ジタバタしても、ほんの一瞬

今まで、私も
絶対的なモノが、あるように思いがちでした。
こんなに、不確実なモノばかりだなんて
コロナがなかったら、いつまでも気づかなかったと思います。

今回、コロナが流行って
前年度踏襲ができなくなって
ルーティーンで、仕事をしていた人にとっては
その大きな変化から
不確実な中で判断を求められました。

職種にもよりますが、もしかしたら
不確実な中での判断を
管理職は、今回初めて求められたのかも知れないです。

私は、コロナ以降の管理職なので
それが、日常になっていますが
もしかしたら、それ以前の管理職は
ある程度、確実な環境の中での
仕事が多かったのだと、思います。

今回、コロナのことは
誰にとっても、初めての出来事で
本当にジタバタしても、仕方がないのですが
傍で見ていて、上司はジタバタしているように見えました。

具体的に言うと
思い通りにいかず、機嫌が悪くて
周りの人に、当たっている感じがしました。

本当に、窮地に陥るような、困ったことがあった時に
それが、嫌なことだったとしても
(抗って収まるのなら、抗えばいいですが)
それに対して、抗っても仕方がないし
抗うのではなくて、事実を受け止めて
対応するだけ…だと思ったのですが

いざ、そんな場面に出くわした時に
人間性って出るんだな、とも感じました。

でも、人って順応性があるので
初めての時に、すごく「ドキッ」としても
少し経つと、なんやかんや文句言いながらも
良くも悪くも、一定慣れてしまいます…

ジタバタしても、ほんの一瞬だと思ってます。

これから、どんな時代になっていくのかはわからないですが
とにかく、流動的だということだけは
しっかりと、頭に入れておきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。