きっと、シフトしていく時期なのだろう…

人間関係って、本当にすべての核だと思っています。

最近、大学生の息子から
私と私の母親の関係について、意見をされることが多くなっています。
(平たく言えば、いろいろ言われるっていうことです)
浪人生息子も発言はないですが、会話に入っています。

昨日も、そんな話になって
責められている訳ではないのですが
私が、私の母親を避けていることに対して
最低限の付き合い、体裁くらいの付き合いはした方がいい
と、言うのです。

「嫌い」なのはそのままでいいから
付き合いはしましょう、ということです。

私が大学生の頃に、親に意見するなんて
考えられませんでしたが
今は、息子たちは思ったことを言ってきます。
そのことに対しては、まったくイラッとしませんし
「大人になったな…」と嬉しく思います。

そして、それはありがたいことでもあるし
すごく、すごく、耳が痛いことでもあります。

ちょうど、お盆もあってそんな話がよく出て
「すべての人間関係は、落としどころを見出す行為だ」
という言葉も、私にはすごく響いて
このままじゃ良くないな、と思いました。

息子たちも、いつの間にか大人になっているし
私もいつまでも、同じ場所にとどまっていることはないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。