「青い城」モンゴメリ 谷口由美子(訳)

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(5時間36分)

感想…

この物語を読んで、初めは子どもの頃に読んだ「にんじん」を思い出した。

いわゆる自己肯定感が低い人ではあるが、物語に出てくる周りの人はそれをいいことに、主人公をいじめている嫌な感じが、子どもの頃に感じた感覚にとても似ていた。

途中からは、人を思う気持ちがとてもピュアで嬉しく感じた。最近の作品にはない、初々しいけど重厚な感じがあった。

内容(「BOOK」データベースより)

貧しい家庭でさびしい日々を送る内気な独身女、ヴァランシーに、以前受診していた医者から手紙が届く。そこには彼女の心臓が危機的状況にあり、余命1年と書かれていた…。悔いのない人生を送ろうと決意した彼女がとった、とんでもない行動とは!?ピリッと辛口のユーモアで彩られた、周到な伏線とどんでん返し。すべての夢見る女性に贈る、心温まる究極のハッピー・エンディング・ストーリー。  –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

モンゴメリ,ルーシー・モード
1874年カナダ、プリンス・エドワード島生まれ。幼少時に母を亡くし、祖父母の手で育てられる。大学で文学を学んだ後、教師に。祖父が亡くなり、祖母と2人の生活を続けながら、1908年に最初の長編小説『赤毛のアン』を出版。世界的ベストセラーとなる。祖母の死後、長く婚約していた牧師と結婚。オンタリオ州に移り住み、その地で数々の作品を執筆した。英国王立芸術院会員、フランス芸術院会員、大英帝国勲位。42年トロントにて逝去 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です