人間が創り出すもの人間がもっている力

なんとなく、現代は昔より清潔で安全という感覚をもっていましたが
現代には、自然界には存在しない
人が考え出したものがたくさんある…
それを便利と捉える部分もありますが
それを摂取し続けての結果は、まだ出ていないところが
怖いところですね。

少し話は逸れますが
先日「キラーシード”魔の種”」という小説を読みました。
遺伝子組み換え作物をめぐるミステリーでした。
現在は安全な社会のように感じられているけれど
未知の世界には、色々な可能性があるので少し怖い気がしました。

遺伝子組み換え食品がテーマの小説ですが。

話は戻って
除菌したり、抗生物質を使用したりして
身体を守る方法が主流となっていますが
人は自分の力で身体を治していくことを
見直すことが大切だと感じました。

なんでも初めから
お医者さんまかせにせずに
自分で自分の身体の調子を感じて
考えることが大切かなと改めて思います。

人が創り出すスピードが
身体がゆっくりと対応してきたスピードでは
追いつかなくなってきていることも
怖いなと感じます。

まだ、すぐに結果が出るものは対処の方法があるのですが
その結果が少し先になるものは
もう、その時にはどうしようもないこともあるだろうし。

今日は、なんか重い感じになってしまいました。