専門性が高まっても知的謙虚さを失わずに

f:id:juneberry-miyatomo:20211130191915j:plain

今の職場で働き出して10年になりますが
少しずつ、自信も出てきています。
そういうことが、プラスに出るところと
マイナスに出るところがあるな、と思っています。

自信がなかったころは
全体像がわからずに、不安で仕方がなかったのですが
なんとなく全体像が見えてくると
それで安心してしまって
大学卒の新規採用の若い子の意見を
つい、まだまだ甘いな…
みたいな目で見ているところもあります。

でも、そういう外部の目(素人目)から見ての意見って
とても大切なハズなのに
最初から省いてしまっている自分にも
気づくときがあります。

同じ世界で働き続けて
専門性が高くなるのは、とてもいいことですが
そこで、外の意見を素直に受け入れられるようなことは
したくないと感じています。

知的な謙虚さのないリーダーの危険さは感じます。
自分の生活の外の知識を知れば、自分の力となるので、安心できるところもあるんですが、知れば知るほど、まだまだだな、と思うところもあります。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です