「教室が、ひとりになるまで」角川文庫 朝倉秋成

私がKindle本を耳読した本の感想をご紹介しています。 本選びの参考になればと思っています。

読み終えるまでの平均的な時間( 4時間34分)

感想…

高山さんの作品2作目読みました。物語の土台の部分での発想が面白いと感じました。

推理小説なんだけれども、ヒントを与えられた推理もありながら、そこに物語自体がどうなっていくんだろう…という面白さがありました。

高山 環(Amazonより)

小説家・童話作家

長編小説を主なフィールドにミステリーや恋愛など様々なジャンルの物語を紡ぐ。大人も子どもも楽しめる童話も執筆。

「哀しみアプリ」はAmazon有料ランキングで1位を獲得(ロマンス部門)。

『ついのべ』と呼ばれる140文字以内のツイッター小説を今までに1,500作以上公開している。

最新作は、マンションが謎の膜に包まれるミステリーサスペンス『コクーンマンションへようこそ』と中年棋士の苦闘を描いた『磐田の棋理』。

<受賞歴>

第二回・第三回ツイッター小説大賞の優秀賞を二年連続受賞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。