統計データへと他者への信頼

今まで、統計を見ても
結局それを代弁してくれる人がいないと
信じられなかったと気づきました。

そもそも、統計を見る機会自体が少なく
小学校の、社会の副読本の統計資料のイメージしかないです。
あとは、高校の統計の授業。
無機質な感じです。

でも、統計データが他者を信頼するということと
繋がっていると考えると
統計データが、身近になった気がします。

統計データに触れることが
少なかったことも理由だと思いますが
人とは繋がれるのに
データに対しては、少し壁がありました。

「統計データは他者を信頼するところから生まれている…」
という発想は、私の中にストンと落ちた感じです。

気づいたのは、統計データに馴染みのない人は
データよりも、ストーリーに左右されてしまう
ということです。
自分が使う時には、その利点を生かしつつ
ストーリーに踊らされないようにしたいと思いました。

そして、統計を活用することにも
まず、慣れるところから少しずつ積み上げて
自分の感覚と合わせながら
日常生活の中で、学びたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。