身体化された知性

ピンとくるようで、まだボヤッとしています。

これかな…と思ったこと。

子どもが大きくなってくると「わかってる」

といいう言葉を使うようになります。

でも、親が小言を言ったときに出る

「わかってる」は

親からすれば「わかってない」です。

これは身体化されていない知性なのでしょうか。

それかもっと、頭でわかっていても

例えばゴルフの理想のフォームは

イメージとして頭には入っていて、見本にしているけれど

実際、それを自分で真似することができていない…

みたいな感じなのかな。

これも、情報だけでなくいろいろ自分の身体で感じながら

身体化された知性をイメージできるのかな、と思っています。

自分の言葉で説明できないことが「わかる」ときって

頭の中だけではない、何かのきっかけがあるように思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。