「確信犯」 角川文庫 大門剛明

f:id:juneberry-miyatomo:20211205165815j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(5時間16分)

感想…

登場人物に裁判官が多い物語。誰が確信犯なのか、最後まで考えながら読んだ。

憲法第七十六条三項が、何度も登場するのだが

「すべて裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、憲法及び法律にのみ拘束される」何度か読んでいると心に重く響いた。

裁判官が、揺れながらもその正義を貫く姿が見られた。

著者について

1974年三重県生まれ。龍谷大学文学部卒。『雪冤』で第29回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞をW受賞。受賞後第1作『罪火』も『雪冤』以上の出来映えと各誌から絶賛を浴びる。 –このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

「このおっさんが父さんを殺したんだ!」広島でおきた殺人事件の裁判、被害者の息子の叫びもむなしく、被告人は無罪となった。14年後、当時の裁判長が判決を誤ったと告白して殺害され、事態は再び動き出す。真実を追い求める女性弁護士、政界進出を目指す予備校講師、司法官僚の娘、14年前の被害者の息子。事件の関係者は広島に集い、衝撃の真相が明らかになる。司法格差の闇をあばく、本格社会派ミステリー! –このテキストは、paperb

ack_bunko版に関連付けられています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。