「魔女は甦る」 中山七里

f:id:juneberry-miyatomo:20211212201545j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(5時間59分)

感想…

初めての感覚。こういった展開は初めてかも…。

被害者の生い立ちやそこからの推理等は面白かった。

話の本筋ではないけれど、主人公の警官が部下に対して感じること

他人に対する知識欲や人間そのものに対する好奇心は教えるものではない

これには、とても共感できた。

推理していくことと、意外な犯人。思ってもみなかったことから、そこからの展開が長く感じた。

内容(「BOOK」データベースより)

元薬物研究員が勤務地の近くで肉と骨の姿で発見された。埼玉県警の槇畑は捜査を開始。だが会社は二ヶ月前に閉鎖され、社員も行方が知れない。同時に嬰児誘拐と、繁華街での日本刀による無差別殺人が起こった。真面目な研究員は何故、無惨な姿に成り果てたのか。それぞれの事件は繋がりを見せながら、恐怖と驚愕のラストへなだれ込んでいく…。 –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中山/七里
1961年岐阜県生まれ。「さよならドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
–このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

 

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

イメージできないことは、わからないこと

f:id:juneberry-miyatomo:20211228075231j:plain

先日、開業の話になりました。

私は、とっても興味があったので
いろいろ聞いていました。
自分で何冊か、起業の本は読みましたが
具体的なイメージがなくて、よくわからなかったんです。

どうして独立して、開業するのか
いくつか開業されている人は、どのように分けているのか…などなど

本では読んでいましたが
「起業と法人化とは違う」とりあえず
ここまでは、ちょっとイメージが持てました。

まだまだ聞きたいことは、たくさんありましたが
ちょっと、レベルが違ってバカな質問が多いので
次回以降に、またちょこちょこと教えてもらおうと思っています。

少しずつ、教えてもらえるのはありがたいです。
本で読んでも、具体的なイメージがついてこないと
どうしても字面だけの知識になってしまって
結局、自分ではわからない。

そういう話を聞いたので
また、本を読みましたが
少し、わかりやすくなった感じがします。
でもまだ、イメージできないことが多いです。

結局、イメージできないことは
わからないことだと思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

「天国までの49日間」櫻井千姫

f:id:juneberry-miyatomo:20211212200848j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(4時間45分)

感想…

いじめについて結構掘り下げられている作品だった。

いじめをやめようと言うキレイごとだけでなく、やめられない理由やその背景にあるものを若い視点で描かれていた。

30年前に私たちの時代にもあったいじめが、今でもなくなっていない現実がある。何が原因かはわからないけれど、人の評価を気にする日本ではなかなかなくならないのだろうか…

ストーリー的には一応丸く収まる感じだが、改めていじめの根深さを感じた。

内容(「BOOK」データベースより)

14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。死んだ直後に目覚めると、そこには天使が現れ、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるように言い渡される。幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人の家に転がり込み、共に過ごすうちに、死んで初めて、自分の本当の想いに気づく。一方で、安音をいじめていたメンバーも次々謎の事故に巻き込まれ―。これはひとりの少女の死から始まる、心震える命の物語。死んで初めて辿り着いた真実とは―。思いもよらない圧巻のラストに号泣! –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

櫻井/千姫
1985年生まれ。『天国までの49日間』は2008年に書き上げられ、第5回日本ケータイ小説大賞にて応募総数9,116作の中から大賞を受賞し、作家デビュー。その後、フリーライターに転身。現在、webを中心に小説やコラムを執筆している。最近は開運アドバイザーとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
–このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

「キッド 」幻冬舎文庫 相場秀雄

f:id:juneberry-miyatomo:20211212200719j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。

本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(6時間13分)

感想…

面白かった。とにかくドキドキする感じでテンポがいい。読んでいるとどんどん映像が浮かんでくるような感じだった。公安と警察、街中の監視カメラ、今の時代、プライベートはあるんだろうか?とちょっと不安になった。内容は大人向けであるが、どこか安心して読める本だった。

