プレゼンと人前とは、似て非なるもの

f:id:juneberry-miyatomo:20211125194415j:plain

私は人前が苦手で、それに大きな声で話すのも苦手なので 

プレゼンテーションは苦手でした。
と言うよりも、苦手だと思い込んでいました。

でも、10年くらい前に
どうしても、人前で話さないといけなくて
パワーポイントで話してみると
意外に、できたんです。

よくよく考えてみると、文章を考えることは
それほど、苦手ではなかったので
内容を、文章でまず考えて
それから、パワーポイントをつくって説明すると
よく伝わりました。

アドリブで話すのは、苦手ですが
決まっている内容を話すのは、特に問題なかったんです。

そして、気にしていた「声が小さい」こと。
でも、今どき大きな声で話す場面は少ないです。

小学校の頃は教室で「聞こえませーん」と言われて
イヤな思い出があったんですが
今は、だいたいマイクがあって
声の大きさは、全然問題ではないですね。

そうこうしているうちに
パワーポイントが、紙芝居のように思えてきました。
今は、やることさえ決まっていれば
がんばることもなくなりました。

厳密に言うと、人前で話すことが苦手
というわけではなかったんですね。

あと、気づいたことは
思いを伝えることは、比較的得意なんです。
がんばらずにできます。
だから、会議でも意見はできます。

何が苦手って
ふってわいた事務連絡が、一番苦手です。
特に思いもないので
どう言ったら、わかりやすいのかとか
どの順番で話せばいいのかとか
どうでもいいことですが、深く考えすぎて…
これは、それほど重要ではないのですが
がんばらないと、できないです。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です