夢って何からできてるんだろうって、いつも思いながら…

f:id:juneberry-miyatomo:20211120000711j:plain

夢については、不思議に感じることがあります。
だいたいは、無意識がベースかな…
と自分でも、感じています。

たまに、びっくりするくらい自分の生活に関係がなく
忘れていたような人が、登場すると
私の無意識の中にその人について、どう書き込まれているのか
とても気になります。

私は、10年前に「内観」というのを受けました。(参加した?)
ちょうど専業主婦から、フルタイムで働き出した頃で
生活のいろんなところに、支障が出てきていていました。

「集中内観」といって、1週間まったく人に会わずに
ひたすら、自分の過去について振り返る…みたいな
感じのものです。

本心は、私の心の中にある母との良くない関係から
自分の息子との関係にも、同様の影響が出てきていて
さらに生活が変化して、新しいストレスも出てきていて…
と八方塞がりになっていた状況で、「内観」へたどり着きました。

今回は、内観の紹介ではなく
そこで、夢について思ったことです。

うろ覚えですが、1週間目覚めてすぐに
見た夢の内容を、書くように言われました。

集中内観では1週間の間
普段の生活とは、まったく隔絶された環境で
一人で内観していたので
そういう、特殊な世界にいる間に見た夢は
場面の設定は、いろいろなんですが
すべて、1週間自分で考えたことや話したことが
ベースになってるのが、わかりました。

他人との交流が、一切ないので
夢の内容に、自分が考えたことが
反映されているのかを、とても実感しました。

そして、夢には考えた内容がリンクしていて
しかも、形を変えて出てくるので
自分で、自分の無意識の部分を見れたようで
興味深かったです。

夢って、起きてすぐにはまぁまぁ鮮明に覚えています。
でも、文字にしたり、夢から意識を外すと
すぐ側から忘れてしまうような
ふわっとしたものだな、と感じています。
不思議です。

juneberry-miyatomo.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です