「君と夏が、鉄塔の上」ディスカバー文庫 賽助

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(4時間58分)

感想…

中学生の初々しいストーリー。

鉄塔についてまったく知らなかったので、いろいろな世界があるんだな…と

とても興味深く読みました。ほのぼのと読めた作品でした。

出版社からのコメント

何度読んでも最後の1行には感動。
「夏休み」があったころの自分に帰れます。
(編集担当より) –このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

賽助
東京都出身、埼玉県さいたま市育ち。玉川大学にて演劇を専攻。2014年、第1回本のサナギ賞優秀賞を受賞。翌年、受賞作である『はるなつふゆと七福神』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を出版。和太鼓パフォーマンスグループ『暁天』所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) –このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。