お稽古ごとを思い返してみると…

子どもの頃の話ですが
お家で、お稽古ごとを教えておられる方は
かくしゃくとしているイメージです。

ピアノやフルート、声楽、お習字、そろばん、お茶、お華。
皆さん女性でした。
そういう時代だったからか
女性の働き方って、そういうところにあったんですね。
結構、先進的な働き方だったのかも…
改めて、思いました。

当時、先生は、おばあさんのように見えましたが
5、60代だったかも知れないです。
その後も、ずっと続けておられていました。

これは、まさに脳活生活。死ぬまで現役。
脳活から考えると
昔の生活が、すごくいいものに見えました。

様々な知恵や、知識を身につけて
魔法使いのようなおばあさんに、なりたいと思いました。
お見本になるモデルが、ひとつ増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。