無意識でできるようになる、自動運転

無意識でできるようになる、ということが
本当に難しいです。

練習をしていると
いつの間にか無意識で対応できるように
なっていることは、たくさんあります。

思い起こせば、車の運転はまさにそうで
実家は、交通の便のいいところにあったので
両親とも車の免許はもっているにもかかわらず
運転をしていませんでした。

長女の私が20代で、免許を取った時に
実家では、はじめての自家用車がわが家にきて
家族には、教えてもらえる人もいない中
一人でちょこちょこと練習をしたことを
思い出しました。

何もかもが怖い中、運転していると
いつの間にか、無意識で運転できるようになり
片田舎に引っ越してからは
毎日運転しているので
(そして勤務先も遠かったので)
今では、本当に無意識で運転しています。

でも、知らないところに行くと
無意識では運転できないので
すごく、緊張してしまいます。

運転は、車の操作のみですが
この春はじめた、ゴルフでは
身体の動きを、身体が覚えることが
すごく大変です。
意味も分かるし、動画で見て自分とプロの違いもわかるのですが
それを私の身体が、動きとして覚えられない…

たまに「できた!」と思える感覚がありますが
その感覚を、次に再現できないので
まだ、脳の中の回路が出来上がっていない…
と感じる日々です。

でも、その辺りは経験から
いつかできるようになる、と楽観的に感じていて
「できた」という感覚を
いつでも再現できるようになりたい、思っています。

身体の動きが、無意識につながっていくことには
歳とともに、プラスアルファの時間がかかると思いますが
いつかつながる、という確信があるのは
今までの経験からでしょうか。
そこが、私がコツコツ続けられる原動力だと思います。

無意識でできるようになることを
稲盛和夫さんは、自動運転とおっしゃっていました。
また、偉大な人が逝ってしまわれました。
ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。