一度認定されるとよっぽどのことがないかぎり

私の中では 
だいたい一度いいモノだと認識されたモノは 
よっぽどのことがないと 
見直されないです。 
自分の中に、そういうシステムがないです… 

だから「何となく~だな…」と思って 
「そう言えば…」と気づくこともあるし 
気づかずに何年も経つ、と言うこともあります。 

そして、たまたまの知人の話などから 
「あぁ、あれは、そういうことだったのか…」 
と答え合わせがあったりする時もありますね。 

日常生活の中で 
RCT ランダム化比較化試験(Randamized Controled Trial) 
みたいなことをすることはあります。 

何かに違和感を感じたときや 
新しいモノを使い始めた時には、なるべく 
客観的な感覚を大切にして、感じるようにしていますが 
私は自分でも、プラシーボ効果を受けやすいような気がしています。 
何でもすぐに、効果を感じてしまう。 

だから、判断がとても難しいです。 
例えば 
耳栓をして寝る方が深く眠れるか… 
夜遅くなった時には、晩ご飯を軽く(か抜く方)がよく眠れて 
結果的に疲れないのか… 

思い起こせば、もっと出てきましたが 
不健康なことばかりでした。 
しかも、自分の身体についてなので余計に 
とてもわかり難いのですね。 

しばらく使い続けてみて、心地悪くないか…が 
判断基準かなと思っています。 
だから、とてもわかり難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。