内容(「BOOK」データベースより)

香港の裏通りで、小さなカメラ屋を営む城戸護。かつては陸上自衛隊空挺部隊に所属し、レンジャーの称号を得た選りすぐりの兵士だった。平穏な生活を送る城戸のもとに、ボディーガードの依頼が舞い込んだ。上海の商社マン・王作民と秘書の護衛として福岡空港に降り立つも、到着ロビーで王を監視する刑事の存在を察知する。想定外の事態を不審に思いはじめた矢先、今度は秘書が王を射殺し、自死してしまう。何が起きているのか?自分は嵌められたのか?殺人の濡れ衣を着せられる窮地に兵士魂を呼び起こされた城戸は、警察が超法規的に構築した監視システムによる追跡をかわし、事件の真相に迫る。 –このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者について

1967年、新潟県生まれ。89年に時事通信社に入社。2005年、「デフォルト 債務不履行」で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞してデビュー。12年、BSE問題を題材にした『震える牛』が話題となりドラマ化され、ベストセラーに。他の著書に『双子の悪魔』『血の轍』『ナンバー』『トラップ』『リバース』『御用船帰還せず』『ガラパゴス』『クランクイン』『不発弾』『トップリーグ』『血の雫』など。 –このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

私がリスクだと思っているものは…

f:id:juneberry-miyatomo:20211227074434j:plain

実行力を考えると、最終的には
仕事について、考えることが多いですが
今は長距離通勤ですが、仕事自体が嫌なわけでもなくて

夏前には、上司に私が通勤で疲労していることや
勤務地を変えてほしい、と思っていることを
話すことができました。

あの時、思い切って話せて良かったと思っています。
(実行力、ちょっとありかも…)

異動は、3月ですが
すでに、大体決まってきていると思いますし
結果は、どうなるかはわかりませんが

真偽のわからない、噂のみを信じ切って
「私の立場での移動希望は無理」と
やる前から、諦めていたことも
今では、少しアホらしく思うほどです。
(結果はわからないですが)

結局、迷っていることは
今の仕事と、さらに自分のやりたいことの収入を
天秤にかけているだけで
シンプルに考えたら、いいとこ取りしたらいい
と言うことになっています。

幸い、私は51歳です。
私の年齢では、定年退職が65歳になりましたが
60歳以上の勤務条件は、7掛けになると聞いています。
(フルで同じ仕事をしていても7割しかもらえない)
そこが、目に見えるひとつの節目かなと思っています。

そう考えていても
息子たちの学費の支払いが終わって、もういいかと思えば
急に、方向転換することがあるかも知れないです。

何やかんや言っても、最終的には収入面のリスクです。
「一か八かせずに現状に戻れるように」
そして、「実現するだけのリソースを蓄える」
スモールステップでやっていきたいと思います。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

「サイレント・ブレス 看取りのカルテ 」幻冬舎文庫 南杏子

f:id:juneberry-miyatomo:20211212200524j:plain

私が、Kindle本を耳読した本の感想を、ご紹介しています。 本選びの参考になれば、と思っています。

読み終えるまでの平均的な時間(4時間56分)

感想…

この作品から、今までの感覚とは違う考え方をもらえた。

患者もゴールがわかれば、そこからどう生きたいかを考えられる。そして、終末期に必要なのはセオリーどおりの治療ではない。救うことだけを考える医療には限界がある。死は負けじゃない安らかに看取れないことこそ負けだという言葉たち。

私にとっても新鮮な感覚であったが、大学病院で死と戦ってきた主人公の医師にとっては、180度ひっくり返る葛藤を感じながらストーリーが進んでいく。

常識だったものが変わって行こうとしている現在、考えさせられる物語だった。そして、これは人間が望んでいることのように感じられた。

とてもいい作品だった。

内容(「BOOK」データベースより)

