「パリでメシを食う。」(幻冬舎文庫)川内 有緒

私がKindle本を耳読した本の感想をご紹介しています。 本選びの参考になればと思っています。

読み終えるまでの平均的な時間( 4時間11分)

大人になって海外へいくというのは、選ばれし人だと思っていたので、それが自分の思い込みだとわかりました。きっかけは些細なことであっても、経歴がなくても、そこへ行ってやりたいことがあれば、行けばいいのだと感じました。登場された人たちは、自分の気持ちを一番に考えて生きているな。 

私たちには可能性があったんだ…と気付ける本でした。

内容(「BOOK」データベースより)

三つ星レストランの厨房で働く料理人、オペラ座に漫画喫茶を開いた若夫婦、パリコレで活躍するスタイリスト。その他アーティスト、カメラマン、花屋、国連職員…パリにいつのまにか住み着いた日本人10人の軌跡。時にセーヌ川のほとりで、時にワインを片手に、彼らが語る軽やかでマイペースなパリでの暮らしぶりに、思わず肩の力がふっと抜ける好著。 –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川内/有緒
東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、ジョージタウン大学にて修士号を取得。コンサルティング会社やシンクタンクに勤務し、その合間に少数民族や辺境の地を訪ね、旅の記録を雑誌に発表。2004年に渡仏し、国際機関に勤務した後、フリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。