新米主婦の失敗だったのかも…

20代の若い頃は、朝ご飯も食べなかったので 
便秘気味で、いつも下剤を飲んでいました。 
酸化マグネシウムのようなものでなく 
本当に、身体に悪いような下剤でした。

でも、その頃は特に体調悪くもなく…というか 
体調が悪くても、若さでカバーできていたのか 
特に何も支障なく(?)過ごしていました。 
ストレスは腸に来ていましたが…

よくよく考えると、実家暮らしの時は 
食物繊維や、発酵食品を食べていたんだ…と 
改めて感じます。

でも、30代になった頃から 
自分で食事を作るようになり 
(↑結構これが原因かも、と今気づく) 
それでは、乗り越えられなくなってきて 
腸に配慮するように、なってきました。

新米主婦は、やっぱり 
食事のことを、まったく考えて無かったです。 
単純には言えないですが 
昔の食事は食物繊維や発酵食品が多くて 
よかったようですね。 
でも、10年ほど前「粗食のすすめ」を読んで 
粗食になり過ぎたことがあるので 
私には、塩梅が必要なんだと思います。