大学病院から、在宅で最期を迎える患者専門の訪問クリニックへの“左遷”を命じられた三十七歳の倫子は、慣れない在宅医療にとまどう。けれども、乳癌、筋ジストロフィー膵臓癌などを患う、様々な患者の死に秘められた切なすぎる謎を通して、人生の最期の日々を穏やかに送れるよう手助けする医療の大切さに気づく。感涙の医療ミステリ。 –このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者について

1961年徳島県生まれ。日本女子大学卒。出版社勤務を経て、東海大学医学部に学士編入。卒業後、都内の大学病院老年内科などで勤務したのち、スイスへ転居。スイス医療福祉互助会顧問医などを勤める。帰国後、都内の終末期医療専門病院に内科医として勤務。本書がデビュー作。 –このテキストは、kindle_edition版に関連付けられています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

人も動物であることを意識したできこと

f:id:juneberry-miyatomo:20211226121802j:plain

私が香りが好きだからかも知れないですが
人の香りで、好きになると言うのもわかる気がします。

以前、思い当たることがありました。

コロナ前の話になりますが
職場の忘年会、送別会などは
人数が多いので、毎年ホテルですることになっています。

100人以上いるので、たくさんの人と話しましたが
その中で、香水だと思いますが
30代の男の子から、とてもいい匂いがしました。
私の好きな匂いでした。

その子はよく知っている子でしたが
たくさんいる若い子の中から、とても印象深くなりました。

残念ながら、それだけの話なんですが
今でもとても印象的に覚えています。

人の感情も匂いで左右されると言う感覚がわかります。


あと、土日や休日に、珍しく私が料理をしていると
玄関から帰ってきた息子たちが
「今日はミートソース?」とか言いながら
キッチンまで来て

「全然違うやん…」と言ったり

それに対して
「この匂いのどこから、ミートソースと思ったん?」
という会話になったりします。

確かに、買ってきたものだったりすると
あまり匂いが出ないですね。

キッチンで調理していると
下ごしらえや、和食の出汁の匂いをベースに
色々な匂いが、玄関を開けた時に感じられるんだろうな…

うちは普段、匂いのない食事が多くなっているので
罪悪感です。


私は、香りが好きですが
職場では、香水はつけられない感じがあります。
だから、休日にしか使ってないです。
職場のストレスフルな状況がある時に
香りを使えたらな…と感じています。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

小さな頃から、香りに興味があったと気づきました

f:id:juneberry-miyatomo:20211225102927j:plain

私、匂いに関して鈍感ですが
とても興味がある分野だったんだな、と
今週とても感じています。

20代の頃、会社の先輩がお香をやっていたので
お香の会(茶道のお茶会のようなもの)へ
連れて行ってもらったことがありました。

ちゃんとした会だったので
京都のどこか北区あたりのお寺横の
お茶室?のような小さな和室でした。

楽しめた覚えがあります。
一定のルールの中で、匂いを嗅いで
当てるゲームのようなものです。

覚えているところだけですが
先に、5つの香を嗅いで
最後、1つ回ってきた香がどれか当てるような。
自分の思った答えを、和紙に筆で書いて渡し
最後に正解者をその席で発表されました。

他にもあったかも知れませんが
これが、私が印象深く覚えていることです。

私は、茶道をやっていたのですが
お茶席と同じような雰囲気で
粛々と、進められていました。
人数は、一席6、7人だったと思います。

結局、私の答えは違っていて
後輩の成績が良かったことを、覚えています。

あと、やっぱり子どもの頃は
匂いに、敏感だったように感じます。

登下校で歩いていると、匂いが漂ってくるので
「あ、キンモクセイ」と思った覚えがあります。

私は子どもの頃から、花の匂いが好きで
特に、初夏にはクチナシや、タイサンボクの匂いが大好き。
秋は、キンモクセイの花が咲くのを感じていました。

最近では、そういう花が咲いているところへ行かないのか
臭わなくなったのか
古き良き時代だったのかは、わからないですが
自然の匂いに触れることを意識したいと思いました。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com