

この三連休で、たくさんの人に会う機会がありました。

だいたい、すごいなと思う人は
物腰が柔らかく、謙虚でいて
お話しする時には、敷居が高くなくしてくれますが
違うことには、穏やかに「違う」という意見を
きっちり、と伝えられています。
まさに、アサーティブです。

「自分の偉さをわかってほしい…」オーラが出ている人には
やっぱり、あまり人は近づいてないです。
これは、わかりやすい。

仮に、話している内容が同じであったとしても
不思議なくらい、自分中心の人の話って
入ってこないです。

結局、誰のためにやっているのか、と言うのが
相手に、伝わっているんです…

自分の偉さを伝えたい人は
聞いている人を利用して、自分がいい気分になりたいんですね。
利用しているとは思っていませんでしたが
そう言うことなんだ、とわかりました。

人的資産は、すぐには積み上がらないので
少しずつ積み上げていかないと、と思っています。

そして
50代になると、実際に年下の人が増えてくるので
そんな中で、はだかの王様にならないように…とも
思っています。

あまり、反対意見を言ってくれる人がいなくなってくると
だんだんと、そう言う感覚が麻痺しそうで怖いと思っています。

今まで、はだかの王様を何人か見てきたのと
私自身も「言っても仕方がない」と思う人には言ってこなかったので
そうならないように、要注意です。

非日常から習慣がみえた

三連休、ちょっと遠出をしていました。明日は、新幹線が運休すると言うことで、予定を切り上げて帰ることにしました。

普段は、お酒は飲まなないのですけれど
知人と、夕食を一緒に食べた時に飲みました。
正確には、飲もうと思っていました。

日ごろは自宅では誰も飲まないので、私も飲まないし
コロナがあって、食事会も少なくなって飲んでおらず
しかも、だいたいが車で参加するので
実際には飲めないことが、多かったのですが
やっと、心おきなく飲めるという貴重な機会のハズでした。

思い起こしてみて
コロナ前から飲んでないかな…と
自分でも驚き、話しながら飲んだのですが・・・

もう、3年も経つと、体質が変わるというか
50代だからそうなのか、よく分からないですが
美味しいと感じず、全然、お酒がすすまなかったんです。
居酒屋では、ハイボール好きだったんです。

これは、自分でちょっとショックでした。
結局、ハイボール1杯を飲みきれず、烏龍茶に変えました。

コントロールしながら、ちょっと飲む
みたいなところがいいな、と思っていたのですが。

だんだんと、考え方から変化してきて
心理的なところから、変わったのかも知れないですし
実際のところ、よく分からないですが

まぁ
今後、飲もうと思わないだろうな、と感じました。
これは、コントロールの必要もなくなりました。

この3日間、新しく知り合った人たちや
コロナ以前の、懐かしい知人に会って
とても楽しく、リフレッシュできました。

それと、去年は勤務先が遠く
日常的に、ホテルに泊まっていましたが
久々のホテルで、生活音がなく
ぐっすりと眠れました。

自宅では、息子たちの帰りが遅かったり
夜中に、リビングをゴソゴソしていたりする音に
いちいち反応して、目が覚めてしまっていることを
思い出しました。

それを理由に
以前は、耳栓をしていたことも思い出しました。

一旦、習慣にしていたことも
ふとした時に、習慣が途切れてしまっていたことも
思い出させてもらいました。

非日常の中で
改めて、習慣になってしまっていることに気づいた感じです。