何回かやってみて、ちょっとずつ自信をつける

私は、つい課題に目がいってしまいます。 
だからか、いつも仕事に対しての不満を 
持っているようにも感じます。 
それはそれで、仕事の改善に向かえるので 
いいのですが 

気がつけば、いつも文句を言っているような感じがあるので 
「文句いい」みたいで 
ちょっと、微妙な気持ちになります。 

ま、それも改善ができると言う 
私の良いところとして見ていくのが 
いいんですね。 

自分の弱みについて 
「私はこんなことができないねん…」と 
自己開示して、人に伝えることはできるんですが 
本当に自分が困った時、その時に 
自己開示することができない…と言うか 
そうすることに、慣れていない感じです。 
まだ、上手くできないです。 

だいたい本当に大変な時に言えない、というよりも 
その時に、人に助けてもらうという選択肢が思いつかない 
と言う方が、正確だと思います。 

大変な時は、いっぱいいっぱいなので 
自分でも気づかずに、今までどおりのルーティーンで 
自分一人で抱え込んでしまう… 
という感じです。 

困ったその場で、自己開示できるように 
少しずつ積み上げていきたい。 
困った時にちょっと考える、をやってみます。 

たぶん、困った時に断られるのがイヤだと思うので 
断られてもショックを受けないように 
ちょっとずつ、自信をつけたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。