「壊れた人々」ユーレカ書房 林麗子

f:id:juneberry-miyatomo:20211123173528j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(1時間20分)

感想…

単純だけど面白いストーリーだった。小説通りの殺人事件が起こる展開だが、その中にも勘違いもあり…。

Amazonより

ミステリー作家の加賀美聡子が殺された。発見された遺体には目立つ外傷が残されていたが、明らかに他殺であるにも関わらず、事件解決の手がかりがつかめない。苛立つ刑事のもとにもたらされたのは、とあるジャーナリストから送られてきた封書。その中には、加賀美聡子が手掛けた三編の小説が入っていた――。絡み合う虚構と現実、隠された真実。作家殺しは誰なのか?新感覚サスペンス。※本編にグロテスクな表現が含まれます。著者に犯罪行為を推奨する意図はありません。※・登場人物・山崎…………捜査一課の刑事。加賀美聡子殺しの真相を追う。松木…………フリージャーナリスト。自身に送られてきた手紙について警察に相談を持ちかける。高瀬直之……警察官。一週間前から行方不明になっている。松木の友人。加賀美聡子…ミステリー作家。自身の実体験を小説にしているのでは?と噂されている。何者かに殺害され、遺体で発見された。実は……・加賀美聡子作品・『標本男』…………絵本作家の女性が自身を暴行した編集者に復讐する物語。ショッキングな表現あり。『検査薬』…………友人と恋人に浮気された女性がふたりを破滅させる物語。『マリオネット』…自身の作品を復讐に利用され、思い悩む作家の物語。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。